FC2ブログ

8月のブログ反省

毎月の月末のブログの集計(棚卸)はすっかりルーティーンの一つになりつつある。これは自分のブログを客観する上でも避けて通れないものと察している。今回も自分のブログに何が不足し、何が求められるのか?を数値を基に紐解いてゆきたい。先ずはアクセス数を掲載する。8月6日にユニークアクセス、トータルアクセスにおいて異常値(ともに1000近い数値)を記録しているが、今回のデータだけで原因は判然とせず、七夕初日と... 続きを読む
[タグ] ブログの集計

歴史作品が宮城県図書館蔵書になりました

ここは仙台市泉区にある宮城県図書館である。私の歴史作品『我がルーツと大河北上』(現在連載中)が載った「みちのく春秋」がこの図書館の蔵書となっている。インターネット検索で「宮城県図書館 我がルーツと大河北上」或いは「宮城県図書館 横町利郎」と検索を掛けると、このようなサイトにヒットする。みちのく春秋では東北各地の公立図書館に寄贈する形をとっているが、インターネットでヒットするのは宮城県図書館だけであ... 続きを読む

FC2ブログの拍手コメントについて

本日はFC2ブログ特有?の「拍手コメント」について述べたい。拍手やイイネ、ナイスの類はほとんどのブログサイトにあるものと捉えているが、拍手コメントはFC2ブログユーザー以外は聞き慣れない言葉と察している。私のテンプレートだと、ブロ友様から頂いた一般のコメントは右側の最新コメントのところに新しい順に掲示されることになっている。これを見落とす恐れがないので大変有り難い機能(ヤフーブログでもこのような機... 続きを読む
[タグ] 拍手コメント

モチベーションを落とさずブログと向き合うには

私はヤフーブログからの移住組だが、ヤフーブログをいじれる(記事の更新、変更、ゲストブックへの書き込み)期間が間もなく終了(8月31日)となる。2月末にサービス終了を発表してから、既に半年が過ぎ、ブロ友様の多くは他のブログへと移転された。但し全部が移転されたわけでなく、そのままブログを止めてしまうかた(音信不通)も数人見受けられる。本日は自分のブログサイト移行に関する経過をダイジェストで振り返ってみ... 続きを読む

駐車場つきのツルハ大型店が開店

ここは仙台市街地を南北に走る西公園通である。この辺りはウォーキングでよく訪れる街区である。かつては仙台藩の重臣屋敷があったところで、住環境としては最高の条件を備えた場所である。ここは定禅寺通の仙台市青葉区図書館(メディアテーク)から歩いて7分の利便性に優れた場所だが、数箇月前ここのマンションビルの一角にツルハドラッグ仙台支倉店がオープンした。街中にも関わらず駐車場を備えているのも魅力の一つである。... 続きを読む

百均ハサミの錆取り

百均で買ったステンレスのハサミは錆び易い。これは磁石がくっつくことからも窺えることである。ステンレスは磁石のくっつかないSUS30系とSUS43系に大別されるが、百均で売っているステンレスハサミは後者と思われる。このハサミは4年前にダイソーで購入したものだが、4年も使うとこのように錆が浮いてきて動作が悪くなる。今回はこれを改善する為に錆び落としに取り組んだ。使用したものはご覧の通り、ワイヤーブラシ... 続きを読む
[タグ] ハサミの錆取り

土井晩翠ゆかりの地・晩翠通の散策

本日の仙台の最高気温は28度と昨日を2、3度ほど下回った。久しぶりに真夏日を免れたことになる。けして涼しいとまでは言えないが、最近数日中では最もウォーキングに適した日と解釈し、迷わずに決行に至った。理由としては単に天気予報の最高気温だけではなく、晴れ間に誘われたせいもある。北四番丁(旧国道48号線)に差し掛かり、或る小学校の前を通りかかった。本日紹介する学校は土井晩翠(1871~1952、詩人、英... 続きを読む

七北田公園へのポタリング

顧客から季刊誌への寄稿(歴史散歩)を依頼され、ここ数日余裕がなかった。本日の朝、ようやく校正が済み、縛りから解放されたので、近場にポタリングに出てみた。訪れた場所は泉区の七北田公園である。Google航空写真で七北田公園の位置を確認して頂きたい。J1サッカーチームのベガルダ仙台のホームグランドがあるユアテックスタジアムのある場所である。七北田公園の施設には仙台市緑化ホール(植物園他)がある。緑化施設だけ... 続きを読む

