FC2ブログ
  本格的な家系図の作成へ
三連休初日となった昨日、私は朝早い列車に乗り、郷里石巻へと向かった。
目的は①祖母の命日への弔い②家系図を作成するのに大きな鍵を握る親戚A氏と逢うためである。

JR仙石線陸前山下駅で下車した私はこのような真っ直ぐな道をひたすら南東へと向かった。花壇のカラフルな花を見て歩くのはなんとも心地よい。ところでここは石巻育ちの私も生まれて初めて歩く道である。

歩ってきた道を振り返った。住宅地の中には大手設備会社の石巻営業所がある。この道から左側(西側)が大街道と言って私の父方祖父が生まれた地である。

石巻市大街道は仙台藩、細谷十太夫(1845~1907、幕末に於いて福島の白河城を拠点とし遊撃隊「からす組」を組織して官軍と戦い武勇を馳せる。)なる人物が1880年から開梱した農地である。彼は明治維新で職を失いかけていた伊達藩の下級武士をここに連れてきて農業に従事させたとのことである。

私の祖父は1891年生まれ、曽祖父は1863年生まれゆえ、恐らく一族は細谷十太夫と何らかの関わりがあった人物と考えるのが妥当と受け止めている。

菩提寺のある門脇へと向った。ふと右手に石巻日々新聞社を発見。同社は過去の記事で紹介したが、三年半前の大震災で大津波の被害に見舞われながらも翌日壁新聞を書いたジャーナリズム魂溢れるマスメディアである。

同社のT常務とは既に名刺交換し石巻の様々なことで会話を交わしている。きょうは時間がないが、T氏とは近いうちに遭いたい所存である。

「東京屋食堂」はこの造りから見て震災後に作られた食堂とお見受けした。
この辺りは復興の工事に携わる人間が多いので、これらのかたがたを始めとした食の確保は非常に心強いと思った次第である。

20分ほどで菩提寺のある門ノ脇地区に到着。正面に見える丘がかつて葛西氏の居城があったとされる日和山である。

祖母への墓参りを済ませた私はA氏のご厚意で車に乗って彼の自宅へと向った。
A氏は70台半ばである。祖父の家系直結の人物ゆえ、家系図の作成は彼なくして考えられない。ここが今現在の大街道の本通である。細谷十太夫が開墾した往時の農地の面影はほとんどない。

昭和初期と見られる石巻地図を御覧頂きたい。このころの大街道は間違いなく農地であった。従って曽祖父一族は1880年の開墾に携わった可能性が非常に高い。
A氏によると曽祖父は地頭(大地主)とのことであった。地頭は武士階級で言えば平士(下級武士での最高位)で騎乗が認められる階級(中田正光「伊達政宗の戦闘部隊」より)であるとされる。

A氏からは戸籍謄本を基に同家の様々な親類の名前を聞き及び、メモしてきた。
これで家系図作成は時間の問題となった。A氏には厚く御礼申し上げるとともに、近いうちの再会を約束した。

家系図作成の法則を転載する。夫婦を表す時は男が右、女が左、子を書くときは生まれた順に右から左へと書くのが基本とのことであった。また養子を現す際はご覧の通り、縦線を二重線にするのが法則ということであった。

A氏と別れた後で友人のS氏と遭った。S氏は歴史好きであり、殊勝な物言いができる人物ゆえ、一目も二目も置く男である。彼とは昼酒に及び、先祖談義、歴史談義で大いに盛り上がった。

知らぬ間に夜は更けていた。JR仙石線の乗り継ぎバスで松島海岸に着いたころ、時計は22時を廻っていた。後二日休みゆえ、たまには羽目を外すのもいいだろう。

家に着くころには日付が変わっていた。帰路の電車はほとんど寝ていたような気がする。私は一族先祖へ感謝の念を抱きつつ、三連休初日の大きな収穫に感謝しながら帰途に着いた。
関連記事

コメント

No title

boubouさん、A氏と会見に及び、今まで見えなかったルーツが見えて参りました。
それがしの深酒が貴兄と同じころだったとは驚きです。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、自分がやらねば誰がやるという気持ちで家系図作成に取り組んでいます。
きょうはCADソフトを使ってこれを仕上げていく所存です。一族とは何か?血のつながりとは何か?
この謎に迫る時、大いなる心の高揚を感じます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。「家系図作成は楽しまざればこれ如何」とはまことにもって真髄の言葉に御座います。
知られざる一族のルーツがそれがしの手で解明されるとき、興奮を感じて止まないものがごさいます。
連休最後のきょうはこれにどっぷりと浸かりそうです。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

茶々さん、家系図作成ですが、楽しみながらやるというところに真価を見出しております。
ピラミッドの頂点の先にもまだまだ続く先祖のかたがたに畏敬の念を抱きながらこの作業を続けてゆく所存にごさいます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

