FC2ブログ
 烈士伊東七十郎墓所を訪ねて
去る8月23日(土)のことだった。仙台市南東部に位置する霞目で横綱谷風の墓を訪れた私はその帰り道に市営バスに乗り、若林区新寺地区を訪ねた。目的は寺巡りである。一つ目の寺を見終わった私は駅のほうに向かった。すると歩くこと数百メートルで由緒のありそうな古刹の前を通りかかった。寺の名は栽松院である。

都心の中の寺町なのにミンミンゼミの鳴き声が賑やかである。緑陰が束の間の涼をいざなう。夏の盛りは過ぎたとはいえ、秋にはまだ早いといった風情である。

この寺にどんな人物が眠っているのだろう?と思い、ふと山門脇の石碑を見ると「烈士伊東七十郎重孝一族菩提所」と刻んであった。私がこの日こうして伊東一族の菩提所を見つけたのはまったくの偶然であり、私は大いなる感動を覚えつつ、何らかの因果を感じた。果たして彼は通りすがりの私を呼び止めたのだろうか?

伊東七十郎は伊達騒動(寛文事件)に関わり、仙台藩乗っ取りを企んだ伊達兵部の暗殺を図りながらも密告によって未遂に終わり処刑された人物である。

1970年NHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」での伊東七十郎は俳優伊吹吾郎氏が熱演したものでまさにはまり役であった。人を見据えるような眼差しからは豪快で酒を好み、女にもてたとされる彼の気骨が表れている。

伊東七十郎(1633~1668)
祖父である伊東重信は、戦国時代に伊達政宗に仕え、天正16年の郡山合戦において政宗の身代わりとなって戦死している武功ある家柄であるが本人は仙台藩平士であった。京都や江戸で国学や兵学を学び、文学にも通じるとともに体力に優れ、武芸にも通じ、生活態度は身辺を飾らず、その内面に烈々たる気節を秘めた直情実践の士とされる。

※伊東家の家臣である鷺坂の陰謀で捕まった伊東七十郎。無双とも言える剛力だっただけに5人がかりの捕物となった。(大河ドラマ「樅ノ木は残った」より)

伊達氏仙台藩の寛文事件において、伊達家の安泰のために対立する一関藩主である伊達兵部を討つことを甥である伊東采女重門と謀ったが、事前に計画が漏れて捕縛され寛文8年(1668年)4月28日、誓願寺河原にて斬首される。彼は事件後は罪人として扱われ一家は流刑、禁固となったが、後に4代藩主、伊達綱村から忠節を理由に伊東家再興を認められた。

彼は処刑される四日前に『人心惟危 道心惟微 惟精惟一 允執厥中』云々という言葉を直筆の書に残している。絶筆となった彼の書の「誠」や「執」の字の跳ね具合に着目して頂きたい。烈士らしい信念に満ちた力強い筆跡である。またこの言葉の出典は中国の書経であり、彼の教養の深さが十分に伝わるものである。彼は烈士でありながら文武両道に秀でた武士であった。

ところで「書経」に書かれたこの人心惟危 道心惟微 惟精惟一 允執厥中意味は『人の心は肉体があるから、物欲に迷って邪道に陥る危険があり、本来人に備わってる道義の心は物欲に覆われ微かになっている。それゆえ人心と道心の違いをわきまえ、煩悩にとらわれることなく道義の心を貫き、天から授かった中庸の道を守っていかねばならない。』というものである。
※諸橋轍次編集「中国古典名言事典」より

まさに彼はこの言葉通りに煩悩を捨てて道義(仙台藩存続のために伊達兵部を討つ)に生きた武士の中の武士であった。

※栽松院の境内には樹齢1000年以上と言われるシラカシの木が植えられていた。もちろんこの木は七十郎が葬られた時の一部始終を見守ってきたに違いない。歴史の生き証人と言っても言い過ぎであるまい。

