FC2ブログ
  伊達政宗公の灰塚とは?
去る9月20日のことであった。JR東日本の企画する「小さな旅」に参加した私は二十名ほどの参加者とともに、伊達政宗公の灰塚があるとされる青葉区三条町の大願寺を訪ねた。それにしても立派な山門である。

大願寺山門(以下仙台市HPより引用)

宝永年(1709)に造営された仙台藩四代藩主伊達綱村夫人仙姫(万寿院)の墓所の門を,明治時代初期に墓所のあった小田原高松から現在地に移築したものである。門の前後に唐破風のある妻入の一間一戸の向唐門で屋根はこけら葺である。観音開きの桟唐戸には夫人の実家稲葉氏の家紋「隅切角に三の字」が入る。

細部の造りや文様には禅宗建築の特徴が表われ江戸時代中期の伊達家霊廟建築を知ることができる数少ない門である。左右袖塀は移築後に造られたものと考えられる。老朽化により1998年に解体復原工事がおこなわれ。 

大願寺の位置を航空写真でご確認頂きたい。仙台市中心部からは北西部にあたる。

後で理由を説明するが、この山門と門前の新坂通りとは微妙にずれているとガイドさんから説明があった。

拡大した航空写真をご覧頂きたい。ややわかり難いが左側の伊達政宗灰塚に至る通路(堀に架かった橋を含む)と東西に伸びる新坂通りは一直線に通っているが山門だけはずれている。その理由は山門が後から移設されたことによるとのことであった。

これは境内に建つ観音堂である。ガイドのかたによると修復はされているものの江戸時代に建立された当時の趣を残した建物とのことであった。

灰塚のの周りにはこのような堀が巡らされている。まさにお城の縮小版といった印象である。

この橋を通って灰塚に至るわけであるがこの橋と門前の新坂通りは一直線になっているということであった。

この竹垣の先にあるのが伊達政宗公の灰塚である。(写真はgoogle mapから拝借)

灰塚とは?(時の散歩/仙台寺社巡りHPより引用)

伊達家には藩主や夫人の遺骸を死後すぐに埋葬し49日の間に原野で空棺による葬礼を行うという独特の風習があり政宗や母保春院の葬礼もこの辺りで行われた。葬礼用具一式は当地で焼かれ灰は多量の土で饅頭状に覆って周囲に土塁を巡らせた。これを灰塚という。

この灯篭の場所を発掘したところ、遺骨はおろか埋葬品は一切出土しなかったという。従ってこの灰塚自体が彼の権勢を如実に示すものだったと受け取れるものである。

このような灰塚は全国的にも例を見ないとのことであった。灰塚なるもの、天下を狙い伊達者の語源となった政宗公に相応しい演出と解釈した次第である。

関連記事

コメント

No title

こんばんは。
灰塚と言う物は初めて知りました。
政宗公に相応しい演出と解釈、という事に私も
納得な印象を持ちました。山門が後から移設された事も写真や解説で良くわかります。
興味深い事が現場へ出向くと次々と発見できますね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

灰塚という埋葬形式があったのですね~。。。初めて知りましたわ…。。。
珍しいものを教えていただき、ありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

灰塚、というものを初めて知りました。
空の柩を焼いた灰というのも驚きです!。
それにしても、とても立派な唐門・・
しかるべき場所に移されたらもっと良いですのにね・・。
色々勉強になりました。ありがとうございます。

URL | シャーロック2013 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、JR小さな旅に参加してこのような収穫が得られました。やはりガイドさんは歴史研究会に所属しているだけに非常に詳しいです。
同時に某の曽祖父が関係したと思われる仙台番士、細谷十太夫(後に石巻大街道開拓を行った中心人物)を知ったのもこの企画でした。
ミントさんもよかったら一度参加してみてください。申し込みに関してはJR各駅にあるパンフレットに書いております。

大願寺と新坂通の関係はよくわかりましたが、逆に言えばこの通りは政宗公の法要を行われるために整備されたことになり、仙台に於ける彼の絶大な権力も窺い知れるということになります。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

