fc2ブログ
   仙台市東部を歩く
私は楽観主義者である。ブログを運営していると様々な方からお気遣いを頂くことがあ。これは大変ありがたいことである。但し数々の修羅場を乗り越え、場数だけは踏んでいるがゆえ、困るほど深刻には考えていない。能天気こそが唯一の取り柄と心得ている。

先週の土曜日(8月23日)、仙台市東部のトラックターミナルを訪ねた私が次に向ったのは若林区の卸町である。ここはその名の通り仙台の卸町街。以前二三度、本ブログで紹介した地区である。震災の傷もようやく癒え、以前の活気が戻ってきた感がある。

この建物は昭和中期ころの建築と思われる。以前もブログに掲載した建物であるのをご容赦頂きたい。

以前ブログに於けるスポットの重複をあるかたから指摘されたが、同じところを廻ってもその感性は微妙に異なるものである。私はその心境を、否感動をリアルタイムで皆さんにお伝え出来ればと感じている。

歩行ルートを確認して頂きたい。
苦竹
卸町
大和町
遠見塚(仙台バイパス)
霞目(目的地:横綱の谷風墓)

卸町あたりで1940年代のアメ車と見られる旧車に出くわした。正義のヒーロー、バットマンが乗っていたような車だが重厚感に溢れたデザインが気に入った。

これは老舗の金物店である。昭和40年前後の築年でないだろうか?
茶系統を基調とした落ち着いたデザインが気に入った。

仙台バイパスはご覧のように6車線である。関東平野ほどではないが仙台平野も広い。言い換えれば沖積層がもたらした恩恵とも受け取れる。

霞目自衛隊駐屯地まで来た。ここから谷風の墓までは1キロ弱である。
風はほとんどなく結構暑い。ミンミンゼミの鳴き声にヒグラシが混ざっているのを聞くと秋がさほど遠くないのを感じる。

江戸時代後期の大横綱、二代目谷風梶之助は彼の生家跡の近くで松の木に抱かれるように眠って居られた。



これは錦絵を基に作られたと見られる谷風梶之助の蝋人形である。
無敵の横綱(二場所制63連勝の大記録を持つ)らしく自信に溢れた表情と人格のにじみ出た外見である。

彼が横綱となった江戸時代後期は力量だけでは横綱になれない時代であった。
人格、体格にも優れ他の力士の模範となる力士に限られていたのである。文字通り彼は何拍子も揃った大横綱であった。

横綱谷風の墓を見学した私は市営バスに乗って次の目的地に向かった。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)