FC2ブログ

三木清「人生は希望である」

百分de名著第4回「死」を見つめて生きる一番右側の人物が哲学者三木清である。三木清(1897~1945)哲学者。明治30年1月5日、兵庫県揖保郡平井村(現、たつの市)の富裕な農家の長男として生まれる。1914年(大正3年)第一高等学校に入学、西田幾多郎の『善の研究』を読んで感動し、1917年京都帝国大学哲学科に入り西田に師事する。 京都大学哲学科卒業後1922年ドイツに留学。 H.リッケルトに学ぶ。... 続きを読む