FC2ブログ
 初めて大西洋を渡った日本人
 
秋晴れに恵まれた今日、私はJR東日本北仙台駅の企画である「小さな旅、伊達政宗・支倉常長ゆかりの寺院を訪ねる」に参加した。全部で六箇所の寺院を訪ねたが今日はその中で肝と言える支倉常長の菩提寺と言われる光明寺についてお伝えする。

北仙台駅駅長の司会で始まったこの企画だが、JR東日本の数あるイベントの中でも最高ランクの注目度とも言えるもの(昨年に於ける慶長遣欧使節派遣400周年記念&支倉常長が持ち帰った物3品のユネスコ遺産登録)である。

光明寺前に登る石段はこの旧奥州街道から始まる。しかるに、今までこの道路を様々な人物が行き交ったに違いない。そう思うと鼓動が高鳴るのを感じて止まない一こまであった。

光明寺の本堂に着いた。先ずは仙台藩士、支倉常長に敬意を表し彼の墓に向った。

北仙台駅から光明寺に至るまでのルートを航空写真で確認して頂きたい。距離にして約500メートルである。

支倉常長の墓(数箇所の異説あり)に着いた。右下の石碑は使節の副使であるスペイン人宣教師ルイス・ソテロの石碑である。彼は390年前の1624年8月、長崎の大村にて火刑に処せられ殉教している。

同寺の常長の墓はこれまで数度訪れている。右側花入れの右にあるのは常長の孫である支倉常信の墓石とのことであった。

これは明治時代に描かれた絵図(伊達政宗とルイス・ソテロと支倉常長の三者が描かれたもの)である。恐らくこれと寸分違わぬ情景が仙台城の座敷で成されていたに違いない。

光明寺本堂に入った。ひと目で向こうの壁面に慶長遣欧使節団関係と思われる絵図が掲示されているのがわかった。

画伯、浜哲郎氏が描いた油絵慶長使節団の絵図は極めて興味深く、且つタイムマシンの如く往時の情景を現世に伝えるものである。

これは別な絵図のものであるが、恐らく帆を張ればこのような感じになるのではないだろうか?

これはレプリカ船の航海の画像である。これは401年前のものとほとんど違わぬものと踏んでいる。

光明寺絵図「慶長使節団」より。昭和時代に描かれた絵図であるが、往時のスペイン人と日本人がどのような格好をしていたかを示す貴重な資料である。

ローマのサンピエトロ寺院の前で、ローマ法王パウロⅤ世と謁見に及ぶ支倉常長。
ガイドさんによると、建物に関する表現は往時のものと寸分の違いもないとのことであった。

ローマ法王の前で跪く支倉常長。これは史実と異なる。実際はシスト宮殿3階の枢機卿会議室での謁見であった。

 スペイン国歌
この絵図の作者は浜哲郎氏であるが、この絵が掲示されたのは仙台市内のシティホテル内レストラン「ローマ」とのことであった。

左からローマ法王パウロⅤ世、ルイス・ソテロ、スペイン国王フェリペⅢ世である。

この作品は千葉勇作氏による「常長コルトバを行く」である。
この絵は哲学的な絵である。即ち中央上部は灼熱の太陽。上部に見える建物は大手門、二の丸を有した仙台城、中央の雄牛は使節に冷たく関わったフェリペⅢ世とのことであった。

次回は本イベント全体にスポットを当てたい。
 
本ブログ「慶長遣欧使節団に関する研究」

出航400年記念パーティー(石巻)http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32203295.html
震災後に再開したサンファン館http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32266722.html
絵と写真で振り返る欧州での支倉の足跡http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32322646.html
慶長使節団派遣の真意を考えるhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32022075.html
ローマ公民権証書和訳(ユネスコ登録)http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31998705.html
支倉が欧州から持ち帰った資料のユネスコ登録http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31885151.html
フランシスコ・ハセクラの生き方http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31858041.html
マニラガレオンがもたらした大航海http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31258430.html
支倉常長の墓所(大郷地区)http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/25768784.html
支倉常長の墓所(仙台市北山地区)http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/17916493.html
支倉常長の墓所(川崎町地区)http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31066535.html
関連記事

