fc2ブログ
或る土曜日、仙台トラックターミナルを訪ねて
私は人から使われるのが苦手である。だからサラリーマンには向いてない。この性格が災いし、今まで何度も冷や飯も食わせられてきた。だが最近は冷や飯とて悪くないと考えている。冷や飯は水を差せば柔らかくなるし箸も通るようになるからだ。冷や飯とて兵糧には違いないのだ。どんな兵とて兵糧責めされ、食を断たれればたちまち参ることだろう。兵糧責めと冷や飯とはまったくの別物である。従って昨今冷や飯が出てくれば大相撲の関取のように手刀を切って、これをありがたく頂戴することにしているのである。

サラリーマン生活も残すところ後僅かである。今更転業してもしかたない。ましてこんな頑固者を雇用してくれるところなどはどこにもない。ここは惰性で乗り切るしかあるまい。だが私はここで自問自答に及んだ。そんな型破りな人生にあっても、もしもう一度やり直しが利くならばどんな職業が適していたのだろう?

昨日、私は早朝の電車に揺られながら、このような取り留めもないことを考えていた。そんな思いつきを胸に秘めつつ向かったのはJR仙石線苦竹駅である。時刻はまだ七時十分を過ぎたばかり、いつものこの時間は勤め人で賑わうこの駅だが土曜日の早朝とあって人影はほとんどない。

この駅は立体式の高架橋の上にある。ビルで言えば4階建てと同じくらいである。
ホームからこれから行くであろう方角(南東方向)を望んでみた。手前の青い屋根の建物は自衛隊苦竹駐屯地である。

この日のおおよその経路を地図でご覧頂きたい。片道で7キロほどの行程である。

苦竹駐屯地の北門である。確かこの辺りはブログ仲間のKさん(現在青森県在住)が以前お住まいだった近くと記憶している。敷地の外でゴミ拾いをしていた隊員さんらしきかたに道を訪ねたことろ、極めてインパクトの強い沖縄なまりで教えて頂いた。自衛隊員はやはり日本全国いろいろな出身地から来ているのだと察し、感心した次第である。

駐屯地北門から約1キロ歩くと仙台東警察署の前に差し掛かった。

警察署の前の一本道(歩道)を延々と歩くそれがし、目は老眼が進んだものの足は衰えていない。これが唯一の取り柄である。

土曜日の早朝とあって車の通りが少なく気持ちがよい。曇空ゆえに気温が抑えられているのも幸いである。

四車線の歩道をしばらく歩くとこのようなポプラの美しい横丁が目にとまった。
さすれば予定変更してでも、この道を行くしかない。気楽な散策ゆえにもともと予定などあってもないに等しいのである。

ポプラの街路樹を楽しみながら、好奇心の赴くままに歩いた。いつの間にか気まぐれな私は元の四車線のほうに戻されていた。

ここで面白い建物を発見した。仙台T.Sとは一体何なのだろう?

実はT.Sはトラックステーションの略で、トラック協会が作った厚生施設(トラックドライバーのためのシャワー室、トイレ、簡易休憩所)のようである。トイレを借りるつもりで中に入ってみた。

あづま茶屋はちょっとした喫茶店であるが、AM8時開店ということで残念ながらまだ開いていなかった。

トラックドライバーの便宜に答えるために、掲示板にはこのような交通情報が掲載されている。

冒頭の話に戻るが、人に使われるのが苦手な私としては、もう一度人生がやり直せるのなら、このようなトラックドライバーという選択もけして悪くない思った。

しかしながら、これは単なる私の抱いた都合のよい妄想であり、現実は甘くないのかも知れない。彼らは彼らで時間に追われ、眠気と常に戦わなければならない。要は全てに於いて楽な仕事などないのだ。長距離便のトラックを目の前にして私はそのように自分に言い聞かせ次の目的地へと向かった。

次回は若林区霞ノ目地区の横綱谷風の墓についてお伝えする予定である。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)