fc2ブログ
 A‐HA TAKE ON ME 
KRグッドルッキンコーナーPart2
今日は前回に引き続き去る10月4日(土)に行われたKROG蔵王ミーティングに参加した様々なカスタムKRを紹介する。

日本ブログ村カワサキランキング、クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/

KROG(ケロッグ)ホームページへのリンク http://u-go.to/krog/

「鉄馬再生LIFE」へのリンクhttp://motor.geocities.jp/tetsuma3ya/index.html
④初期型byKさん
これは所沢のKさんの初期型KRである。新車時の輝きを失っていない非常にきれいなマシンだが、一見してフロントフェンダーが変更されているのがわかる。

フロント側から見てもノーマル然としている。しかし…

タンクとカウルの状態は新車時とほとんど変わらないほど素晴らしい。

トップブリッジカバーに何気なく埋め込まれたスイッチに着目。まるで飛行機のコックピットを思わせるものである。なんとETC作動のスイッチ、バザードランプスイッチがまるで純正のように取り付けられている。如何にも手の込んだ細工といった感じである。

Kさんにバザードランプを点滅して頂いた。もちろん、この時代のバイクにバザードランプの付いたものなど存在しない。夜間の停車時の安全性向上に大きく貢献するアイテムである。

チェーンカバーに着目。自作のアルミ製である。見栄えも素晴らしい。

⑤初期型byTさん
実はこのカラーリングは純正には存在しない。ライムの部分はもともと赤であったが、まったく違和感のないものに仕上がっている。
一見してカスタム色の強い雰囲気のする手作りのマシンであるが、Kさんのマシン同様に非常にきれいな車両である。
チャンバーはアルファーレーシング改(サイレンサー切り詰め)であるが、見事にセッティングを出している。このチャンバーは恐ろしく軽いのでコーナーリング性に相当メリットをもたらすものと受け止めている。

KRをよく知らないなら、このタンクを見る限り、純正カラーと思われるのではないだろうか?

リヤ廻りはチェーンカバーが外され、スプロケットはゴールド。機能だけでなく、魅せるものカスタムの大きな目的である。そういった意味で、この車両は如何にもカスタムマシンに相応しい内容となっている。

ゴムラバーつきのバックステップが一見、純正と見間違うほど違和感なく装着されていた。それにしてもきれいである。全体からオーナーの愛着度が醸し出されているマシンである。

キャブレター脇に後付けされたアルミ製サブチャンバーはアルミ溶接の処理が美しい。Tさんによるとこれの装着で低速トルクが体感できるほど増したとのこと。まさに実用と外観のバランスを両立させるパーツとお見受けした。

ハンドルはアップハンドルに変更されている。これはノーマルでさえ乗車姿勢が楽なKRに更なるイージーライディングをもたらすものである。非常にセンス良く収められているのでノーマル?と見間違うほどである。

⑤初期型byみのたんさん
チャンバーはルーニー、ライト類をLED化した初期型KRはKawasakiカラーのオールライムグリーンにカラーリングされている。ワークスKR250の雰囲気に一番近いのがこのマシンである。

このマシンも非常に手入れが行き届いている。まさにオーナーの愛情が滲み出ているマシンである。

⑥KR500レプリカbyMick
私のマシンはピットクルー津田沼製のレーシングシートを装着し、チャンバーはBEET製である。デザインベースはワークスKR500の82年型である。

KRグッドルッキンコーナーは今回で完結する。皆さん、またお遭いしましょう!
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)