FC2ブログ
 1614年8月7日、ハバナを出港する
きょうは久しぶりに慶長遣欧使節団(伊達政宗が欧州に関する記事をお届けする。メキシコでの使節団の足跡については私の歴史小説「金色の九曜紋とともに」に詳しく著しているので興味のあるかたはご覧頂きたい。
これは支倉が入港した時の少し前のメキシコのアカプルコ港である。まだ開港したばかりで非常に殺風景であるのが印象的である。

宮城県石巻市「サンファン館」展示パネルより。これはアカプルコ入港時の使節団の想像図である。左から三人目の刀を差した人物が支倉常長である。

一行は形式上は来賓として向かい入れられたが、現地でのトラブルで多くの侍が刀を奪われたり、副王(スペイン国王代理)には、のらりくらりとかわされて目的である仙台藩とメキシコの直接貿易の締結には至らなかった。

一行はプエブラでこのような闘牛にも招待を受け、来賓として振舞ったと言われている。彼らは闘牛を見た初の日本人であったのかも知れない。

※中央左:交渉役(宣教師)のルイス・ソテロ、右:支倉常長

1614年1月、太平洋に面するアカプルコに入港した一行は約半年かかって陸路を経て大西洋岸のベラクルスに到着、ベラクルスを出港したのは同年の7月22日であった。そしてキューバのハバナには数日で到着したと見られる。

以下ミック歴史小説「金色の九曜紋とともに」より抜粋

1614年7月22日、支倉常長率いる30名ほどの使節団(伊達政宗が派遣した慶長遣欧使節団)を乗せた船団は本国のスペインを目指し、メキシコのベラクルス港を出港した。この航海が一般の航海と異なるのは出航時期が三ヶ月ほど後ろにずれていたことであった。北半球ではそろそろハリケーンが猛威を振るう時期に差し掛かってきていた時期であり、リスクと隣り合わせの航海であるのは誰の目にも明らかであった。もしハリケーンの牙に掛かるようなことがあれば万事休すことになる。

しかし支倉は主君である伊達政宗への忠義を貫くには例え嵐の中でもこの危険な航海に立ち向かわねばならなかった。船団はスペインとメキシコを結ぶ中継基地であるキューバに到達する前に嵐に遭遇した。この嵐をなんとかやり過ごした一行は数日後にはキューバのハバナに入港し、二週間ほど滞在した。

1492年コロンブスの第一次航海によった発見されたキューバ島にはタイノと呼ばれる先住民がいたが、1511年スペイン軍によって征服され、スペインとメキシコの中継、補給地点としての重要な役割を担い、17世紀に向け著しく発展を遂げようとしていた。

※現在のハバナ港(画像はインターネットより)

中継基地ハバナでこうして物資や食料、水を補給し、英気を養った支倉ら一行はサン・ヨセフ号に乗り組み、1614年8月7日にスペイン本国を目指し二ヶ月間に渡る大西洋航路へと出港した。

      熱帯の異郷の空を見上げるように立つ支倉常長の銅像


※夜明けを迎えたハバナ港。思わずため息が出るほど美しい。わずかな滞在期間であったが、支倉もこのような感動的なハバナ港の演出に酔ったのでないだろうか?

ここからのスペイン本国を目指す航海は二ヶ月に及ぶ。この二ヶ月は七年間に及ぶ一行の足跡の中では最も記録の少ない時期である。数度のハリケーンとの遭遇を経て一行が無事にサンルーカル・デ・バラメダに到達したのは1614年10月5日のことだった。
関連記事

コメント

No title

ミック様へ
このハバナの美しい光景からは想像も出来ないほどの苦労があったのでは。もしかしたら支倉の航海の中で最大の難関だったのかも知れません。本当に辛い時は言葉も出ません。そんな状況だったのかも知れません。そんな事を想像しました。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
ハバナ、美しい港ですね。現在は保養地として有名ですが、当時の支倉ら一行の眼には、どのような光景が広がっていたのでしょうか?
ハリケーンだけでなく、カリブの海賊の脅威もあった当時、勇気と忠義を胸に四百年もの昔に、ここを訪れた侍がいたことは本当に不思議であると同時に、日本人として誇りに感じます。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは

この記事は 有る特別な感情を持って読ませていただきました。
昭和の中期にアメリカに渡った人が ビザをとるため
アカプルコやメリダを回り ふたたびマイアミに再入国するというルートです。
アカプルコでは支倉使節団のことを知ることになるわけですが。。。このあたりにも日本人の子孫がいらっしゃるようです。
支倉使節団もこのあたりで苦労し 昭和中期に渡米したひともこのあたりで苦労してアメリカへの再入国を
成し遂げていたのです。
このあたりの夕景に どの時代の人も 癒されたことは間違いないような気がいたします。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。

