fc2ブログ

令和3年6月のブログ棚卸を公開します

今日は月末なのでブログの棚卸を公開したい。先ずは最近アクセスの多かった記事からである。6月3日にアップした「新型コロナワクチンは危険 新潟大学名誉教授 岡田正彦」が四桁を超すページビューを集めた。これは2位を1,000以上引き離してのTOPとなった。世間のmRNAコロナワクチンに対する注目度がよく理解できる。ブロ友様の中には既にコロナワクチンを接種したかたがおられるが、自分は情報をテレビや新聞に求めていない。... 続きを読む

仙台の昭和中期の頃に造成された団地のウォーキング

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」第1楽章 ナクソス・クラシック・キュデ 【コラム】セカンドライフに入って久しいが、今の企業に入る際に雇用上の選択肢があった。それは現役時代と同じ週休二日を取るか、それとも週休三日を取るかということである。私がその時考えたのは週休三日なら余暇時間を有意義に使えるのでは?という期待であった。そう考えた私は迷うことなく週休三日を選んだ。確かにサラリーは週休二日よりは... 続きを読む

私の夢:東北の名城巡り

一昨日の6月26日、時代劇チャンネルで興味深い番組が放送された。「歴史を訪ねて 日本の城 北海道・東北編」撮影・監修:秋葉たけお氏、取材期間は2011年~2014年である。10年前~7年前と動画が撮影された日時はやや古いものの、番組には北海道函館市の五稜郭の他、東北の主要な城が8箇所収録されている。大変見応えのある番組であったので紹介したい。※秋葉たけお氏プロフィール1959年フジテレビジョン開局... 続きを読む

業務スーパー ベルギー産ミックスベジタブル

昨日、堅苦しい記事(コロナワクチン)を書いたので今日は趣向を変え柔らかく行きたい。紹介するのは最近の私の酒の肴になりつつある業務スーパーで販売されているミックスベジタブルである。先ずは中国原産の品である。500グラム入って税込み¥136とは破格の値段と受け止めている。ミックスベジタブルの中味はグリーンピース、とうもろこし、にんじんである。品質を保持するにはマイナス18度以下で保存する必要がある。こ... 続きを読む

河野太郎大臣の唱えたワクチン論に大いに問題あり!

 武田邦彦氏・河野太郎大臣の発言を糾弾 リンク動画について河野太郎行政改革担当大臣のコロナワクチンへの発言が波紋を呼んでいる。河野氏は6月20日の日本テレビの番組で「ファイザー製もモデルナ製も1年は持つ」と説明したが、翌日になって加藤勝信官房長官がこれを撤回し、ワクチンの効力の及ぶ期間は今のところ証明されてないと述べ、正面から河野大臣の発言を否定している。同じ与党の閣僚同士の見解の食い違いに際し、... 続きを読む

昨日の朝カフェで起きた迷惑な出来事;

昨日の朝、出勤途中に立ち寄ったカフェで迷惑な出来事があった。画像は特定を避けるためにぼかしを入れさせてもらった。いろいろと差し障りがあるので、私がメインとして常用しているカフェでないことだけは最初にお断りしておきたい。時刻はAM7:05分、アイスコーヒーをオーダーした後で、私は店のほぼ中央の辺りの席についた。すると入口に近い席の客が店員と思しき人と押し問答をしていた。店員と見られるかたは男を刺激しな... 続きを読む

仙台・青葉まつり代替イベントの開催

宮城県内の新型コロナ陽性者の数は、ここ数日10人を切っているが、明るいニュースがある。それは中止となった仙台・青葉まつり(例年なら5月末開催)の代替イベントの開催である。青葉区一番町に展示されているのは青葉まつりで使われる山鉾である。これは広瀬通~青葉通の間の仙台藤崎前に止めてあった山鉾である。これは青葉通~南町通に止めてあった山鉾のうちの北側のものである。これは青葉通~南町通の二台の山鉾のうちの... 続きを読む

