FC2ブログ
Big Country Harvest Home
これは去る10月5日に行われたKROG蔵王ミーティングで山形側下りのシーンである。最後尾を走るのは私の駆るKR500レプリカ、その前を走るのはside7さんの初期型ガンマ、パラレル独特のエンジン音で快走に及ぶのが非常に印象的であった。

ライバルが存在するから進歩に及ぶのは古代から永遠に続く我々人類の普遍的法則であるとともに、創造と挑戦のもたらす可能性を改めて我々に示唆するものである。

※写真撮影&提供:まつやんさん

私は敢えて車間距離を取って走ることにした。それは万が一のアクシデントに備えてのことである。前回の記事でも述べたが公道はレース場とは違う。こうしたマスツーリングに於いて、以前急停止した前車を避けようと転倒した例があったのである。

また下りは転倒した時の滑走距離が長くなるので対向車とぶつかる可能性が高い。アクシデントの要素を一つ一つ冷静に分析し、頭の中で危険予知を行い、リスクを少しでも減らす。ライディングに煩悩は大敵である。仲間に追いつきたいと思った時に既に危険の芽が出ているのだ。しかるに客観視こそが肝要と心得る。飛ばしたいという主観的要素をこうして抑える。年だから若いころのように速くは走れない。されどベテランと若手はここが違うのだ。

日本ブログ村カワサキランキング、クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/

KROG(ケロッグ)ホームページへのリンク http://u-go.to/krog/

「鉄馬再生LIFE」へのリンクhttp://motor.geocities.jp/tetsuma3ya/index.html
こうした私の走りを見て、元気がないと思ったかたが居られるかも知れないが、さに非ず。こうした自分なりの哲学で高揚しがちな己の気持ちをぐっと沈め、ただ抑えていただけである。

腰のあたりのBERIKのスーツのデザインに着目、眼鏡越しにややきつめの眼差しが後方を睨みを利かせる。私のライディングが若いころのように攻撃的でない分、ちょうど釣り合い?が取れているのかも知れない。(笑)

カスタムバイク系のROAD RIDR誌は私の最も好きなバイク雑誌である。その中にグッドルッキンコーナーなるものがある。俺のマシンを良く見ておくれといった感のコーナーだが、非常に凝ったマシンが多い。残念ながら、我がKRがこのコーナーに登場するのは過去に数度を数えたきりで今は皆無である。

いつしか自分のブログでKRだけのグッドルッキンコーナーを設けたい。こうした経緯で私は数年前からこの願望を持つに至ったのである。去る10月5日の蔵王ミーティングに参加したKRは全部で7台。私のマシンは過去に何度も紹介したので残りの6台について詳しく紹介したい。
KR250グッドルッキンコーナー
①ツキキF3仕様マシンbyすなよしさん
先ずは今回最も注目を集めた故C副会長がかつて乗っていたツキギF3マシンである。
レストアしたのはお馴染みすなよしさん、彼のエンジニアとしての技術は一流で、まさにこのマシンを託すに相応しい人物である。

自分の好みよりも、C副会長の遺志を尊重したと言って居られたところに敬服する次第である。各部に再塗装を施し、とにかく素晴らしいコンディションに仕上げられたツキギF3マシンである。

オイルは分離給油、ミッションはレース用のクロスギアが組み込まれる。すなよしさんによると吸気系はキャブセッティングをいじった形跡があったとのことであった。また低速がなく、アクセルを煽らないとアイドリングしないことからフラーホイールの軽量化やロータリーディスクをいじったことが推測される。

但しパワーバンドに入るとウイリーするほど強力なトルクを見せるという。東京のKR博士、鉄馬さんのおっしゃる通りKRの武器はトルクである。これらのことから、恐らくこのマシンはサーキットでは水を得た魚のようになるのではないだろうか?

