fc2ブログ
動画その1、1964NHK大河ドラマ「赤穂浪士」
去る10月19日(日)、私は図書館であるビデオの鑑賞に及んだ。1964年に放映されたNHK大河ドラマ「赤穂浪士」である。このドラマが放映されたとき、私は幼かったが実家の祖母が観ていたのを極めて印象深く記憶している。

この祖母からは言い表せないほどの恩愛を受けたゆえ、今での私の心の中にしっかりと生き続け、人にとっての仁愛の大切さとは何か?を訴えるものである。

何かの絵巻物からの引用と見られるオープニング画面。このビデオに収録されているのは総集編ではない。第47話の「討ち入り」である。

1702年冬、吉良邸表門前に集結した23人の表門隊(大将は大石内蔵助)。
NHK「その時歴史が動いた」より。

大石内蔵助役に長谷川一夫(往時55歳)突入前のこの厳しい表情をご覧頂きたい。
武士たる者は何なのか?この意味をよく理解していないとこの役はとても演じ切れるものでない。そういう意味で彼は最高の適役と見た。

裏門隊の大将は内蔵助の嫡男大石主税、この時弱冠15歳という若さであった。

大石主税役に中村嘉葎雄(往時25歳)、父内蔵助を信じて武士としての本望を遂げようとする主税。この初々しい表情をご覧頂きたい。彼もまたはまり役といった感じがする。

大将大石主税を中心に裏門に集結した裏門隊24人。
(1964年NHK大河ドラマ「赤穂浪士」より)

二手に別れて一斉に突入する赤穂浪士47士。NHK「その時歴史が動いた」より。

吉良邸に突入し吉良側の従者と戦い、吉良上野介を探し回る大石内蔵助。
1964年NHK大河ドラマ「赤穂浪士」より

そしてついに隠れていた吉良上野介を見つける。

『侍は武士道を貫き、名誉とともに生きなければならない。主君への忠義は己の名誉を貫くための手段である』新渡戸稲造「武士道」より。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)