本日の街歩き:仙台晩翠通~国分町

The Who - You Better You Bet - Live In Hyde Park, London / 2015リンク曲についてザ・フーと言えばビートルズ、ローリング・ストーンズと並び、イギリスの3大ロックバンドの一つである。このYou Better You Bet(1981年収録)のプロモーション版は過去に何度かリンクしたが、ボーカルのロジャー・ダルトリー(1944年生まれ)、ギターのビート・タウンゼント(1945年生まれ)ともバリバリの30代の時のものであっ... 続きを読む

埼玉県北東部を舞台に書かれた田山花袋『田舎教師』

 田山花袋『田舎教師』の舞台を訪ねて(ハイビジョン編集作品) リンク動画について一昨日の6月20日、NHKテレビでドキュメントを見た。内容は文豪田山花袋著『田舎教師』である。番組では埼玉県北部の行田市、羽生市を舞台にした作品を紹介している。モデルとなった人物は小林秀三(作品では林清三)である。秀三は1904年(明治37年)に弱冠21歳で世を去っている。秀三は現羽生市の三田ヶ谷の弥勒高等小学校に1901... 続きを読む

バイクのキャリアの再補強

最近になって、数年前に補強したバイクのリアキャリアにクラックが入った。どうやらL型金物の強度不足が原因のようだ。これが現状である。走行中にぐらつくのでこのままにしておけば、増々金属疲労が進むと判断した。これを改善するべく昨日DIYで補強を行った。用意したのはトステムビバで購入したL型金物(税込み¥96)である。新旧の金物の肉厚はこれだけ違う。新たに用意した金物はかなり分厚いので強度が期待できそうだ。古... 続きを読む

ジューンブライドの目撃とアジサイ寺の訪問

 Jonathan Scott MOZART - MARRIAGE OF FIGARO リンク曲:Jonatan Scott演奏『フィガロの結婚』について(以下:ブリタニカ国際大百科事典より引用)フランスの劇作家ボーマルシェの喜劇で5幕からなる。1784年コメディ・フランセーズで初公演された。『フィガロの結婚』は『セビリアの理髪師』の続編として 1778年に完成した。当初は1781年初演の予定であったが、大革命を目前にした時期に旧制度批判と第三身分擁護... 続きを読む

夏至を前にした雨の北川山保存緑地

 ヴァシリー・ペトレンコ指揮 ヨハン・シュトラウス1世/ラデツキー行進曲 【コラム】明後日の21日は夏至だが、ついに東北南部も梅雨入りした。朝からしとしとと小雨模様が続く本日の仙台である。こんな日はモチベーションが今一つ上がらないが、せめて元気の出る音楽でも聞きたいものである。そこで思いついたのが、本日更新する記事にラデツキーマーチをリンクさせることである。解放感といいスケールの大きさと言い、ラデツ... 続きを読む

冷酒とまぐろ酒盗の組み合わせで至福の晩酌

今週も無事に一週間が過ぎた。平凡な一週間であったが、その平凡こそが何よりも尊い気がする。こういう時は何も考えず、煩悩の赴くまま晩酌をするに限る。酒の肴はご覧の通りである。いつもと違った顔ぶれがテーブルに載っている。サトー商会で購入したまぐろ酒盗である。鮪や鰹の内臓を塩などに漬け込んで熟成させた酒盗はまさに酒の肴にぴったりの珍味である。 由来としては、「肴にすると盗まれるように酒がなくなる」や「酒を... 続きを読む

青葉区小松島のトチノキ林の訪問

   Handel "Largo" from Xerxes   【コラム】ヘンデル(1685~1759)の作曲したオペラ『セルセ』(Serse, Xerxes)第1幕冒頭のアリアの一節となるオンブラ・マイ・フ(Ombra mai fu)である。ペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。調性はヘ長調。詩はプラタナスの木陰への愛を歌ったものとされる。多くのオペラ曲を作曲したヘンデルだが、多くが淘汰されごく一部のみが現代に残っている。その残った... 続きを読む