航空写真で栽松院の位置を確認して頂きたい。新寺通りではやや南の奥に位置しているもののここから仙台駅へは徒歩十分少々といった地点である。

伊東家一族の中央に彼の墓はあった。後に作られたと見られる焼香台と花立があるが遺族の図らいと承った。寺の中の他所から移設を経てここに収まったとみて良いようだ。

左側の字に注目して頂きたい。伊藤七十郎重孝と確かに読み取れた。ブログ仲間であるロッソさんによると、この戒名は罪人として葬られた時はなく、伊達家から伊東家再興を認められた後に彫られとのことである。

墓石の刻字から左隣は彼の叔父であった伊東新左衛門の墓らしい。私は最後脱帽して深々と頭を下げた。侍の数は多けれど烈士と言われた人物は少ない。主君はなくても藩存続という大義に命を捧げた烈士伊東七十郎。私も小事に拘らず彼のような剛毅な生き方にあやかりたいと思った。
関連記事

コメント

No title

こんばんは。立派な山門に目を奪われました。偶然訪れたとの事ですが、ミック様を伊東七十郎が呼んだのかもしれませんね。興味がわいて、伊東七十郎について検索して調べてみましたが、文武両道の素晴らしい人物で江戸にも名声がとどろいていたようですね。処刑時のエピソードも忠義重んじる、真の侍らしいエピソードと感じました。ミック様があやかりたいと願うのも納得です。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは

何とも偶然に 寛文事件の関係者 伊東七十郎の墓を
見つけられたのですね。
不思議です。問題意識を持っていると遭遇することがあるのですね。
死の4日前の文字にも 心打たれます。
何の迷いもない 清々しい文字とお見受けします。

ほんとうに 正宗だけの伊達藩ではないようですね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

偶然とはいえ、こういう出会いは感激しますね…。。。裏から言いますと、常にそういう意識が頭の中にあるからこそ、出会えた発見ですね…。。。

貴兄の歓び、よ~く理解できますよ…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

出会いは必然だったのでしょうね。
その場所が、ミックさんの潜在意識に呼びかけたのでしょう~
わたしも、今日は古いお寺を訪ねました。
落ち着きますね♪

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

打ち首は武士にとっては一番の恥ですからね、戒名も許されないでしょう。
それが家名再興を許され、その子孫が今でも連綿と続いている。
伊藤一族の誉れでしょう。
烈士という肩書きが最も似合いますね。
今日も心揺さぶられる記事に接し感謝しています。
ありがとうございました。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
本当に偶然とはいえ、出会うことが出来たのは
彼がミックさんの足を止めたかのように感じます。
主君はなくても藩存続という大義に命を捧げた烈士、と言われるのに相応しい方ですね。
最後の直筆の書も素晴らしいと思います。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
偶然とはいえ、素晴らしい人物の墓と出会いましたね。
寛文事件に係わりがある 人物とは凄いことだと思います。
伊東七十郎、ほんと男の中なの男と言った感じの人物のようですね。
ミックさんに通じるものが、あるように思います。
訪ねられた墓を通して 素晴らしい人物を紹介してくださり、ありがとうございます。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、伊東七十郎は侍の中の侍という気が致しております。
「樅ノ木は残った」の中では平士の身でありながら身分の垣根を越え多くの仙台藩士と堂々と渡り合うところに感心しました。
豪放で小事にとらわれないスタンスが某の共感を呼びました。是非このような人物にあやかりたい所存です。
いつしか彼に関するエッセイも書きたいと思っています。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、伊東七十郎は侍の鏡ともいうべき人物であったと受け止めております。
この書を見ると彼は剛毅でありながらエリートであったことが窺い知れます。
平士ゆえ主君がない彼にとって仙台藩の存続が大きな大義でした。最後の最後までその大義に生きた男こそが七十郎であります。また5年少し前にブログ仲間のあるかたが既に訪れ、彼の遺骨に接していたということに大変驚いています。
この感動を是非エッセイに著したい所存です。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、一週間経ていまだに感動の余韻が収まっていない某です。
彼のように烈士と言われる人物はそう多くは居ないと思います。斬首されたときは罪人でも時を経て藩主から忠節を認められた非業の侍に、改めて哀悼の意を捧げたいと思います。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

布遊さん、寺巡りをしていると、このようなこともあると自分に言い聞かせております。
彼こそは某にとって意中の人物だっただけにその感動は極めて大きいと受け止めております。
確かに寺巡りをしていると心が浄化していくのを肌で感じます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

