fc2ブログ
 Ben Webster-Over The Rainbow
本日から年末年始の9連休に入った。仙台市北部の上杉山通を行く某、毎度のことながら連休は一日たりとも無駄にすることなく過ごしたい。
昨夜降った雪は日陰以外はなかったものの、今日の仙台の最高気温は3度で厳寒期の1月末を更に下回るものであった。

ここはかつてボーリング場のあったところであるが、十年ひと昔と言われるが都市の市街地の移り変わりは殊のほか著しい。この土地はショッピングセンターを経て今は更地となっている。左側のほうは駐車場となっているが街中ゆえ、次に何が建つのか気になるところである。

この辺は地元の有名企業が構えている場所である。左が仙台放送、右が勝山企業である。

時刻は13時15分、開店して間もないCafe モンサンルーに到着である。Cafeに向う石畳は雪化粧していたので滑らないように慎重に向った。

いつものようにマスターと奥様が笑顔で迎えてくれた。ここは私にとっての別空間であり、瞑想や創作環境としては非の打ちようがない場所である。

私がオーダーしたのはアッサムティーである。佐伯一麦の心地よいエッセイを読みながら自ら感じたことを書き留める。BGMは良質のJAZZ、ゆっくりと過ぎ行く時を味わいながらささやかな至福の時間を過ごした。多くは望むまい。連休初日はこれでいい。

私は目を閉じて今までのサラリーマン生活を振り返った。あと少しで定年である。私は要領が悪くても困難からは絶対に逃げ出さなかった。これだけが私のサラリーマン生活で唯一の誇れることである。

我ながら波風立つ人生を送ってきた。それでも自分の人生は後にも先にも一回きりである。この年になってようやく心の中で、悟りのようなものを意識できるものとなった。私は不器用な自分を愛し、残りわずかとなったサラリーマン現役生活を後腐れなく、堂々と勤めあげることだろう。
Fine!
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)