コメント

No title

こんばんは。
支倉常長の墓前に向かわれてから作品を見に行かれる事は彼に対しての強い敬意を感じます。
絵図も彼の功績を思い出しながら見るとまた
感動も強かった事と思います。
次回のイベントの続きも楽しみにしています。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お疲れ様です。
このようなツアーに参加して由緒ある地を訪問するのは、素晴らしいことだと思います。

絵図を見ると ほんと当時の服装などが分かり、偲ぶことができますね。
今日も素晴らしい記事をありがとうございます。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは、

光明禅寺の参道下の割烹寿司屋を思い出しました。
絵図はレストランにあった物を移設したと言う事でいいのでしょうか。
菩提寺に在った方が相応しいでしょうね。
今日も有意義な記事に接する事が出来、感謝しています。
ありがとうございました。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
支倉常長の事はミック様を通じて知る事となりました。この支倉の命がけの旅は結果として徒労に終わった事になるかと思いますが。この時代にこんな事を成し遂げた男がいた事を知った私は大いに救われたものです。ひたすら藩主である伊達政宗に忠義を尽くし。そして逝ったこの男の生き様が私には本当に憧れるというのでしょうか。こんな男がいた事が素晴らしい。そしてそれを今またそれに光が当たる事が素晴らしいし有難い。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

JRでそういった企画があるのですね。
職員が同行して、説明してくれるのですか?
わかりやすくていいですね。
ほんとですね。着ているもので、国や仕事まで見えてきます。次回の記事も楽しみにしています♪
ありがとうございました。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、独眼流政宗再放送の折、こうした企画に参加できて嬉しく思います。
動画の冒頭に於ける家康と政宗に挟まれた支倉常長の図式を考察すると、改めまして彼の存在意義を深く考えてしまいます。
即ち、時代の波に抗い天下を模索し続けた一人の主君と天下人の合間に弄ばれたような生涯にごさいます。

但し、彼にはデウスへの信仰があったゆえ、晩年はけして不遇ではなかったと解釈している次第にごさいます。
『金色の九曜紋とともに』への再読恐悦至極に存じます。何卒今後とも宜しくお願い致します。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、キリスト教禁止&鎖国という歴史の闇に包まれ、消されそうになった史実に再び陽が注いだのは明治の岩倉具視の遣欧使節がきっかけにごさいました。
その時、明治天皇から頂いたお言葉『政宗は武将の道を修め学問にも通じ、外国の事情にも思いをはせて交渉を命じた。文武に秀でた武将とは実に政宗のことである』が戊辰戦争で賊軍と呼ばれた伊達家を救いました。

ここに大いなる感動を覚えるものにごさいます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、折しもちょうど四百年前にセビリヤでの交渉があった頃にごさいます。それだけに昨日は某にとって特別な日となりました。
郷土愛という同じ志を持ったかたが周囲に居られるだけで普段とはまったく違ったものを感じた次第です。
この油絵は昭和に描かれたものにごさいますが非常によく描けているゆえ、感動しました。
もちろん主君伊達政宗の熱い思い(天下狙い)も感じて参りました。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やまめさん、この油絵ですが昭和に描かれたということでかなりの部分に想像があったと踏んでおります。
ガイドさんのお話によるとこの絵が今のレプリカ船(石巻市サンファン館)のモデルとなったということでした。
この絵の見本になったのがすぐ下に掲載して帆を張った絵となる?と察しております。

こうして往時の帆船(サンファンバウティスタ号)の勇姿が現代に明らかにされる意義は極めて大きいと存じます。
また貴兄のおっしゃる通り、往時の服装もわかる点も興味深く感じます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

