FC2ブログ
Nini Rosso 夜空のトランペット
エッセイ「皆既月食の晩に浮かんだ忘れ難きこと」
会社からの帰り道、ふと東の空を見た。私は自分の目を疑った。半月でもない。三日月でもない生まれて初めて見る下弦の月であった。私はきょう皆既月食があるという朝のニュースを思い出しながら月を横目に早歩きで帰宅した。家に帰ると着替えもほどほどに急ぎ足で2階に駆け上がり、バルコニーから月を見た。下弦の下の部分には明らかに地球の影らしきものが見え、その影は時間の経過とともに増し、やがて日食のダイヤモンドリングのような形になった。秋の世に相応しい満月のワンマンショー。これだけでも何も言うことのないくらい感動するに価するものであった。

ふと私は周囲が今までよりかなり暗くなったことに気付いた。闇夜に消えゆかんとする月のことばかり気を取られて周囲のことまで目が行かなかったのである。月が明るい時はけして気づかなかった星空を見て私ははっと思った。そこには大小様々な星々が万華鏡の中の小片のごとく数限りなく散らばっていた。今まで60年近く人生を生き、様々な人と死に別れてきた。私は無意識のうちにこの夜空の様々な星々に生前縁あった人の面影を重ねた。

夜空の星の一つであるA氏は私が31歳から49歳まで18年間に渡るお付き合いさせて頂いた。A氏は私が東京転勤になって一年後、私の知らないうちにガンに侵され68歳の生涯を閉じた。彼はけして世渡りが上手くなかった。4人兄弟の末っ子で姉が3人という家庭環境ゆえ、甘やかされて育った。彼は我が強い反面、不服があってもこれを胸の内に秘め、人に面と向かってものを言える人間でなかった。そのため生涯に於いて会社を十数社渡り歩くハメになった。一刀両断にするなら負け犬の人生こそ彼の人生であった。

だがそんな彼でも私に残してくれた財産がある。それは文芸雑誌への趣向である。酒好き、煙草好き、ギャンブル好きだった彼は文藝春秋が手放せないほど活字を人生の友としていた。彼は或る意味でエリートである。しかしエリートが実社会の生存競争を勝ち抜き、競争力を発揮するとは限らない。多くのエリートは坊ちゃん育ちゆえ、ストレスに弱いという傾向がある。残念ながら彼もその類だった。そんな彼からは活字に親しみ、人として視野を広げることの重要性を骨の髄まで御教授頂いた経緯があった。晩年の彼は天涯孤独であったが彼は伊達家臣の末裔ゆえ、私とは心の奥底で繋がっていた気がする。

月食の夜空に輝くもう一つの星は私が43歳から48歳までお付き合いさせて頂いたB氏である。彼の先祖は伊達藩の鉄砲職人を代々務めた家柄であった。彼は私より年上であったがOA技術に優れていた。このころの私はOA初心者あったゆえ、いろいろと面倒を見て頂いた。私生活でも接点があった。しかしながらその頃の私は彼と趣味が合わなかった。それゆえ、彼とはちょっとしたことで食い違いを生じた。今なら笑って過ごせることが当時は出来なかった。これも私の人間的未熟、未完成とする部分である。

彼に対して生前最後に交わした言葉はとても人様に申し上げられない。その言葉を思い出す度に私は深い懺悔の念に捉われ、泣けてくるのである。彼には大変申し訳ないことをしたと思っている。彼と遭うタイミングが5年ずれていたら二人は固い絆で結ばれていたことだろう。だがそうは行かないのが人生である。「後悔先に立たず」とは私が亡き彼に告げるべきことであり、詫びるべき筋合いのものであり、かつ人類が古来から繰り返してきた普遍的な生業と受け止めている。

今宵はあの日の死に装束を着た彼の表情を瞼に焼付け、彼に心から懺悔する仕儀である。私が彼のところに行く日もそう遠くないだろう。その節は重ね重ね私の現世での無礼を詫び、お許しを願う所存である。