スミチカさん、往路は大街道から門ノ脇にかけて歩きました。
途中にスナックがあり、営業していたようで活気を感じた次第です。
貴兄との酒の席は次の機会の楽しみと致しましょう。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やまめさん、暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。家系図作成がこれほど興奮を伴うものだとは思っていませんでした。
きょうは休みを利して一気に仕上げに掛かりたい所存にごさいます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、からす組隊長でもあった細谷十太夫の大街道開拓に携わった曽祖父(幕末の文久3年生まれ)こそ、一族の大御所的人物と受け止めております。
同時に石巻の大街道地区開拓は非常に厳しい試練ゆえ、脱落者も多かったと聞いています。(掲載文参照)

しかるに、この辛い試練を乗り越えた人物こそがそれがしの曽祖父と踏んでおります。きょうはこの偉大な曽祖父に畏敬の念を抱きながら家系図を仕上げて参りたい所存です。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

布遊さん、家系図作成の着手は早いほどよいというのがそれがしの実感にごさいます。
それは聞こうと思った人物が老いたり亡くなったりして聞けなくなるからにごさいます。
従って一昨日は非常に有意義な会見となりました。先祖の生年、没年がわかるとやがて様々な郷土の史実との関わりも見えて参ります。
ここに興奮する次第です。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

家系図作成とは、よい趣味をお持ちですね。
私は父がたが九州なので、こんな簡単には行けないのが残念です。3連休の初日というベストタイミングならではの開放感が伝わってきます。連休のスタートとしては最高ではないかと思います。

URL | 単車男 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

有意義な連休一日目でしたね。
私のルーツは不明です・・母方は三河藩士で裃が家に有ったとか。
でも、詳しく知らないという事は、大したことは無く、斜陽族か?https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s362.gif">
家系図が存在する出自の方を羨ましく思います(汗)。

URL | シャーロック2013 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

単車男さん、さきほど家系図を完成させました。これからは細部の煮詰めが残りますが、有意義な連休を過ごせて満足しています。
コメントを頂き感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

シャーロックさん、曽祖父のことはつい三日前までは知りませんでした。
湿地を開拓したとのことで大変な苦労をしたのだろうと思いましたが、そのお陰で今の自分が居るのに気づいたとき、いいようもない感動に襲わました。御自身のことを語って頂き感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
深夜にまで及ぶミック様のルーツ探し、その熱意が素晴らしいです。自分もこうした作業には興味ありますが、なかなか始めるには覚悟がいるように思います。ただ、親がしっかりしているうちに伝承を記録しておかねばならないとは思うのですが…。
充実した連休をお過ごしのご様子、羨ましく拝見いたしました。有り難うございました。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、人は恒にあらず。しかるに、この家系図作成作業は始める時期が早いほどいいと存じます。
もう少しなどと言わずにお始めになってください。今の某、そのように実感している仕儀にごさいます。
一昨日は最後の砦とも言えるA氏に会えて本当によかったと考えています。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは^^

家系図作成の労、お疲れ様でした。
今生存していらっしゃる親戚の方に、確かな事をお聞きになって、それを記して確かなものにして置くことが素晴らしいです。
ミックさん、頑張って下さいね!
私の家には、もう家系図が出来上がって居ます。
そう言う面では、全く苦労は無いです。。。。。

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Rainさん、一昨日、集中して家系図を仕上げました。さっそく親戚に配った仕儀にごさいます。
但し、もう少し先まで知りたいという欲求もごさいます。郷土史に関する文献や歴史研究会との接触、このへんが今後の課題となります。
御自身のことを語って頂き感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。

家系図が完成したのですね・・・
ミックさんは基本の基が徹底しておりますので、納得の完成となったことと思います。
A氏との家系図談話実り多く良かったですね・・・
おかげさまで私も火が付き、もう少し丁寧に仕上げようと思います。
実家は半完成してますが、今度は嫁ぎ先をやってみようと思います。
養子・養女の書き方了解しました。ありがとうございます。

URL | 和奴 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

和奴さん、家系図を作ることで自然と先祖への敬いの心が増してくるのを実感しています。
それと人は恒ならずゆえ、作成の着手は早ければ早いほどいいとも感じております。
本記事がご自身の嫁ぎ先の家系図作成のきっかけとなればこれに勝る幸いはないと存じます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お初にコメントいたします。自身の先祖と郷土の歴史を絡めたブログを運営する者です。

石巻市は自身の出身地でありますと同時に、母方の先祖ゆかりの地でもあります。

先賢の知識を是非拝したく、ファンポチさせていただきますと同時に、ご挨拶のコメントをさせていただきました。

どうぞ次回の更新も楽しみにしております。

URL | 末永能登守14611514 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

末永能登守さん、初めまして。それがしの拙いブログをお気に入り登録頂き感謝しております。

それがしは先賢と言えるほどの者にございませんが、先祖は岩手から流れてきた?との話もあり、貴兄とはなにかと接点も出てくるかと存じます。
石巻出身、現仙台在住同士ということで有意義な情報交換が出来ればこれに勝る幸いはないと心得ます。

昨夜は仁義を頂戴し恐縮しております。こちらこそ宜しくお願い致します。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)