銀輪さん、この絵の出処については御意に御座います。即ち、青葉区本町のレジャーセンターのそばにあったシティホテルのレストランに掲げられていたものであります。

この光明禅寺にあるものが本物、道の駅大郷の二階にあるものがレプリカにごさいます。貴兄の仰せの通り支倉家の菩提寺に相応しい絵画と受け止めております。

ありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、この使節団に対して明治天皇の考察が加えられたのはこの海外交渉から約250年を経た頃でした。
『政宗は武将の道を修め学問にも通じ、外国の事情にも思いをはせて交渉を命じた。文武に秀でた武将とは実に政宗のことである』とのお言葉が賊軍となった伊達家を救ったのです。
同時に、このお言葉は支倉への最高の供養になったとも受け止めております。
こちらこそ貴兄のお志に深く感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

布遊さん、この絵は昭和に描かれた油絵にごさいますが、非常に精巧に描かれております。
したがって新旧という枠を超え、文化的価値も高いと受け止めております。
四百年前の本事業に於いては昨年、世界遺産登録された文書と絵画もごさいます。それゆえJRのこうした企画をありがたく感じています。
ご自身からはいつも追い風になるお言葉を頂戴し大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

素晴らしい企画に参加なさり、秋空の休日を有意義に過ごされたようですね。テレビではこのような企画ものを見るのは好きですが、私は愛知県の生まれなので、どうしても尾張、三河地方の豪傑を贔屓にしてしまう傾向にあります。もっと視野を広げなければなりませんね。

URL | 単車男 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やはり、仙台では伊達正宗関連の催しが多いのですかね~。。。貴重な絵画を紹介していただきありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
文章からも支倉常長への思いが伝わってきました。あれだけの小説を執筆されたのですから、当然の事かと思います。
あれだけの偉業をなしとげた人物の墓地が実に簡素なに驚きました。質実剛健を旨とする常長の遺志によるものでしょうか?
良い記事を有難うございました。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

単車男さん、某も最初は郷土愛から出発したゆえ、地元びいきという考えはごく自然な発想と承ります。
一を知ると二を知りたくなり、いつの間にか五や十になっているのが歴史探訪&研究にごさいます。
また同じ趣向を持ったかたとの好感も楽しゅうございます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、この絵は年代が新しいゆえ、博物館でも見られない油絵にごさいます。
この油絵を見ただけで参加した詮がごさいました。古い絵と違って色鮮やかな色彩が印象に残りました。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、ガイドさんから伺った話によるとこの墓については過去に発掘調査が行われた際、なにも出てこなかったとのことです。
彼の墓については他に5箇所ほどの説がごさいます。(某はこの光明寺を含めて三箇所廻りました)
それだけ帰国後の所在は不明で奇奇怪怪たるものがごさいます。折しもキリスト教禁止と信者迫害の時。
伊達藩は彼の一連の行動とキリスト教入信の事実をひたすらに隠したかったに相違ありません。ここに歴史の波に弄ばれた彼の不遇を感じます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

油絵、想像よりも相当大きいシロモノで驚きました。
まるで壁画ですね!細かい描写、とても味わい深いですね。
多くのスペイン人のヒゲが、当時の日本人のものとまた違って
印象的ですね。それから、スペイン国家を挿入されたところに
Mick!さんの独創性が出ていてナイスであるなぁと感じました♪

URL | 5 3 8 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ルンさん、鋭い感性に基づく着眼、並びに記事の深層に及ぶ高察を賜り恐悦至極に存じます。
確かにスペイン(イスパニア)国王もローマ法王も髭を蓄えております。
王室はともかく、昨今の法王は髭を生やさないゆえ、往時の法王に髭があったということに驚いています。
また、宣教師は別としてスペイン人男性の髭は当時はあって当たり前のものだったと察しております。

さて、スペイン国歌にごさいますが、往時(17世紀初め)はまだ誕生していませんでした。但しこの荘厳かつ勇壮なメロディーは支倉の栄光を讃えるに相応しい曲と判断し、リンクに及んだ次第です。

21秒~28秒に登場する雄牛にご注目ください。これが最後の絵のスペイン国王(眠れる猛牛)と重なるのは偶然?と踏んでおります。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)