fc2ブログ
仙台市地下鉄東西線その3(東部セクション)
きょうは来年度の開通が待たれる仙台市地下鉄東西線の東部についてお伝えする。
本日紹介するセクションは黄色で囲まれた部分である。

建設の総事業費は2,298億円のうち半分以上が国で負担することになる。この辺は政令指定都市のメリットといった印象を受ける。

駅から駅までの所要時間である。東の端(荒井駅)から西の端(八木山動物公園駅)までわずか26分とは驚異的な短時間(バスだと2.5倍近い時間)と言える。既設の南北線と組み合わせることでビジネスやレジャーに広く使えそうである。

今回紹介する駅は①仙台駅、②宮城野通駅、③連坊駅、④薬師堂駅である。

漢字の「井」の字のように各路線が複雑に交差する仙台駅。ここで素朴な疑問が湧く。南北線と東西線はなぜぶつからないのだろう?

その秘密は高さ(深さ)の違いにあるようである。
黄色:南北線、赤:東西線。
東西線は仙台駅周辺に於いて、非常に地下深い部分を走るようである。この辺りは市街地化が急速に進んでいるので、更なる利便性が期待できる。

宮城野通駅は仙台駅東口に位置するが仙台駅とは目と鼻の先である。
黄色がJR在来線仙台駅、赤が宮城野通駅である。

連坊駅は仙台一高と隣接している。この辺りは住宅地の中に寺が散在している地区である。

薬師堂駅は陸奥国分寺などの史跡にも近いし若林区役所や若林図書館に行くときも使えそうである。また駅前広場があるのにも注目したい。

薬師堂駅の別なビュー。上部の中央にあるのが宮城スタジアムである。但し、宮城スタジアムにはJR仙石線の宮城野原駅のほうが近接している。

地下鉄の工事現場である。工事が順調に進み、心より事故がないのを祈りたい
工事に従事する皆様、何卒ご安全に!

次回は最終回として東部セクションの端部(卸町駅~荒井駅)を紹介する。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)