これからはコロナワクチンを打たない権利が一般化する

ANN 広がるワクチン接種特典“打たない人の権利”も?(2021年6月15日)ANNニュースのリンクは期間が切れた為に削除された。新型コロナワクチン(遺伝子ワクチンと呼ばれるファイザー社、モデルナ社製のもの)が、思ったほど進んでいないという。本日はデータを掲げながら、その背景に何があるのかを探って行きたい。これは情報のごく一部であるが、新型コロナワクチンに関して比較的安全と述べる学者とそうでないとする学者を分類して... 続きを読む

一昨日は勘違いで記事を投稿できず;

一昨日の6月13日の夕方、記事を更新した私だが、その後何か腑に落ちないものを感じた。それは更新から丸一日経ってもブロ友様からのコメントが一件もないということであった。さては嫌われたのかな?などと邪推を働かせたが、そんな心当たりもなく「それにしてもおかしいな…」という感じであった。(笑)その後、私の懸念は益々深まった。更に半日経ってもコメントがないのである😰💦このように、ログイン画像を見る限り、何も思... 続きを読む

帰宅時に思うこと…

いつものように定禅寺通を通りかかった。あと一週間で夏至だが、梅雨入りと夏至とどちらが早いかが気になる。幸いにもコロナの感染はこのところ抑えられているものの、飲食関係の多くの店が休業や閉店に追い込まれているのを横目で見るのは辛い。このまま収束してくれればいいのだが…仙台の夏は比較的過ごしやすいと言われるが、気象学者によると太平洋からの浜風(広瀬川に沿って冷気が上ると言われる)の影響が大きいとされる。... 続きを読む

渋沢栄一・古河市兵衛・相馬家共同経営の足尾銅山

大河ドラマで実業家渋沢栄一を描いた「青天を衝け」が放送されているが、本日は恐らく今回の筋書きには登場しないと思われることを掲載したい。先ずは渋沢栄一について簡単に説明したい。埼玉の名主の長男として生まれた後に、一橋家に仕えて幕臣となり、パリ万国博覧会幕府使節団に加わって渡欧している。維新後は大蔵省官吏を経て第一国立銀行など複数の会社の設立に参画し、実業界の指導的役割を果たした人物であった。彼の思想... 続きを読む

李白の漢詩の書に際して思うこと

  李白 静夜思|漢詩朗読  以下:関西吟詩文化協会より引用李白(701~762)の出生には謎が多い。若いころ任侠の徒と交わったり、隠者のように山にこもったりの暮らしを送っていた。25歳ごろ故国を離れ漂泊しながら42歳で長安に赴いた。天才的詩才が玄宗皇帝にも知られ、2年間は帝の側近にあったが、豪放な性格から追放され再び各地を漂泊した。安禄山の乱では反皇帝派に立ったため囚われ流罪となったがのち赦され... 続きを読む

コロナワクチンの選択肢:私なりの考え方

アメリカでの新型コロナワクチン副反応の実態~米国CDC発表データから~【訂正版】/岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授 犬房春彦(医師・医学博士)6月20日頃になって犬房氏のYOU TUBE動画が消されてしまった。言論の自由に反しないのか非常に気になるところである。新型コロナワクチンについて打つ、打たないの判断に迷っている人は結構多いのではないだろうか?コンプライアンス上の強制はできないとしながらも、政府が集団免... 続きを読む

まだ梅雨入り前:仙台市役所界隈の昼頃

本日の昼頃、所用があって市役所界隈を通った。この辺りは官庁街になっている。左が宮城県庁、右が合同庁舎B棟である。合同庁舎B棟の屋上にはヘリコプターが発着できるようになっている。手前は仙台市役所の植え込みになっている。宮城県はまだ梅雨入り前ということもあって癒されるシーンである。南側を見れば黒ビル(第一生命ビル)が建っている。建築年が1970年ということで、50年以上経過しているかなり古いビルである。... 続きを読む

コロナワクチンを打つ、打たないでトラブル多発が予想される;

mRNAワクチンとDNAワクチンの恐ろしさについては過去の記事で述べた。もっともわかり易いのは新潟大学名誉教授である岡田正彦氏のYOU TUBEスレッドである。詳しくは5日前の6月3日に掲載した拙記事をご覧頂きたい。https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-3083.html岡田教授の趣旨に反して、現在ものすごいスピードでコロナワクチンの接種が進められている。高齢者への接種の次の段階として、職場単位での接種が開始されるわけ... 続きを読む

座右の銘を書いた札の使い方とは?

