fc2ブログ
 斎藤報恩会博物館を訪ねて
先週の土曜日、仙台市博物館で学芸員のかたに会った。今取り組んでいる歴史エッセイに関することを聞きたかったためである。

その帰り道にカフェとミニ博物館に寄り道した。きょうはこのミニ博物館「斎藤報恩会博物館」についてお伝えしたい。私設博物館であるこの博物館はこのTAKAYUビルの2階にある。

ビルの入り口にこのような看板が立っている。これがないと見過ごしてしまいそうなほど目立たない。

このビルに入っているテナントである。2階が斎藤報恩会博物館である。

左が創設者、右が初代学術研究総務部長である。

これはヤップ島の石貨とのことであるが万年筆と大きさを比べて頂きたい。こんなに重いものをどうやって持ち運んだのか?興味深い気がする。

これは縄文土器であるが非常に変わったデザインゆえインパクトがある。

ブラジル産水晶、同国の豊富な地下資源を彷彿するものである。

これは宮城県気仙沼市の大谷鉱山の金鉱石である。豊臣秀吉から国替えをされた伊達政宗はこの鉱山を開発することで莫大な資金を得たと言われる。恐らく支倉常長を始めとした慶長遣欧使節団派遣の大きな資金源になったと思われる。私はこの石の中に天下取りに賭ける政宗公の気概と野心がこもっているような気がした。

非常に珍しいものを紹介する。仙台城創世記の時代の大橋(城下のすぐそばの橋)につけられていた「えぼし」と言われる化粧親柱である。

ぎぼしは漢字で疑宝珠と書く。初代藩主政宗公も卒中この疑宝珠を見たことだろう。
今の仙台に多大な影響を与えた政宗公だけに、仙台人としてはそう思うと感動せざるを得ないものがある。

この博物館は日曜日は休館とのことであった。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)