皆既月食が終わってもこうして彼らは私に語りかけ、秋の夜は深々と更けていった。彼らとは袖摺り合う関係に過ぎなかったのかも知れないが、得たものは極めて大きかった。それは二人が居なければきょうの私がないことに気づいたからである。私はこの壮大な天体ショーが終わる頃、今は亡き二人に感謝の念を感じるとともに畏敬の念も感じていた。

そして私はこうも感じた。『後に死にゆく者は先に死んだ者に対してけしておごり高ぶってはいけない。死期は違えどその結果に於いては全て同等であり、一人の人物の一生など、広大な天空の中では単なる小さな星屑の存在に過ぎないものである』ことを。

自作エッセイシリーズ

白楽天に学ぶ卯時の酒と処世術http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31934148.html
私の窮地を救ったエクアドルhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31806994.html
六十分の一のもたらす余裕http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30749355.html
群青色の無双な人生を歩むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30889388.html
夜間飛行のジェット機に見る人の世の儚さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30047887.html
失敗を恐れずに突き進むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30486750.html
鬱を脱出してから見る東京の夜景http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30113901.html
とんびのように大空を堂々と舞うhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30633350.html
日食の裏に見える人生の蒼い陰http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30609947.html
自分の人生は朧げに客観的に見たいhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30558632.html
礼節と諂いの違いをわきまえ堂々と生きるhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30702596.html
怨讐を恩讐に変えたい、苦悩する私http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32008415.html
川面のさざ波のもたらす心地良さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30678112.html
時勢とともに変わり行く街並みhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32383148.html
無頼なガンマンの精神を貫くhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30660537.html
アナログとデジタルを臨機応変に使い分けるhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31180966.html
英国式の散歩で得られるゆとりhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30998659.html
寒に屈せず自己防衛の城を築くhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32444728.html
知ってて知らないふりをする美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31594249.html
ゾーンを持つことの大切さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32075164.html
人生の分水嶺と或る上司の死http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31470309.html
うつ病で自殺しないために読むべき本http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31754128.html
名もない一本の畦道を歩むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30642672.html
知ってて知らないふりをする美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31594249.html
人の話を聞くことの美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31778536.html
ブログという名の社交場http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31903913.html
関連記事

コメント

No title

boubouさん、イタリヤ語のセリフ翻訳の掲示を頂き感謝しております。それがし、執筆時にこの歌詞のことは頭になかったわけですが、今お教え頂くと驚くほどそれがしの想像に当てはまるものとなっております。

貴兄の厚い配慮、骨身に沁みて存じ仕ります。返す返すも感謝しております。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Rainさん、壮大な天体ショーに心を打たれた一昨日のそれがし、星になった故人と今の自分にはさして距離がないと感じた次第にごさいます。
昨今、様々なシーンで自己客観視を心がけていますが、この日は改めまして己の存在のちっぽけさに気づいたひと時でごさいました。