セカンドライフに入って久しい私だが、勤務している企業とは今年度も雇用契約を交わした。本日は常に私が肝に命じている座右の銘について語りたい。それは「初心不可忘」(初心忘るべからず)である。今の企業に就職する際、自分には建設業におけるスキルとキャリアはあったものの、コネなどなく、清水の舞台から飛び降りる気持ちであった。職場に慣れるまで結構掛かった。当初は仁・義・礼・智・信のうち、少なくても前から三つ目... 続きを読む

横町流平常心の保ち方:禅寺を訪ねて

セカンドライフに入ってしばらく経過したが、振り返って思うことは現役時代の頃と比べて、年月の経つのが早いということである。これは先賢から聞いていたことだが、現役時代はどうしても実感が湧かなかったのである。それがセカンドライフに入ったとたんに他人事ではなくなり、今は切実な実感として受け止められるようになったのである。既に自分が物心ついた頃の祖父母の年齢に達した昨今、改めて「光陰矢の如し」、「少年老い易... 続きを読む

塩野義が組みかえタンパクで安全性の高いコロナワクチンを開発中

 初公開!国産ワクチンの臨床試験[新]【news23】 リンク動画について我が国において既に新型コロナワクチンの接種が始まっている。アメリカのファイザー社やモデルナ社のワクチンが主となっているが、これらはmRNAワクチンと言われるが、危険性については一昨日述べた通りである。(詳細については、新潟大学名誉教授の岡田正彦氏が発信するYOU TUBE参照)URLはhttps://www.youtube.com/watch?v=WEM2xoyz900&t=163sアスト... 続きを読む

芒種を前にしての週末、そしていつもの晩酌

 Van Halen Dreams Original Blue Angels Video 【コラム】自分はゾーンというものを大事にしている。その一つの答えがブログ運営である。とかく画一化されやすいサラリーマン生活で、何か自分らしさを主張したい。だからと言って奇を衒わずというスタンスは崩せない。その反動がブログに出るのである。自分の夢はパイロットになることであったが、それがかなえられなくなった今となり、せめて出来るのがバーチャル空間でのフラ... 続きを読む

新型コロナワクチンは危険?新潟大学名誉教授岡田正彦氏

 新型コロナワクチンは危険 新潟大学名誉教授 岡田正彦 リンク動画について東京オリンピックを前にして、国内における新型コロナワクチンの接種が進んでいる。接種しないと社会悪?のような風潮さえ見られるが、ファイザー社やモデルナ社、アストラゼネカ社のワクチンは本当に安全なのだろうか?本日はここにメスを入れてみたい。私は専門家でないので、新潟大学の岡田正彦名誉教授のYOU TUBEを引用した。岡田正彦氏プロフィー... 続きを読む

親知らずを抜かない治療と、その歯科医の特徴

本日私は休みを利して歯の治療に行った。行った先は一年半ほど前から通い始めた〇〇歯科医である。現役時代二十数年間に渡って通った歯科医を変えた理由は二つある。一つは場所が遠いこと。もう一つが院長の高齢化に伴い、技術的なことに不安を感じたことである。本日は変えた〇〇歯科がどんな対応で患者に接しているのかを中心に述べてみたい。昔から医は仁術と言われるが、どんなに腕のいい医者でも患者への「仁」がないとNGとな... 続きを読む

6月に入った仙台市役所界隈 今日の帰宅時

VLTAVA (MOLDAU) - SMETANA - ORGAN OF ROCHDALE TOWN HALL - JONATHAN SCOTT【コラム】ジョナサン・スコット演奏のモルダウ「我が祖国」は拙ブログで初リンクとなる。これまではオーケストラバージョンばかり聞いていたが、チャーチオルガンで弾くモルダウも味わい深いものを感じる。多くの人々は祖国に誇りを持っている。その気持ちを曲に込めればこのようなリズムになるのは、よく理解できる気がする。12分を超す長い曲だが、... 続きを読む