銀輪さん、本記事の核心に迫る考察を賜り感謝しております。仙台藩には原田甲斐や伊達安芸もおりましたが、彼のような剛毅な武士の多くの犠牲の下でその存続がもたらせられたのだと痛感しています。
大義に生きた彼はいずれ己の正しさが認められるときを信じて旅立っていったのだと思います。
彼は郷里の誇る侍であり、仙台藩の鏡です。及ばずながらもそのような彼に是非あやかりたい某であります。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、封建制度という身分の壁を乗り越え、大義に生きた侍こそが伊東七十郎でした。「樅ノ木は残った」の中では数々の豪傑ぶりが出て参りますが彼はエリートでもありました。
その彼にこうして逢えたのは至福の極みというほかございません。この感動をいつか歴史エッセイに織り込みたいと考えています。彼ほど熱血漢という呼び名が相応しい人物もないと心得ます。某も是非あやかりたいと存じます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やまめさん、伊東七十郎は某のブログに数度登場していますが、極めてインパクトの強い武士と受け止めております。
即ち多くの人間が私利に走りがちな世において最後まで藩存続という大義に命を賭けたスタンスであります。
そろそろ没後350年が過ぎようとしていますが、その大義は今もこうして人々の心の中に生きております。
ゆえに彼こそは郷里の誇れる人物と察しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは~

伊東七十郎・・・武芸も優れ知識もあり向上心のあった藩士なのですね。
仙台藩乗っ取りを企てたモノを退治しようという正義感もあったのに残念なことになった方ですが、このドラマの役所の方もイメージ通りですね~

この裁松院は向かいのナイスアーバンに友達が住んでいるので行ってみたことがあります。四季を通じて気持ちが落ち着くお寺でした。
ミックさんの気持ちが通じたのでしょうね~
呼び寄せた・・・と言っても過言ではないでしょう。
伊東さんも、この記事をきっと嬉しいに違い有りません。☆´∀`☆

URL | ミント ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お寺巡りも、いろいろな発見があっていいものですね。

ミックさんも、ずいぶんお寺回りをされているようですが、いつも、素晴らしい人物や仏閣に出会う事が多い
ように思えます。

これからもブログを楽しみにしています。

URL | yoko ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、ブログ仲間のロッソさんによると石巻の広渕というところに彼の生家跡もあるとのことでいつか足を運んでみたいと考えております。
この大河ドラマはビデオもない時代で今は総集編として上下二巻がVHSビデオで残るのみとなっています。
某は図書館で3回に渡って繰り返して観ました。やはり動画は文字よりもインパクトがあります。
ドラマを観ると彼は本当に熱血漢で豪快な人物であったという印象を強くします。
豪傑の多くは学に疎い傾向にありますが彼の場合は異なり文武両道でした。
興味深いことは彼は儒学を仙台で学んだことです。武士にとってもっとも大切な思想である儒教を地元で学んだことになります。
この意義は大きかったと受け止めております。
四代藩主からの伊東家再興を認められ彼も胸を撫で下ろしているのではないでしょうか?
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

yokoさん、暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。ブログ運営にはモチベーションキープが大切な要素となります。
従ってご自身からこのようなお言葉を頂いた意味は極めて大きいと受け止めております。
ブログに於いては表面上に捉われるのではなく、何よりも人との繋がりに重きを置きたいと考えております。
信頼構築により、人様との繋がりが出来れば自ずと様々な情報が入って参ります。
これが有意義な文化交流へと発展するのだと思います。休日の古寺巡礼はここ数年前から始めた比較的新しい趣味ですが、心を平らかにする意味に於いて効果のあるものと感じています。
今後とも宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

とっても運命的な偶然でしたね。
きっと呼ばれたんですよ。
伊達藩に忠義を尽くした方たちは
本当に武士の中の武士と思える方が多いですね。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

まゆさん、ありがたいお言葉を頂戴し恐悦至極に存じます。
伊達藩のことをお褒め頂くことは己を褒めてもらうことより嬉しことです。
おかげ様でいいモチベーションを頂きました。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)