超レアなツキギ製のチャンバー、レーサーは軽さが命。同社のチャンバーは非常に軽そうでスガヤ製のものと似てる印象を受けた。

フロントの足回りはノーマルである。

ツキギのバックステップは非常に仕上げが美しい。まさにレーシングマシンらしい機能美に溢れているものである。

ハンドルはバックステップとのバランスでこのような社外のスワロー型ハンドルに変更されている。但し現状はフロントカウルのハンドルカバー部と干渉するので欠き込み等の加工が必要である。

②S型byスミチカさん
細部が変更されているものの、基本的にノーマル然とした車両である。

スミチカさんのワンオーナー車で手入れがよく行き届いている車両である。
また点火プラグはイリジウムを使用しているだけに始動性に優れるマシンである。

ブレーキのオイルラインにはステンレスメッシュホースが使われているようであるが、これはKROGの多くのメンバーにも見受けられる手法である。

ブレーキのマスターシリンダーが他車流用のものと交換されている。

③初期型byリアルゲコタさん
今回初対面のカスタムマシンであるが様々なところに工夫が施された極めて走り屋嗜好の強いマシンである。同車はルーニーチャンバー装着とFZR250の足回り移植によって大幅に走りのパフォーマンスを上げるとともに、外観に於いて非常にシャープな印象を与えるマシンとなっている。

このマシンもバックステップが組み込まれている。

特筆すべきはKRの弱点とされる特殊なリヤショックに社外品を使っていることである。このあたりはアイディアとオリジナルにとらわれない合理的な精神を感じる部分である。

KRの弱点は足回りにある。オーナーはここに着目し、フロント部はFZR250用の足回りをそっくり移植している。驚くことに取り付け時はほとんど加工なしとのことであった。シングルディスクながら大口径で、機能強化の他に軽量化にも一役買っていそうな部分である。とにかく公道、サーキットを問わず速そうなマシンである。

リヤホイールもそっくりFZR250から移植している。

KRにダウンハンドルを取り付けるとフロントカウルに干渉するのが恒であるが、こうして切り欠くことで難なく問題をクリアしている。

ハンドルも社外品であるがアルミの削り出しが美しい。またステアリングダンパーも取り付けられている。

次回は残りの3台についてお伝えしたい。
関連記事

コメント

No title

joeyrockさん、このBIG COUNTRYは今回シリーズでBGMに採用させて頂いていますが、一曲一曲、記事に相応しい曲を厳選しています。
即ち、これから霊峰蔵王にクライムする時は山に敬意を示す。そして今回のような仲間のマシンを紹介する際は高揚感に溢れた曲をチョイスする。joeyさんには聴いて頂いただけで感謝しております。

ところでそれがしのライディング中の後姿は生まれて初めて見ました。これも4輪車で同行したまつやんさん(三番目のマシンのオーナーであるリアルゲコタさんのご尊父)のお陰と心得ます。

今は、近年になく楽しいミーティングを終え満足しています。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

リアルゲコタさん、貴兄のKR、足回りに、技あり&アドバンテージありと拝見させて頂きました。
今のままで十分に戦闘力が高いのでいじる必要があるかどうか微妙ですね。
こうしたカスタムバイクは機能のみでなく見栄えも大切ゆえ、このマシンは相当のレベル(機能と見栄えの両立)と感じています。
それがしを含め、他のメンバーもカルチャーショックを受けたのでは?と思うほど非常にインパクトがあります。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

スミチカさん、ノーマルが一番とは副会長の名言であり、多くの仲間が感じるところと受け止めております。
何よりもトラブらない。長く乗るのを考えればこの選択になります。これは陸前高田の故Sさんも実践されていたことなのでよく理解しています。
イリジウムプラグは大変参考になります。すなよしさん紹介の例のジェットニードルと組み合わせることで最強となりましょう。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

布遊さん、所詮バイクは自己満足の世界ですが、同じ志を持った仲間が集うとその楽しさが倍化、否乗化されます。
その奥義はご自身の趣味であらせられるパッチワークとなんら変わりございません。
このようなバイク記事にコメント、ナイスを頂き感謝しております。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ゴンゴーさん、以前はバイクライディングと哲学がどうしても結びつかなかったそれがしにごさいますが還暦間近となった今、ようやく二者一体のものになって参りました。
されど開けるべきところではしっかり開けてチャンバー内にカーボンが堆積しないようしております(笑)
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、バイク記事にコメントを頂き感謝しています。
睨むというよりは睨まれることのほうが遥かに多いそれがしであります(笑)
スーツは安全性もさることながら仲間への礼節であり仁義と受け止めております。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、下りは登りよりも神経を使います。特に前に車がいないとどうしてもオーバーペースに陥りがちになります。
ここが危ない。これを己の内面から抑制してくれるのが哲学であります。
2500年経ても普遍性に於いて変わらない。ゆえに哲学。これも一連のことでそれがしが天から授かった副産物と受け止めております。
今後とも宜しくお願い致します。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やまめさん、趣味は違えどブログ運営は心の交流が核であり、それを成すには人様への仁愛に努めるのが肝要と心得ます。
貴兄からはいつも暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。貴兄からは今、いわき-仙台直通というシルクロード、或いは貿易航路を経てそれがしに異質な文化、情報が大量にもたらされています。
ここに感謝申し上げます。今後とも宜しくお願い致します。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お仲間のマシンをUPされる・・・そこにMick!さんのKRへの強い愛着が
非常に良く感じられ、そしてそこには人間性もにじみ出ている、
そんなふうに感じ取れて、素晴らしい・・・今、感動すらしています。
益々の繁栄を心から祈っています^^