本日の朝夕の通勤風景

本日は私のルーティーンとも言える朝夕の通勤風景をお伝えしたい。私は365日のうちの4割に当たる140日~150日ほどの朝の出勤前の時間(約1時間)をサンマルクカフェ仙台一番町店で過ごしている。時間の配分は読書に7割、執筆に3割といったところである。作品に関してはこのカフェで構想を立て、ノートにメモしたものを後日纏めるというパターンである。今後の抱負としては、現在みちのく春秋に掲載している『我がルー... 続きを読む

石巻での松尾芭蕉の足取りを追う

石巻に松尾芭蕉が立ち寄ってから今年で330年となる。私が所属している石巻千石船の会は去る6月26日(松尾芭蕉の訪れた旧暦を新暦に換算)に、松尾芭蕉の足取りを追うという企画を催した。(会報誌の画像から十数人が参加した模様)残念ながら私は参加しなかったが、石巻千石船の会の資料から元禄2年(1689年)5月10日当日の凡その足取りを推定してみた。その前に仙台~石巻~登米にかけての芭蕉の足取りを掲げる。石... 続きを読む

伊達に抗い続けた豪の者・粟野氏の顛末

前書き本日は休日を利用して先日沖野城跡で撮りそこなった土塁跡(二箇所)を撮影してきた。また資料により、沖野城に城を構えた粟野氏についても相当のことがわかってきたので、私なりの所見を述べたい。先ずは下図をご覧願いたい。仙台の南東部に五つの城が記されているが、ここで気をつけねばならないのは五つの城が同時に存在した時代はないということである。これは何を意味するか?と言うと室町~戦国期にかけて繁栄した粟野... 続きを読む

高速バスでの福島県郡山市出張

本日、私は仕事の為朝一番で福島県の郡山市に向かった。往路は宮城交通の高速バスである。福島県に入ってから吾妻パーキングでトイレ休憩である。乗客は十数名でとても採算の取れる人数でないようだ。この便は二本松インターのところで降車のみ可能となっている。本日の降車はゼロであった。Google地図で仙台、二本松、郡山の位置を確認して頂きたい。この辺りはかつて仙道筋と言って伊達政宗の時代、南奥州平定を目指して攻め上っ... 続きを読む
[タグ] 南冥遥か天翔る

ダイソーの拡大鏡(百均ルーペ)に重宝してます

本日紹介するのは百均ルーペ(商品名は拡大鏡)である。昨今、某メーカーの○○○ルーペという商品が大ヒットし、すっかり売れ筋となったが、私はコストパフォーマンスから言ってダイソーの拡大鏡(メガネタイプ)をお勧めする。たかが百均製品と侮ってはいけない。倍率は1・6倍だが、私くらいの老眼の進み具合(スマホや本などの細かい文字を読むには3・0、パソコンだと2・5、二~三メートルの距離で物を見るのに2・0、車の... 続きを読む

粟野氏の栄枯盛衰と沖野城

本日は中世豪族粟野氏と沖野城の関わりについて、昨日撮影した現地写真を掲載の上述べたい。先ずはこの地図をご覧頂きたい。データは今昔マップからの引用である。左が明治40年に測図した沖野館である。沖野館という呼び名から、この地に要害があったことが歴然とする。右は現在の地図に遺構の位置を落としたものである。(遺構の位置は「仙台市史 資料編7 城館」を参考にして私が描いた)曲がり角に注目、何の変哲もないL型... 続きを読む

沖野城跡に行ってきました!

盆休みも残り二日となった。明日は十連休最後の有終の美を飾ると言ったら大袈裟になるが、ラストツーとなった本日はそれを強く意識し、昨日図書館の「仙台市史 資料7 城館」で得た情報を基に沖野城跡を訪ねた。沖野城跡のある位置は若林区の霞目飛行場の南である。本日の行動を振り返ると、ストップ&ゴー、そしてUターンが連続するシチュエーションで、車での取材はとても覚束なかったことだろう。曲がりくねった細い旧道を走... 続きを読む

新たな古城巡りに導く文献との出遭い

本日は雨天の中、仙台市図書館(仙台メディアテーク)に足を運んだ。私の目に止まった文献は「仙台市史 資料編7 城館」である。この文献は残念ながら貸し出し禁止だが、コピーは可能である。私は次に巡りたい古城をピックアップして十数枚をコピーしてきた。「仙台市史 資料編7 城館」は仙台市教育委員会も絡んでいるので信頼の置ける文献と見たためである。この文献は新しい資料が多く、大いに期待を寄せている。今まで城郭... 続きを読む

