fc2ブログ

 BigCountry East of Eden 



※昨日時間指定投稿を間違え、皆様に記事更新の通知が行き届かなかったことをお詫びするとともに、それにも関わらず、既にお二方からコメントを頂いたことに感謝申しあげます。

さて昨日の10時半、私は今から走るであろう明峰蔵王に目をくれた。運命のダイスは既に振られたのだ。自分は偉大な蔵王の前では砂粒にも満たない存在である。だからこうしてきょう走らせてもらえるだけで感謝に及ばねばならない。このような謙虚な気持ちがセーフティライディングに繋がるのだ。

大変大雑把であるが本日の走行ルートを航空写真でご覧いただきたい。
トータル走行距離:およそ200キロ。公道はサーキットではない。しかるに全開走行できるのは百分の一にも満たない。
残りの百分の九十九は辛抱するしかないのである。否、言い換えるならば、この百分の九十九の辛抱に耐えた者のみ、抑えることの極意を知った者のみがアクセル全開に及ぶ好機にありつけるのである。
多くの物事には多面性がある。さればバイクライディングもまったく同じである。
私はそれを百も承知の上でKRにライディングしている。その気持ちはこれからもけして変わらない。

蔵王山頂は深い霧に覆われ、気温は15度を切っていた。私はあまりの寒さにレストハウスのショップでビニール合羽を購入した。



日本ブログ村カワサキランキング、クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/

KROG(ケロッグ)ホームページへのリンク http://u-go.to/krog/

「鉄馬再生LIFE」へのリンクhttp://motor.geocities.jp/tetsuma3ya/index.html
ショップから出てくると一瞬自分の目を疑った。それは駐車場には七台ものKRが止まっていたからである。

発売から三十周年経つKR250、今の若いかたには知名度も低いことだろう。だが新たに22歳で仲間に加わったかたが来て居られた。私とは3回りも年が若いが、若い力は宝と心得る。

KR勢の到達後、隣にはKawasaki Z系のミーティング(ほとんどのかたが福島県いわき市より来訪)が行われていた。
そこは同じKawasaki同士、すぐに打ち解けお互い話題が弾んだ。

強風と寒さゆえ、或るかたの提案で山頂を離れることと相成った。山頂とは打って変わり、秋晴れに見舞われる山形側レストハウス。

身震いするほどの寒さに晒されたメンバーの食欲は旺盛である。
ライダーの性だろうか?このようなときは本能的に高カロリーのメニューに人気が集中するのである。

私が選んだのはカツカレー、優に1,000キロカロリーを越えていたであろう。
だがこの状況にあってはこうした選択(本能に任せたもの)になる。逆に言えば高カロリーの王様であるカツカレーが食えなくなった節にはバイクを降りねばならないと心得ている。

されど、老いぼれるにはまだ早い。まだまだカツカレーが食えそうである。神はこの日に及んで、再び、三度、そのような私にKRのハンドルを握らせたに違いない。

食事を終えて再び外に出た。新潟県長岡市からはるばる来て頂いたすなよしさんと歓談する私。彼に亡き副会長のマシンのレストアを任せたのは正解だった。彼には心から御礼申し上げた。もちろん、ご遺族であるお母様や弟さんのお気持ちを重ねた由縁によるものである。

この後、全員で集合写真を撮った。7台のタンデムツインが揃ったのは4年半前のいわきミーティング以来のことであった。いつしか二桁の数字に載せたいと思う次第である。

夕方5時に帰宅した私はすなよしさんから頂いた新潟県長岡清酒「朝日山」を今年初の燗で煽った。

この季節に燗酒に及んだのか?種を明かそう。理由は二つある。実は彼から頂いた長岡清酒「朝日山」をシート下に入れたまま帰宅した際、エンジンの余熱で自宅に到着するころには既に燗酒になっていたゆえ、もう一つは昨日の蔵王山頂があまりにも寒かったためである。

越後武者の彼とは武者同士、いつしか男の盃を交わしたいと思っている。

皆さん、またお会いしましょう!
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)