ご自身からは暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

まゆさん、本日はご自身らしい感性に溢れた高察を賜りました。
過去のそれがし、故人への回想に及ぶときほど虚しいものはなかったと客観する仕儀にごさいます。
しかし、昨今のそれがし年を重ねるに及び、それがけして虚無なものには思えないものとなって参りました。
しかるに、こうした万物への客観を今後も続けて参りたい所存にごさいます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、もったいないお言葉を頂戴し恐縮しております。
昨日朝の推敲について述べさせて頂きますと、文面の中に故人への慈しみに欠けた部分がごさいました。
それと天体ショーと大河の一滴の比喩が一致を見ないものにごさいました。
しかるに朝一番でこれに気づいた仕儀にごさいます。姫には大変恥ずかしい駄文をお見せして失礼しました。
こうしたエッセイには言うまでもなく己の実体験を多く織り込むのが肝要と心得ます。
今後とも宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、二番目のコメントに対する返しコメントの順番を間違え大変失礼しました。
貴兄にはもったいないお言葉を頂戴し恐縮しております。昨今のそれがし、こうした故人への追悼に及ぶとき、煩悩に塗れた日常を拭い去るような心持を感ずる次第にごさいます。
貴兄の厚いお気遣いには返す返すも御礼申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やまめさん、故人への回想に対してのご高察を賜り感謝しております。
改めまして、この日の皆既月食はこうした故人の追悼に相応しいシチュエーションだったと振り返っております。
貴兄に於かれましては皆既月食が見られたとのこと、誠にもって幸いに存じます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、返しコメントの順番を間違え大変失礼しました。
皆既月食のないいつもの星空も素敵ですが、このような壮大な天体ショーも感慨極まるものがごさいます。
その感動をエッセイに綴りたい。その一心で一昨日は創作に及びました。BGMを聴きながら、酒に酔いながらの執筆にごさいます。(笑)
ご自身からのお言葉滅相も御座いません。修行中のそれがしこそ、ご自身から様々なことを学ばせて頂いております。
今後とも宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、三番目のコメントに対する返しコメントにごさいます。
創作者として「文章が流れる」というお言葉に勝るものはないと受け止めております。
人生には限りない自己客観視への到達指向が肝心と承ります。貴兄のご配慮、骨身に染みてごさいます。
今後とも宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
皆既月食を眺められたのをきっかけに、星空への思いを綴られたエッセイにしみじみとした情感を感じさせて頂きました。
秋は明るい星が少なくて、ちょっと寂しい星空ですが、それ故にこそ芽生える思いもあるのですね。

URL | はぐれ雲 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさんへ

実はこの記事をドライブ前に読んで今夜コメントしようと思っていたのですが、トラックバックしていただき感謝しております。
この曲は大のお気に入りです・・・
当時のレコードがすり減ったくらいです・・・
以前桜の季節の月を見て故人を偲ばれた記事を読んだ気がしたのですが
間違っていたらごめんなさい。その時もこの曲が浮かびました☆
年を重ねる毎に亡き方々への想いが募るのは同じでございます。
親友を50代で亡くし死に際に会えなかった悔いが今でもあります!
しかし彼女は私に感謝して亡くなったとお母さまからお聞きしました!若くして亡くなった彼女の為にも精一杯生きて話しかけています。
今年の夏は20年以上通ってくださった59才の会員さんも病死致しました!
しかし、星となって未だに語り掛けてくれます!
ミックさんの想いもきっと届いております・・・
今宵はお二人の冥福をお祈りするとともにこちらの若き故人の為にも夜空へこのトランペットの音を届けたいと思います・・・

URL | 和奴 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

はぐれ雲さん、故人への感謝の気持ちはいつしか表したいと考えていましたが皆既月食の情景とこの情感が重なった次第にごさいます。
月の明るさと引き換えに登場した眩いばかりの星空。ここに某は込み上げるものを感じました。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

和奴さん、故人に関する高察を賜り恐縮しております。故人を回想するのは供養にも繋がるわけですが、ここには感情が大きく関わって参ります。客観視するならば、故人の生前に於ける某の未熟な対応もいろいろと浮かんでくるものにごさいます。

B氏のことを懺悔しましたが、今はあの時何故あんなことを言ったのだろうと思うと自己嫌悪にも陥ります。しかしながら、今後はこれを己の戒めとして捉え、人としてあるべき姿を模索して参りたいと考えます。

御自身のことを語って頂き感謝しております。トラックバック先にコメントを頂き、また相互トラックバックを頂き感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ニニロッソの『夜空のトランペット』、高校の下校時の音楽でした。
これが流れてくると、甘酸っぱい青春時代がオーバーラップしますhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s360.gif">
懐かしい曲を聴きながら読ませていただきました。
多くの人が、皆既月食に気を取られていただろう時に、
その暗さの中で、いつもより輝きを増した星たちに気付き、
また、そこから故人を偲んで思い出を語るミックさんは素敵です。
私自身、生きている間は、恥のかきっぱなしのような気がしますが、
最期の時は「幸せな人生だった、ありがとう」と言えるといいな、と思っています。