仙台の街中で涼んできました。

本日の仙台の最高気温は31度、昼近くになって台風接近のため、風やや強くなってきた。私は束の間の涼を求めて街に出てみた。ここは定禅寺通と一番町の交差点である。適度な風がある為、欅並木の緑陰に入ると凌ぎやすい。私は汗かきでいつもならタオルが手放さないのだが、本日は無用なほど涼しかった。盆中ということもあって車の通りも少なかった。街ゆく人も涼しそうである。一番町に入るとビル風の効果(一番町が風の通り道に... 続きを読む

仙台のうどう沼の今昔

十連休も今日で半分以上が過ぎ、残り四日となった。これまで殆ど日照のない毎日だが、一日中雨の日もない。本日は中途半端だったが、仙台育英VS鳴門高校、鶴岡東VS習志野高校の高校野球をテレビで観た後、合羽を着用してバイクでポタリングに行った。向かった先は仙台市北西部のうどう沼である。うどう沼は何度かブログに登場しているが、うどう沼は七北田川の支流である梅田川の源流地点でもある。合羽を着ても水辺ゆえ、蒸し... 続きを読む

太平洋戦争前夜、日本を揺るがした演説

本日参考にさせて頂いた資料はNHKの歴史番組「その時歴史が動いた 我が言は万人の声~太平洋戦争前夜、日本を揺るがした国会演説~」である。 司馬遼太郎は、「統帥権は日本を別国に変えてしまった魔法の杖である。」と述べ、昭和初期の十数年間を日本史にとって極めて異常な時代だったとしている。統帥権を平たく言えば、「軍部が幅を利かせて国民の主権を奪う」ことである。本日はこの統帥権と真っ向から戦った一人の政治家... 続きを読む

元寇が世界史にもたらしたものとは?

本日は文永11年(1274年)と弘安4年(1281年)に起きた元寇(蒙古襲来)について、記事を進めて行きたい。本日参考にした資料はNHKの歴史番組の「その時歴史が動いた 北条時宗、起死回生の決断~モンゴル軍壊滅の時~」である。ユーラシア大陸の草原地帯に出現したモンゴルは農耕民族とは異なり牧畜を主とした遊牧民族であった。人によって赤子の時に蒙古斑というものがあるが、黄色人種と言われる我々日本人も、彼... 続きを読む

VIVAで耐久力抜群の靴下の購入

本日の午後、私は或るものを買いにホームセンターに向かった。ホームセンターの名はスーパービバホーム(株式会社LIXIL系列)である。昨日から連休に入ったこともあり、客の入りもまあまあである。こちらは建設資材を扱っている資材館だが、朝7時からの営業で建設業に特化した営業時間となっている。顧客本意で開店時間を決めるところが素晴らしい点である。入念な価格調査の上で購入したのは①安全靴用靴下(ウォーキングには最適... 続きを読む

新潟仕込み勢ぞろい

盆休みモードにどっぷり浸かった感のある私だが、最近は酒のつまみとして「新潟仕込みシリーズ」に傾注している。本日紹介する商品「新潟仕込み 白えび味」を売っていたのは仙台市青葉区一番町のキャンドゥである。左:新潟仕込み 白えび味(キャンドゥで購入)、真ん中:新潟仕込み のり塩味(ドン・キホーテで購入)、右:新潟仕込み ミニパック(キャンドゥで購入)。ミニパックに関しては18枚入り(スタンダードは24枚... 続きを読む

イオンタウン塩釜・ラーメン四六時中

10連休初日の本日、息子とともに塩釜に行ってきた。塩釜は宮城県の三大漁港の一つで古くから開けた港町である。所用を済ませた後で昼食に立ち寄ったのは複合商業施設・イオンタウン塩釜 四六時中である。塩釜市の位置をGoogle地図で確認して頂きたい。仙台から北東に約20キロである。イオンタウン塩釜の駐車場は非常に広く、おまけに無料である。ウイークデーの本日の昼頃でこの状態なので、土日は恐らく満ぱい状態でないだろ... 続きを読む

