fc2ブログ
私のバイクのキャリア(荷台)にクラックが入っているのが見つかった。

クラックが入ったのはこの部分である。リヤBOXに重い物を積むと「てこの原理」でこの部分に力が掛かるが、振動も加わり金属疲労したらしい。

本日はこれに対処する為にDIYで補強を行った。まずは電気ドリルでコの字型の部材に穴を開ける。

穴あけ後に用いたのが充電式インパクトドリルと六角頭ビス(5ミリ)である。

六角螺子を使った理由は締め付けの段階で強いトルクを掛ける必要があった為である。インパクトドリルでは力不足なので、ラチットレンチの8mmを使って締めた。
※力任せに締めると螺子がちぎれるので注意が必要

それでもトルクが足らないので、最後はYレンチを使った。これでしばらくは大丈夫そうである。

これは以前に直したシートの破れである。裂け目となるほどの大きな傷であったがブラックのシリコンコーキングを充填した後は何ともない。一本三百円で釣りがきたシリコンコーキングだが強度も十分でコストパフォーマンスは高いようである。その後破れる気配は全くない。これによって張替え時期が数年は延びたものと受け止めている。

これはジェット式ヘルメットに施したコーキングである。コーキングを施す前はヒラヒラの状態で中味のスポンジがボサボサの状態だったが、コーキングしてからは全く問題ない。但し一般的にFRP製のヘルメットの交換頻度は5年と言われている。このヘルメットを買ってから既に12年は経つので強度のほうは落ちていると受け止めている。(本記事を見て真似をされるかたは自己責任でお願いします)

横町挨拶
我が辞書に「使い捨て」という文字はございません。少しでも再利用できる可能性があるものはどんなものでも、買い換える前に補修を考えます。これはスリッパやサンダルにも及んでいますが、本日はこれに敢えて触れません。バイク関係の補修は幸いにも全て上手く行ったようです。自分は住環境に対しても同じ考えを持っています。

こうした自分を取り巻くアイテムを大切にするスタンスは自分の家族や人生を大切にすることに繋がります。昨今3R(リデュース、リユース、リサイクル:ゴミをなるべく出さない配慮、物を繰り返し使う配慮、再資源化する配慮)が求められますが、自分もこれに取り組んでいます。さあ、これで明日からバイクに快適に乗れそうです。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)