FC2ブログ

 BigCountry East of Eden 

今日の10時半、私は今から走るであろう明峰蔵王に目をくれた。ダイスは既に振られたのだ。自分は偉大な蔵王の前では砂粒にも満たない存在である。だからこうしてきょう走らせてもらえるだけで感謝に及ばねばならない。このような謙虚な気持ちがセーフティライディングに繋がるのだ。

大変大雑把であるが本日の走行ルートを航空写真でご覧いただきたい。
トータル走行距離:およそ200キロ。但し全開走行は百分の一に満たない。
残りの百分の九十九は辛抱するしかないのである。否、言い換えるならば、この百分の九十九の辛抱に耐えた者のみがアクセル全開に及ぶ好機が訪れるのである。
私はそれを承知の上でKRにライディングしている。その心意気はこれからもけして変わらないものである。

蔵王山頂は深い霧に覆われ、気温は15度を切っていた。私はあまりの寒さにレストハウスのショップでビニール合羽を購入した。

ショップから出てくると一瞬自分の目を疑った。それは駐車場には七台ものKRが止まっていたからである。
発売から三十周年経つKR250、今の若いかたには知名度も低いことだろう。だが新たに22歳で仲間に加わったかたが来て居られた。私とは3回りも年が若いが、若い力は宝と心得る。

KR勢の到達後、隣にはKawasaki Z系のミーティング(ほとんどのかたが福島県いわき市より来訪)が行われていた。
そこは同じKawasaki同士、すぐに打ち解けお互い話題が弾んだ。

強風と寒さゆえ、或るかたの提案で山頂を離れることと相成った。山頂とは打って変わり、秋晴れに見舞われる山形側レストハウス。

身震いするほどに晒されたメンバーの食欲は旺盛である。このようなときは本能的に高カロリーのメニューに人気が集中するのである。

私が選んだのはカツカレー、優に1,000キロカロリーを越えていたであろう。
だがこの状況にあってはこうした選択(本能に任せたもの)になる。逆に言えば高カロリーの王様であるカツカレーが食えなくなった節にはバイクを降りねばならないと心得ている。

されど、老いぼれるにはまだ早い。まだまだカツカレーが食えそうである。神はこの日に及んで、そのような私にバイクのハンドルを握らせたに違いない。

食事を終えて再び外に出た。新潟県長岡市からはるばる来て頂いたすなよしさんと歓談する私。彼に亡き副会長のマシンのレストアを任せたのは正解だった。彼には心から御礼申し上げた。もちろん、ご遺族であるお母様や弟さんのお気持ちを重ねた由縁によるものである。

この後、全員で集合写真を撮った。7台のタンデムツインが揃ったのは4年半前のいわきミーティング以来のことであった。いつしか二桁の数字に載せたいと思う次第である。

夕方5時に帰宅した私はすなよしさんから頂いた新潟県長岡清酒「朝日山」を今年初の燗で煽った。
種を明かそう。彼から頂いた長岡清酒「朝日山」はエンジンの余熱で自宅に到着するころには既に燗酒に相応しいものとなっていたからである。

越後武者の彼とは武者同士、いつしか男の盃を交わしたいと思っている。

皆さん、またお会いしましょう!
関連記事

コメント

No title

本日は、ホスト役お疲れ様でした。
さすがに疲れが出てるのか、とーちゃんさんから
ミックさん元気無いんだよね。とか聞きまして
心配も有るのですが、KR乗ったらそんなん言ってられないですね。
連日に渡って相談の電話連絡、本当にありがとうございました。
初めてお会いした時からKRを手に入れて参加するという約束も長くなりましたけど無事に遂行出来、肩の荷が下りた思いです。
殆ど、ミックさんのお陰でKRと言う愛車が出来、嬉しく思ってます。
次は、ゆっくり一杯やりましょう。
もちろん皆様とも楽しい夜を過ごしたいと思ってますので
またまた、次回の企画楽しみにしてます。
本当2桁並べたいですね。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

URL | すなよし ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
ミック様、先ずコメントが遅れまして申し訳ございません。この記事がこちらに到着しておりません。今こちらにお邪魔して気づきました。その失礼を何卒お許し下さい。
所でミーティング盛況だったようですね。台風が近づいていましたのでどうなる事かと思っておりましたが。良かったです。天も味方したようですね(嬉)。ミック様の姿が格好良い。ライダー姿がお似合いになりますね。そしてカツカレー。これ実は大好きなのです。もう何年も食べておりませんが。こんな時に食べるのは最高の食事になるのでは。そして帰ってくれば美酒にお酔いになる。最高の日だったと思います。素晴らしい。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)