仙台七夕・惜しまれつつ最終日

本日8月8日は仙台七夕最終日である。午後からにわか雨があったものの、三日間を総じて言えばまずまずの天気であった。終わってみれば名残惜しい今年の七夕である。どこに行っても人、人、人。自分の場合は通勤で通るわけだが、人ごみが苦手な人は引いてしまうのかも知れない。広瀬通~定禅寺通の一番町で撮影。見ようによっては漫画チックな人の顔に見える。なかなかのアイディアと感じた。三越前にて。出店も並んでいた。匂当台... 続きを読む
[タグ] 仙台七夕

久しぶりのラーメンパンチ

昨日、久しぶりに広瀬通のラーメンパンチに行った。外は34度くらいあったが、店内は冷房がギンギンに効いているのでまったく問題はない。同店の看板をごろうじろ!(ご覧ください)ブラックの背景に黄色の文字でラーメンパンチと書かれていて、インパクトは結構DEEPなものがある(笑)メニューはさほど多くないが、私は迷っているところを人に見られるのを嫌うので、ほとんどの場合店に入る前にメニューを決めることにしている... 続きを読む
[タグ] ラーメンパンチ

仙台七夕開幕しました

本日から仙台七夕が開幕した。毎年8月6日となると複雑な心境に駆られる。それは仙台七夕の初日と広島に原爆が投下された日が重なるからである。偶然の一致と言って片付けるにはあまりにも忍びないのである。私はこの偶然の一致を極めて神妙な気持ちで受け止めている。敢てタブーの領域にメスを入れたい。同じ日本人なのに、一方で追悼に伏している人々が居る中で、このような祭りに浸っていいのだろうか?これは私を含めて個人個... 続きを読む

みちのく春秋の復活

みちのく春秋は編集者の井上氏が病気療養の為、春号の発刊が遅れていたが、7月初めに退院し、8月に入ってようやく発刊に至った。本来なら4月初旬発行となるはずだったので4箇月の遅れとなる。発行と編集は新しいメンバーが引き継いだとのことで、今後の運営に期待したい。私の作品である『我がルーツと大河北上』は今回で4回目の連載となる。次号が最終回になるので早速寄稿したい。横町利郎挨拶4月に入院した井上氏は心配し... 続きを読む

明治に挑む西郷隆盛、人に生き人に死す

西郷隆盛と言えば私欲を捨てた人物として名高いが、自分が創った明治政府を敵に廻し逆賊の汚名を被ってしまった人物でもある。本日は明治政府設立後の西郷がどんな生涯を送ったのか?そして彼の生き様が後世に与えた影響について考えてみたい。参考にした資料は①2000年放映NHK「その時歴史が動いた 西郷隆盛明治に挑む~西南戦争ぼっ発の時~」②1993年放映日本テレビ「知ってるつもり?! 西郷隆盛」である。西郷と言... 続きを読む
[タグ] 西郷隆盛

タンクトップでの暑中ウォーキングは快適

本日の仙台は最高気温が35度まで上昇し昨日に引き続き猛暑日となった。普通ならウォーキングなど思いも尽かないのだろうが、そこは横町流。思い切って炎天下の町に出ることにした。町場(中心街)をウォーキングに選んだ理由はビルによる日陰が多いからである。それと本日工夫したことは男性用タンクトップの着用である。私は今まで生まれてこの方、袖のない夏服で外出したことは一度もないが、本日は敢てそれにチャレンジしてみ... 続きを読む

高山樗牛ゆかりの瞑想の松

本日は休みを利用して高山樗牛ゆかりの瞑想の松を訪ねた。瞑想の松は東北薬科大学の学内にある。時刻はちょうど正午頃である。学生と見られる三人連れが私の前を通って瞑想の松のほうに歩いていった。この道は友情の小径と名づけられているが薬科大学の学生の通学ルートにもなっているようだ。それにしても暑い。今日の仙台は最高気温36度と酷暑であった。吹き出る汗をタオルで拭きながらの訪問であった。これが高山樗牛ゆかりの... 続きを読む

ところてんと焼酎ロックで納涼

明日は振り替え休日となったので三連休である。ところで今日の仙台は最高気温が33度まで上がった;一日中冷房の効いているオフィスに居たのでさほど感じなかったが、トイレに行く時はさすがに暑く、外回りの社員に申し訳ないような気持ちになった。気温は夜になっても落ちず、帰宅して19時を過ぎても30度を下回らない。こんなときは晩酌にも趣向を凝らしたい。涼を求めて選んだ酒の肴はところてんである。買い求めたのは業務... 続きを読む