fc2ブログ
  論語に触れ儒教の心を学
最近、会社帰りの図書館でよく見るビデオはNHK人間講座「論語紀行」全十巻(放映時間述べ10時間)である。

番組では孔子の生家や生い立ち、ゆかりの地について現地取材をし、これに論語の言葉の実例をあげ、解説を加えた構成となっている。

講師は孔子研究で有名な愛知文教大学副学長の坂田新氏である。
坂田氏のわかりやすい解説によって論語を身近に感じることが出来るという好番組である。

実は先週末、あることでストレスを感じた。ここ数年来からのことで恥ずかしながら憤りさえ感じた。このことを考えているうちに胸の鼓動が速くなり頭に血が上った。私はこのストレスに負けまいと強いもの(武者)に成りきり、まともにこのストレスに立ち向かおうとした。その強い思いが「合戦に臨む伊達武者の覚悟」という記事に出てしまった;

この記事に何か違和感を感じた読者も多いと受け止めている。こういうストレスを剛直な心で受け止めると精神的に疲れるものである。思い悩んだ私が昨日と今日の朝の通勤電車の中で読んだのが論語(中国古典名言事典に掲載)である。風にたなびく柳は強いと言われるが、不思議なことにこの論語を読むことで肩の力が抜け、柔軟な思考に及ぶことが可能となるのである。

きょうは苛立った気持ちを静めるのに効果覿面な言葉を三つ紹介する。

①己に克ちて礼にかえる
(意味:私欲に打ち勝って自我を殺し、節度を守って社会と一体となる。これが道[人生の本筋]である。)

②礼に非ざれば視ることなかれ
(意味:非礼なものは出来るだけ避けるがよい。見ることも聞くことも言うことも非礼に近くなると、いつの間にか正しさを失うので慎むことが仁道[仁者の歩む道]に至る由縁である。)

③内に省みてやましからずんば、それ何をか憂い、何おか懼れん
(意味:省みてやましさがなければ、人は心配することも恐れることもない。)

人を悟りに導く言葉はこの世にいっぱいある。キリスト教で言えば聖書も然り、仏教で言えば経文もそうである。これは論語の言葉とてまったく同じである。私は昨日と今日の二日間に渡ってこれらの言葉を何度も繰り返し心に刻んだ。そしてこの蟻地獄にはまったような焦燥から無事逃れることが出来た。論語はこれからも私の善き心のパートナーとなって、こうした難局を乗り切るヒントをもたらしてくれることだろう。

※今回の記事から「論語の研究」を書庫に増やした。ビデオはまだ二巻目を観たばかりなのでこれからが楽しみである。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)