URL | 5 3 8 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミーティング時のツーリングいいですね(*^_^*)
後ろを走られると、2ストの音と煙と匂いに包まれて陶酔してしまったのではないでしょうか?(笑)
走りに対する哲学も、ベテランの熟成の域だと思います(^^ゞ
これからも、楽しいバイクライフをと願うものです!!

KR250グッドルッキンコーナーは、イイですね(・ω<)
同じKRに乗っている者としては、皆さんがどの様にして維持・カスタムされているのに興味が有ります。
参考にさせて頂きますねm(__)m

URL | hide ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは。

ツーリングいいですね、四輪車と違った走行技術が必要
でしょうね。
経験の蓄積が安全運転に結びついていますね。

ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ルンさん、それがしは主催者にごさいます。しかるに引き立て役に徹しなければなりません。
仲間のマシンをこうして讃え、持ち上げるのも仁義と心得ます。
それにしても気持ちのいいクルージングが出来ました。ありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

hideさん、そちらと陸続きだったらお会いできるかも知れませんね(笑)
九州は2stミーティングが盛んなようでいつも興味深く拝見させて頂いております。
ROAD誌のグッドルッキンコーナーは昔から好きで港湾を背景にしたバイクの写真などに惹かれるものを感じます。
KRだけのグッドルッキンコーナーを掲載できたことを嬉しく思います。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、ベテランにはベテランの走り方がごさいます。即ち煩悩に支配されないクールな走りであります。
今後とも宜しくお願い致します。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
ミーティング楽しめたご様子を拝見しました。
バイク乗りの皆さんのこだわりには感心するばかりです。
私はバイクを見るのが好きで走ってる姿を見るとテンション上がります。
ただのミーハーですからバイクの仕組みは全く解りません。
でも、皆さんのバイクへの愛情はたっぷり感じることが出来ました。
バイクのシーズンもあと少しでしょうか?安全に楽しんで下さいね。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

まゆさん、バイクは寒さや雨風に弱い乗り物にごさいます。しかしそれを補って余りある長所がごさいます。それは鳥になった気持ちを偽りもなく己のものとすることにごさいます。
この日はそれがしも鳥になって参りました。トラベルマイスターであられますご自身からこのような暖かいお言葉をかけて頂き恐縮しております。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

蔵王ミーティングお疲れ様でした。
副長の秘蔵していたF-III仕様が綺麗に復活していて感動です!
実はリアルゲコタさんの車体を昼間の画像で見たのも初めてだったりします。
足回りはKRの生き残りを賭けた有効手段として参考にすべきかと思う次第です。

URL | w32*kl*z_* ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

KROG RED WINGS会長、御意に御座います。副会長も喜んで居られると心得ます。
今後のKR生き残りに関する高察を賜りました。それがしも老体に鞭打ち、来年は是非ご一緒させて頂きとう存じます。(笑)
コメントを頂き感謝しています。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お久しぶりです、すっかりご無沙汰してしまいました。
バイクツーリングは、快感でしょうね~。
門外漢なので(あ、漢じゃないですが)専門的な事は解りません。
でも生身の身体で乗るわけですから、危険とも隣り合わせ!。
ミックさんが仰るように、技術もですが、精神的な自制心も、重要なんでしょうね。
スーツが・・・お茶目で可愛いです♪
道中、シッカ!と、見守ってくれることでしょうね(*^^)v

URL | シャーロック2013 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

シャーロックさん、趣味の違う記事に暖かいコメントを頂き感謝しています。
バイクと哲学は一見別物に見えますが、さに非ず。二者一体で始めて形となるものにごさいます。
しかるに自制心なき者、バイクに乗ることなかれ、猪武者は無用と踏んでおります。
今後とも宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)