FC2ブログ
忠臣蔵ー赤穂浪士

私は以前から或ることで武士のような強い気持ちを持ち、これを自分の生き方とすることを数年前から取り入れてきた。この中にはむろん特定の武士への成りきりも含まれる。これを奇異に感ずるかたも少なくないことだろう。

ここで武士道について申し上げる。武士たる者はただ単に強い気持ちがあればいいというものではない。その根底には儒教の教えに基づく礼節、忠節、仁義がなければならない。これらが合わさってこそ初めて武士道と言えるのである。

侍の生き方を少しでも知り、自分の中に取り込みたい。私はこういう見地から最近、行きつけの図書館で様々な大河ドラマの総集編ビデオを鑑賞している。昨日も午後から足を運んで鑑賞に及んだ。今傾注しているのは忠臣蔵ー赤穂浪士である。

赤穂浪士47士討ち入りまでの粗筋
・1701(元禄14年3月)主君浅野長矩が松の廊下で刃傷沙汰を起こす。
・即日、浅野内匠頭が切腹。
・その後浅野家はお家断絶となる。
・1702(元禄1512月)赤穂浪士、吉良邸討ち入り。
・1703(元禄16)大石内蔵助を始め47士が切腹。

このビデオは忠臣蔵ー赤穂浪士を描いた1982年放映「峠の群像」である。

原作は堺屋太一。

主役、大石内蔵助役に緒形拳。

これは有名な江戸城での刀傷沙汰シーンである。左:浅野内匠頭、右:吉良上野介
浅野内匠頭が吉良に名誉を汚されたというより、彼の堪え性のなさがこの刀傷事件に繋がったと捉える向きも多いようである。

事件のあった江戸城松の廊下。

吉良上野介を斬りつけ、幕府家臣に取り押さえられる浅野内匠頭。

浅野内匠頭に斬られ怪我を負った吉良上野介。

3月14日即日、将軍から切腹を命じられた浅野内匠頭。

この総集編ビデオは全巻で3編から構成される。今回は上編だったので次回の中編が楽しみである。忠臣蔵ー赤穂浪士」に興味を抱いたかたはYOU TUBEで「その時歴史が動いた」版で4編に渡って鑑賞されることをお勧めする。

それがしの今宵の晩酌は言うまでもなく清酒「くらのすけ」である。この武骨そのものと言えるアバターをご覧頂きたい。武者たる者軽率に非ず。そして大義に命を賭ける。それがしも是非こうありたい。
関連記事

コメント

No title

ミック様へ
今、こちらの映像を拝見しました。泣いております。言葉もありません。これこそ日本の武士の生き方であると私は思います。この当時ですらこの思いになった者は47士です。この辺りが武士道を貫く事の難しさだと思います。それにしても驚いたのはこの主税が裏門隊の隊長だったとは。初めて知りました。これに驚き。元服の時の書状の字にまた驚いております。今はそんな事しか頭に浮かびません。何卒お許し下さい。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
忠臣蔵のドラマは年末になると よくやっていたので赤穂浪士の内容は、知っています。
武士の生き方をよく現したドラマのように思います。
これに傾注されるとは、ミックさんらしいと思います。
武士の心、大儀に命をかける凄いことですね。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、忠臣蔵には武士道の心を濃縮したような凄みを感じております。
内蔵助と主税の父子関係に際し、内蔵助の心中には武士道との葛藤もあったと思います。
そしてこの二人を取り巻く熱血の家臣たち。そのあたりに熱いものを感じています。
実は昨日は某の祖母の命日にごさいますが、祖母もTVで忠臣蔵を見ていたのが今でも強く印象に残っております。
これを意識した更新ではなかったのですが、今思うと結果的にそうなっていたことに気づいた仕儀にごさいます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、伊達騒動にも熱いものを感じた某ですがこの忠臣蔵も然りにごさいます。
昨夜は復習のつもりで「その時歴史が動いた」版を一通り見るに及び、改めまして感動した次第にごさいます。
ゲストの藤本義一氏の言葉は含蓄に満ちており、さすがに大局観に満ちた作家と承りました。
この忠臣蔵は武士道の真髄を如実に表すものと踏んでおります。この興奮はしばらく某の心の中で静かに燻りそうにごさいます。(笑)
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

