FC2ブログ
   歴史エッセイ執筆の依頼
盆休みも中日を折り返し残りの日数のほうが少なくなってきた。本日私が向かったのは或る文芸誌の編集者である井上康氏宅である。氏は都心に近いマンションの高層階に居を構えて居られ、自身が立ち上げた文芸誌「みちのく春秋」の記事の取材から記事の構想、編集に至るまでの仕事を精力的にこなしている。

私としてはその真摯な姿勢に畏敬の念を抱き、お付き合いさせて頂いている。先日のことであるが氏から或る仕事の依頼があった。下話は既に済んでおり、きょうは具体的な打ち合わせと相成った。私は昼前に北仙台駅で電車を降り、彼のマンションへと向かった。

青葉区雨宮町のマンション街の脇の横丁を通った。盆休みとあって人通りはかなり少なめである。

井上氏の住まいのあるマンションからの眺めである。上階のほうにあるのでビル街を通り越してかなり遠方まで見渡せる。官庁街や飲食街に近接していてなにをするにも便利な土地柄である。

みちのく春秋は創刊から三年目で13号に及んでいる。東北六県の範囲でエッセイや小説、詩などの文芸を扱っているが、昨今は作家の層が厚くなってレベルが上がってきたとのことである。

今回依頼があったのはある会員制仏具店の定期配布パンフレットに掲載される歴史エッセイである。私は寛文事件(伊達騒動)に関するものを考えている旨を伝え、氏からは承諾を頂いた。エッセイ執筆についてはこれから精一杯取り組むつもりである。

打ち合わせの後で近くの仙台牛の店で昼食をごちそうになった。

店の名は「かとう」。なかなか落ち着いた雰囲気の店であった。

さすがに店内では撮影できなかったので同店のHPから転用させて頂いた。これは仙台牛の焼肉重である。柔らかくてなかなか美味しかった。

同氏とは食事をしながら様々な文芸談義に及んだ。同氏は鬼平犯科帳を読破しているだけに池波正太郎に関してはさすがに詳しく、池波の生前の食い道楽と作品への引用のことなどで話が盛り上がった。同氏には厚く礼を述べて別れた。

明日からはこのエッセイ執筆に取り組む所存である。
関連記事

コメント

No title

この様な事が実現して、やはり
その道を一生懸命 歩んでいたからこそ・・・
と思いました・・・。

まずは地元の人々にお披露目ですね・・・。♪

URL | と記ど記に記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
いよいよ始動ですね。
ここから執筆への第一歩でしょうか。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
エッセイ執筆の内容が固められ、いよいよ作品へ向けての始動ですね。
こうやって形に残り多くの方に読まれるのは
本当に嬉しいです。
お弁当、パワーがつきそうな焼肉重ですね!
楽しみにしています。頑張って下さい!

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
依頼エッセイの執筆、いよいよですね。
ご健筆、心よりお祈りいたします。
そして楽しみにしております。
新たな第一歩、ナイス!です。

URL | はぐれ雲 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

執筆活動開始、おめでとうございます。
本当に良かったですね。

好きな仕事ができるのは、とても素敵な事です。
頑張ってください。
応援しています。

URL | yoko ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

以前、予告のあったみちのく春秋への支倉常長の話かと思いましたが、別口だったんですね。
いよいよミックさんの日頃の努力が、世間に知られようとしていると見受けました。
これからも期待しています。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

同じ志の方との、こういった時間、最高ですね♪
ランチ美味しそうです~
エッセイ楽しみにしています。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アアイアウさん、歴史は奥が深いので、まだまだ見聞を広めなければならないと思っています。
それには様々な場所に足を運び、人様の話をよく聞くのが肝要と心得ます。
今後とも宜しくお願い致します。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、先ずはこの要求に相応しいものをと思い机の引き出しを開けました。
今まで現地取材に及んだことがこうして作品に反映できるのは何よりも嬉しいことです。
期待を裏切らないように心して取り組みたい所存です。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、ステップを一段一段確実に登って行きたい。昨日はそのように考え高揚する気持ちを戒めました。
まずはこの作品に全力で取り組みたい所存です。今後とも宜しくお願い致します。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

はぐれ雲さん、単なる歴史書とは異なり、歴史エッセイは主観と客観を繰り返しながら書かねばならないと心得ます。
それには自分の感性をまだまだ磨かねばならないと存じます。そして多くの先人の作品にも目を向けながら取り組んで行きたい所存です。
今後とも宜しくお願い致します。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

yokoさん、暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。但し現実はそう甘くないと存じます。
己の小さな存在をよく客観しながら、同時に主観もはっきりと持ちながらことを進めて行きたい所存です。
今後とも宜しくお願い致します。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

銀輪さん、某は現地取材を重要視しております。これはやはりイメージを培うためであります。肌で感じたものは文字で見たものとまったく異なるものがあります。
五感で感じるものに勝るものはないというのが某の持論です。従って筆が進まなくなった折には現地に赴くのを視野に入れて取り組む所存です。
幸い我が郷土仙台(宮城)には歴史の香りが溢れています。これを武器と心得、執筆していきたいと心得ます。
今後とも宜しくお願い致します。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

布遊さん、まずは土俵に上がらせて頂いたばかり、相撲で言えば序の口であります。
従ってこれからが正念場と心得ます。油断なきよう、心して取り組みます。
今後とも宜しくお願い致します。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

いよいよ 時がきたのですね。

寛文事件 どこに焦点をあてられるのか
楽しみです。
産みの苦しみもあるかとは思いますが 陰ながら応援しております。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、字数制限や小見出しなどの制約があるので端折りの裁量も求められ、なかなか大変です。
しかしこれもやりがいのうちと受け止め精進して参ります。暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
精力的にいい人付き合いをされていらっしぃますね。羨ましく拝見いたしました。知的な刺激を受ける存在が身近にいらっしゃるのは、素晴らしいですね。ミック様の人柄がそうしたお付き合いを生んでいることは、想像にかたくありません。
仙台牛、シンプルですが、きっと美味だったことと思います。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、井上氏からはまたとないチャンスを頂戴したと捉えています。
これを活かすも駄目にするも某次第、今は踏ん張り時で褌をしめたいと心得ます。
これを良く踏まえてきょうは纏め作業に取り組みます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ついに作家になられたんですね。おめでとうございます。今後の活躍期待してますけど

URL | 単車男 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

単車男さん、暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。某はまだまだ序の口の身であります。
今後とも宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)