茶茶さん、この灰塚なる風習、伊達家にとっては政宗公以降のものゆえ、彼の派手好みは死後にも及んだことがわかるものと受け止めております。

独眼流政宗は昨年、歴史小説執筆時にイメージを膨らますためにDVDで借りてきて何度も観ました。もちろん再放送も毎週観ております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
灰塚なるものがあるのをはじめて知りました。
遺骨のない空棺で葬礼が行われ、その空棺を焼いた灰で塚を築く、そのようなことが行われていたとは、興味深く読まさせていただきました。
その場所を訪ねられたことは、素晴らしいことだと思います。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、彼の墓は仙台城近くに瑞宝殿という立派な廟所があるので、こちらの灰塚は彼の権力を示す遺構と考えられます。
死んでからも権勢を示す必要があるのか?廟所だけで十分でないか?と考えたのが同藩五代藩主、吉村公の考えと受け止めております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、御意に御座います。慶長遣欧はもとより人のやらなかったことをやるのが政宗公にごさいます。
したがって、全国的に類を見ないというところが如何にも政宗公らしい考えと受け止めております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、ボランティア諸兄のお話を伺い、この地区の周辺は政宗公の時代、まだ原野でしたが、この門前の通り自体が政宗公法要の際に整備されたことを知り、改めまして、彼の絶大なる権力を思い知った気が致しております。
本企画は記事で述べたようにJR小さな旅のものでしたが、同じくこの企画に於いて、十月末に支倉常長関係、十一月初めに仙台藩士も茂庭家廟所巡り関係などを既に2件エントリー済みで今から期待しています。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、上方のかたからは田舎侍と見えかねない政宗公ですが、この灰塚を訪ねて、彼の派手な演出は生前のみならず、死後にも及んだことがよくわかります。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

シャーロックさん、灰塚の場所についての考察、いい疑問を賜りました。

実は往時、この周辺はまだ原野だったのですが、旧市街地にこのような遺構を含んだ寺を建てるならば城下町仙台の開発に影響が出ることを政宗公は見越していた?(ガイドさんのお話)とも受け取れるわけで、これも政宗公の先見性を感じる部分にごさいます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やまめさん、某はこの灰塚を考察するならば、遺骸のない空棺で葬礼が行われたこと自体、政宗公の独自性(へそ曲がりぶり)が受け取れるものと踏んでおります。

一見して門前に形成されたと見られるこの通り(新坂通)も実は政宗公の葬礼の際に整備されたことがわかります。ここに彼の現仙台に及ぼした多大なる影響を感じた次第にごさいます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
灰塚、初めてききましたが、非常に珍しいですね。勉強になりました。
山門は二条城の唐門に造りがにていますね。桃山時代の建築様式を感じさせます。さすが伊達家ゆかりの建築ですね。稲葉家は小田原の譜代大名と記憶しておりますが、当時の伊達家の置かれていた状況がこうした点からも想像が出来て、興味深いですね。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは

灰塚。。。そんな供養を行っていたのですね。
そして 古墳のように盛り土され まわりは堀が切られ
たいしたものですね。
灰さえもきちんと守られ 供養されたということでしょうか。驚きました。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、灰塚は目だって何ぼの政宗公らしい演出と言えるのではないでしょうか?
桃山時代の建築様式とは目がお高いですね。それを聞いてなるほどと思った次第です。
譜代大名稲葉氏と伊達家藩主の縁組は、確かに外様大名としての生き残りを賭けた策略とも考えられます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、棺を焼いた灰で塚を作る…何故こんな手の込んだことをするのか?理解に苦しみますが、恐らく無類のへそ曲がりと言われた彼一流の演出と解釈しています。
某は政宗公は死んでからも己の権勢を示し、伊達藩は他と違うのをアピールしたかったと踏んでおります。
確かに古墳とも似ている気が致しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

立派なお寺ですね。
灰塚と言うのは、初めて知りました。
焼いてしまうのはもったいないような気もしますが、
立派な埋葬品もあったのでしょうか~
珍しい、埋葬法なのですね。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

布遊さん、遣欧使節や派手な演出の数々、伊達政宗は人と違ったことを数多くやった戦国武将ゆえ、この灰塚もその一環?と受け止めております。
発掘調査はしたものの何も出てこなかったとガイドさんからは聞きました。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

昔のお墓は全て土葬だと思ってました。
伊達家では灰にして埋葬されてたのですね。
何故埋葬品も一切残さなかったのでしょうね。
せめて灰は壷にでも入れておけば。。。
権威は残しても未練は一切ないという正宗の
男気のようなものを感じました。
それをへそ曲がりと言うのでしょうか?(笑)

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

まゆさん、いいえ違います。最後の写真をご覧ください。遺骸を焼いたのではなく、棺を焼いたのです。
政宗公の遺骸は土葬のまま葬られ、瑞宝殿に埋葬され1974年に発掘されました。
へそ曲がりとはこのような遺骸の埋葬されてない塚を遺したからです。
きょうは大変恐縮しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)