茶々さん、峠の群像に関するコメントを頂き感謝しています。緒方拳氏演じる大石内蔵助、一見温厚で律儀な人物ながら、その中に潜む武士魂が垣間見えるとき、身震いするほどの迫力を感じざるを得ません。
まさにはまり役と受け止めております。
ご指摘の通り、大石父子を取り巻く家臣たちの個性も見逃せない部分と心得ます。
ただしその個性とて武士道あっての個性、某ここに魅力を感じる仕儀にごさいます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、忠臣蔵「その時歴史が動いた」版を観た感想、某とて同じにごさいます。
武士にとっての父子愛とはかくあるべしと言ってしまえばやや冷たく耳に入るのかも知れませんが、一方でこれぞ武士の本望とも受け止めております。
彼ら父子は武士道を通して固い父子愛で結ばれていたと察しております。
百十数名の血判状が一人減り、二人減りして最後は47人、この47人こそ武士の中の武士と考えます。
この感動はしばらく尾を引きそうに存じます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やまめさん、時代劇と歴史ものの違いはその史実を追ったものか否かという部分にごさいます。
忠臣蔵は史実であっただけに深い感銘を受けるものにごさいます。
侍のこうした生き方は現代社会とはまったく無関係とも受け取れますが、さに非ず。
儒教の心という衣を羽織った己の心の中に深く息づくものにごさいます。
堺屋太一原作「峠の群像」、このネーミングには賛否両論ございますが、某は哲学的視点を感じるものと受け止めております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
理想となるものをイメージしての生き方、とっても良いことと思います。
私は、吉良の近くに住んでいるのですが、吉良上野介も地元では、良いお殿様だったようです。村松誠一の本に、吉良側から見た小説がありますが、見る立場が違うと世界観が変わると思ったものでした。
ミックさんの記事を読ませていただき、いろいろことを考えるきっかけとさせていただいています。ありがとうございます。
台風、大丈夫でしたか?

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

☝️森村誠一でした~😁

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、おはようございます。

12月に近づくと「赤穂浪士」のドラマが目に付く様の
なり楽しみです。

何度見ても心打たれます。

ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

布遊さん、きょうは台風で列車が運休し休みを取ってました。
森村誠一から見た吉良上野介の小説を紹介して頂きありがとうございます。歴史考察は偏ってならない。人様の意見をよく聞くことを己のスタンスとすべしと心得ます。

情報を頂き感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、赤穂浪士は日本人の心の根底に訴えるなにかがごさいます。
研究を重ね、某もこの感動を徹底的に味わい尽くしたい所存にごさいます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
次の歴史研究テーマが見つかり楽しみですね。
きっと鋭い視点で武士道を追求されることと
楽しみにしています。ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは^^

次のテーマ、忠臣蔵ー赤穂浪士、私にとって解り易そうです。
何度も観ております。
武士道、大石内蔵助の生き方。。。。。。素晴らしいですよね。
これからの語らい、楽しみにしております。
ナイス!

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

中国・韓国はもとより、日本でも儒教の教えを信奉する人は少なくなってきているでしょうね。
武士道精神を重んじられるミックさんは、素敵だと思います。

赤穂浪士は、ドラマでしか接した事がなのですが、
主君の仇討ちのために、長い年月をかけて準備する家臣たちの強い思い、愛と正義は、いつの時代も、日本人が愛してやまない物語ですね。
深まりゆく秋に、歴史探訪・・ナイスですhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s378.gif">

URL | シャーロック2013 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、今までのテーマ(慶長遣欧、伊達騒動)は仙台藩のものにごさいますが、今度は上方~江戸が舞台の大事件となります。
しかるに大いなる精神の高揚を感じる次第にごさいます。貴兄には暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Rainさん、多くの日本人の心に訴えるのがこの赤穂浪士47士であり、大石内蔵助の忠義と受け止めております。
本日は追い風になるお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

シャーロックさん、儒教精神離れについての考察は嘆かわしいながら仰せの通りにございます。
大変残念なことですが、今の日本人の礼節の根源が儒教精神にあるのを知らないかたが増えてきている。これが今の某の考えにごさいます。
某が武士道にひかれたきっかけは一冊の著(新渡戸稲造「武士道」)にごさいます。

この著を読んで今の某に何が欠けているのかを知り、震えるほどの感動を覚えた仕儀にごさいます。今後もこの考えは某の生き方の本筋を貫く精神になると踏んでおります。

赤穂浪士にはこうした見地で鑑賞に及んでおります。奇異と言われるかも知れませんが、大石内蔵助に成り切るほど傾注したいと存じます。本日は追い風となるような暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

峠の群像とは懐かしいですね。
赤穂浪士は毎年色んな角度から映像化されてますね。
赤穂へは岡山から電車(赤穂線)で行くことができ
車でも1時間程度の場所なので観光でよく訪問
しました。 大石内蔵助の生き方は武士として
お家の為に主君の為に忠誠を尽くした最たるもの
だと思います。その意思に従った侍たちも
素晴らしいと思います。 そして彼らに仇討ちを
させた主君も素晴らしい人だったんでしょうね。
今の世の中、ここまで忠誠を誓う人もいないし
ましてや、忠誠を誓うに値する主君(会社や上司)
も少ないんじゃないでしょうか?

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

まゆさん、仰せの通りにございます。私もあることで仇討ちを誓った身にごさいます。
躁鬱病の副産物は成りきりにごさいます。
しかるに人事ではないのです。このような生き方が今でも日本人の心の中にあるのは誇るべきことと思います。
大石内蔵助は次に成りきりたい武将にごさいます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)