懐かしく記事を拝見しました。
こんな美しいハバナの港を支倉さんも見ていたのですね~。7年もの長い旅路の1ページだったでしょうけど思い出に残る景色だったでしょうね。
ミックさんは支倉常長の気持ちも感性もくみ取りながら記事にしています。素晴らしいです。読み手にもその心が伝わってきます。♪ 今夜は涼しくて良いですね~☆´∀`☆

URL | ミント ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
金色の九曜紋とともにのストーリーが浮かんできました。連載を拝読し終わった後に改めて今回の記事を読むと感動が蘇ります。
この港の景色は本当に美しいですね。
この日を覚えていて、この記事を読むと尚、素晴らしいと感じました。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おばんです。
400年も昔にハバナを経由してスペインを目指すとは、命がけの航海だったのでしょうね。
そして使節団を送るとは凄いことだと思います。

そのころのハバナは、自然豊富で現在よりも美しかったのかも知れませんね。
今日も素晴らしい記事をありがとうございました。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、欧州に渡ってからの一行の行動はアマチという人などが記録に残していましたが、キューバでの行動がどんなだったかはほとんど知られていません。
昨夜はカリブ海から大西洋に向かって出帆していった支倉の胸中を思い、このような記事掲載に及びました。
改めて彼の偉業を偲びたいと思います。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、キューバに関しての補足を頂戴し感謝しております。
ご指摘の通りスペイン艦隊の護衛を受けながらも海賊の脅威には晒されながらの航海であったと受け止めております。
支倉の胸中は欧州に着いてからのことでいっぱいだったと思います。
多くのインターネットでこのときの一行の人数を150名程度としていますが、これは誤りで多くはメキシコに居残り、支倉の復路を待ちました。
様々な文献を調べるとメキシコを離れたときの人数はおよそ30名前後であったと考えています。
大西洋への出港も月浦と同様に熱いものを感じ、このような掲載に及びました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、本記事を掲載する前に関連するインターネットを見ましたが昭和中期となれは多くの日本人移住も行われていたようでインターナショナルなものを感じています。
某はこの地に立つ支倉の銅像に着目しました。それは月浦やスペインにある有名な銅像と違ったものであるからです。
このことがキューバの社会主義思想と関係があるか否かは知りませんが、興味をいざなわれるものです。
夕景への考察は仰せの通りに思います。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、支倉の出港をカウントするならば往路だけで六回に及ぶことがわかります。
即ち、内訳は太平洋一回、大西洋二回、地中海三回であります。今回の記事に掲載した大西洋への出帆は月浦出港(異説あり)に継ぐ二番目に長い航海の旅立ちです。
その感動がこのような記事掲載に繋がりました。支倉が洋上から眺める月はさぞかし美しかったことでしょう。
今宵は四百年前の彼の熱き志を思い起こし、祝杯を挙げたい心境です(笑)
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、昨日は四百年前の支倉に成り切り、彼の心境を推し量ってみました。
彼は侍ゆえに迷いの心があってはならない。恐らくこの交渉の行方が主君伊達政宗の意向に沿うものであることを信じて疑わなかったものと思います。
この後、多くの困難が待ち構えているのですが、それを思うと感慨深いものがあります。
それと大西洋上ではスペイン艦隊の護衛を受けていたわけですが、二ヶ月に渡る航海はハリケーンとの遭遇もありけして安易なものではなかったと推察しています。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やまめさん、仰せの通り、当時のカリブ海沿岸は他国の海賊が出没し、けして安閑としたものではなかったと受け止めております。
支倉もルイス・ソテロも洋上でスペイン国王宛の書簡を書いたとされますが、気持ちの上では欧州に着いてからのことで頭がいっぱいだったと察しております。
支倉の侍として恥ずかしくない行動には遠い時空を経た現代でも心を動かされるものを感じます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アカプルコに入港した一行は約半年かかって陸路を経て大西洋岸のベラクルスに到着したのですね…。。。海上の航海とは異なり陸上の旅は、幾多の困難があったと思われますね…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
なんと400年前なんですね。
未踏の地に挑むそんな時代だったのでしょうね。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、仰せの通りメキシコの往路には山賊も出没したようです。
乾燥帯の山岳地帯の行脚はハードな旅であったと受け止めております。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、仰せの通りに存じます。往路だけで出港は実に六度に及びますが、四百年前アトランティックオーシャンに挑むときも大航海なだけに支倉は精神の高揚を感じたと思い、このような記事を掲載しました。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

常長は都合七回異国の地で七夕を迎えているのですね。
その時々で夜空を仰ぎ見て、仙台を思い出していた事でしょう。
しばらく仙台の七夕を見ていませんが、やはりこの季節になると、子供の頃、学生に頃、帰省した時の七夕が思い出されます。
ミックさんの記事を読み、常長が感じたように故郷の七夕を偲んでいます。
今日はそのきっかけを作ってくれた事に感謝しています。
ありがとうございました。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

銀輪さん、そういうことになりますね。七夕のとき異郷の地にあった支倉がどんな思いに浸ったのかは興味深いことです。
御自身のことを語って頂き感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)