URL | シャーロック2013 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

シャーロックさん、川べりや里山によく瞑想の場を求める某ですが、この日は星空でした。
物事には多面性が存在します。しかるにこの日は皆既月食にも何かあると考えたのです。
星空に浮かぶ大小様々な星星が故人の在りし日を彷彿させるに相応しいシチュエーションになっていったのです。
星空を眺めながらエッセイのおおよその骨組みを決め、『夜空のトランペット』させてから酔いにまかせて加筆、推敲を繰り返しました。
某の拙い駄作にこのような暖かいお言葉をかけて頂き恐縮しております。御自身のことを語って頂き感謝しております。
最後のお言葉、某も身に沁みてごさいます。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
皆既月食、私を含めて様々な方が題材にされておりましたが、ミック様の心に去来したのは忘れ得ぬ方々だったのですね。お二方とも泣けるお話ですね。またそうした思いによって、ミック様の今迄の人生の道程を回顧されていたのかと想像します。これから先の人生についてもお考えになっていたのではないでしょうか?
古来より月は死を司ると考えられていました。それゆえ、月は「生きる事の意味」を考えさせてくれるのかもしれませんね。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、このエッセイを投稿した目的の一つはB氏への懺悔にごさいます。
こうした懺悔はけして無駄ではない。否、人として始めて原点に立ったと言うべきものなのかも知れません。
月への高察を賜り恐縮しております。今後とも宜しくお願い致します。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。

皆既月食ですが、ずっと見るのを楽しみにしていたのに…建物の中から解放されたのが午後8時半くらい…ちょうど終わったところだったようです。

A氏の話には身につまされる思いがします。
私もどうもかなりの世渡り下手のようなので…(苦笑)
でも、A氏もB氏もお二人ともこうやって想いを馳せてくれる方がいるというのは幸せなことだと思います。

「一人の人物の人生など、広大な天空の中では単なる小さな星屑の存在に過ぎない」
以前は、その言葉がわかりました。でも、今はそぅは思えないのです。みんなちっぽけでも大切で…というよりちっぽけだと思えない。
でも、その“小さな星屑”はそれでも一生懸命輝こうとしたり…1つ1つがとても大切に思えるのです。
精神的に弱っているのか…寛容に物事を受け入れることが出来なくなっているようです。

もぅ少し心を強くしたいと思い…そのヒント探しにミックさんのブログを読ませて頂いたりしていますが…これからもヒント探しに(仙台情報も)、おじゃまさせて頂きます。よろしくお願い致します。

長文失礼致しました。

URL | あるた ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

あるたさん、世の中はいろいろな意見を持ったかたが居られるゆえ、そのようなご意見『今はそぅは思えない』は尊くお受けしますが、かと言って某も信念を持って書いたエッセイにごさいます。何卒、何卒…

ヘッダーの「私のブロ倫理」や「自我を抑え人様を尊ぶ」にも著した通り、実際顔を合わせて話すのと、こうしたソーシャルネットを経てコメントするのは全く意味が異なります。

しかるにこのコメント欄でそのような議論は避けたいと存じます。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

申し訳ございません。
そういうつもりは、全くございませんでした。ミックさんの信念をへし曲げようとか議論しようかなど…。意見をしようとか…ましてや反論などしているつもりも全くなく…とても軽はずみなことをしてしまいました。
お気を悪くさせてしまったようで申し訳ございません。
失礼をお詫び致します。
本当に申し訳ございませんでした。

URL | あるた ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

あるたさん、某のほうこそ大人気ない対応を恥じております。こちらこそ恐縮しております。大変失礼しました。今後とも宜しくお願い致します。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)