FC2ブログ
 独眼竜政宗オープニング 
昨日から八月に入った。今年も残すところあと五ヶ月となったが、けして後悔することなく精一杯人事を尽くし、ご先祖様に恥ずかしくない道を歩みたいと思っている。

さてこのそれがしの出で立ちは昨年の11月3日、故郷石巻で行われた伊達武者行列(サンファン館再オープン記念行事)に参加した時のものである。この時は政宗の家臣であった大内定綱に成りきった日でもあった。

大内定綱
西国の周防大内氏の末裔とされる。定綱の祖父は優婆塞(修行者)で月山辺りに巣食っていた山伏が居着いたのではないかと言われる。大内氏は定綱の父、義綱の代に塩松や小浜(何れも福島県中通り)に進出し、地侍を次々に攻め潰して小手森、月山、岩宿、新城、撫山、月館の領主となり、隣国の田村氏の内応工作に応じて主君石橋尚義を追放し、塩松領主となって田村氏の旗下に属した。

その後家督を継いだ定綱は、伊達傘下に入り相馬攻めに度々従軍した同じ頃、定綱は二本松城主畠山義継の子国王丸に娘を嫁がせ血縁関係とする。畠山義継と結んだ定綱は1583年、田村領の百目木城主石川光昌を攻撃、田村氏と対立していた蘆名盛隆の支援を受けて田村清顕を破り独立を果たした

1584年政宗が伊達家の家督を継ぐと、定綱は政宗の家督襲名の席に真っ先に訪れ、伊達氏への奉公を表明している。これは伊達家の力を評価しての行動であり、政宗の器量を伺いに来たとも思われる。しかしここで政宗はまんまと一杯食わされるのである。すぐ戻ると称し自領(塩松)に帰った彼は二度と米沢には戻らなかったのである。「定綱は伊達を舐めている。定綱討つべし!」、背任を働かれた政宗はもちろん、伊達家の家臣はくせ者定綱に激しい嫌悪と怒りを露にした。

年の1585年、政宗は田村氏に加担して定綱を攻撃し、小手森城で撫で斬りを行うなどして定綱を追い込んだが、定綱は小浜城を放棄して二本松へ逃れ、更には会津の蘆名氏を頼った。3年後の1588年、郡山合戦の際には蘆名氏の部将として苗代田城を攻略するが、伊達成実(伊達政宗の従兄弟)の誘いに内応し、三たび伊達氏に帰参することとなった。その後定綱は伊達家重臣として仕え、政宗に二度と違わぬ忠誠を誓うこととなる。

※大内定綱(1545~1610)

片倉小十郎などのように終生に渡って伊達家に忠誠を貫いた武将も悪くないだろう。だがそれがしの生き方とは違う。それがしはもとより波乱万丈の人生を歩む人間と心得ている。ゆえに片倉小十郎よりも大内定綱のような生き方が本望と心得る。

政宗公に忠誠を誓う大きな理由は天下取りに賭けたその身上である。主君が天下を狙うのであれば家臣はこれをこの上もない名誉と捉え、その生涯を捧げなければならない。従ってけして「迷い」という文字はないのである。

先祖を伊達藩に仕える身としたことを名誉と心得る。それゆえいつでも合戦に赴く用意が出来ているのだ。

伊達に仕える身を先祖から賜った使命と受け止めている。この使命を果たすなら明日の命さえ欲しくないと心得る。
関連記事

コメント

No title

ミック様へ
定綱になられたのは去年となりますか。時の経つのは早い。所でこの男は強かですね。生き残るためなら何でもする。そのためなら城をも捨てる。それでも生き残る。そして最後は政宗の配下となった訳ですか。普通これほど裏切られたら殺されますよね。伊達政宗の凄い所はそんな強かに生き残る男だがら配下としたのでしょうね。この男のような者がいればいつ何時命に危険が遭ってもそれを切り抜ける力がある。考えがある。そんな所を買ったのでしょうね。恐れ入りました。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、今宵はご高察を賜り恐縮しております。それがしはけして一筋縄の人間に非ずと心得ております。
それゆえ、主君に全てを捧げなければならない。出陣の要請があればこれを名誉と心得、討ち死にを覚悟で第一線に馳せ参じなければならない。
それがしが大内定綱に惹かれた故はその無双な不屈な精神であります。武士たるもの心に緩みがあってはならない。一瞬の油断が命取りになる。
それがしはこれを心に命じてこれからも精進して参ります。明日は首を取られることさえ疎まず敵に後姿を見せずに陣を張って参ります。

本日はご高察を賜りありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

昨年の大内定綱に成りきったお姿、決まっておりますね…。。。

私は、ミックさん程は志が高くはないですが、流転の人生、何としてでもしぶとく生き抜く気持ちは持っております…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、政宗公のお言葉に「生き残ることが勝ち残る術である」というものがございます。
それがしは仕える身としてそのお言葉をありがたく頂戴致したく存じます。
今宵は貴兄のお言葉身に沁みて居ります。今後とも宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
大内定綱に成りきった時の記事を思い出しました。
定綱が歩んだ波乱万丈の人生は本当に力強いものですね。その進んで行く姿は解説を拝読し、揺ぎ無い意思も
感じられます。迷いのない潔さを感じました。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

石巻の伊達武者行列の時のいでたちが

大内定綱だったのですね。
しぶとくしぶとく生き残りましたよね。
強い主君を求めて。。。

今日も 独眼竜面白かったです。真実か分かりませんが
今日は正宗の母の覚悟をみましたね。
最上家と 我が子正宗の間で 大いに気をもみ覚悟の行動にでましたね。
戦国時代の女たちも腹の据え方が気持ち良いものがありました。

今日 たまたま加賀百万石になにゆえ文化がぁのように栄えたか。。。という番組をみました。
やはり 徳川幕府ににらまれないよう 相当気を配っていたようでした。
伊達藩もそういう面もあったのでしょうね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、この大内定綱(役:寺田農)の風貌(割れた顎)、ベンハーに登場するネッサラと酷似していると受け止めております。(笑)
このような生き方をする武将はいつ首を取られても不思議でない。ここにそれがしとの共通点を思い浮かべます。
それがしも定綱のように強かに現世を歩み、トラップに屈することなく生き延びていきたいと心得ます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、それがしが大内定綱に成り切ってから早9ヶ月になります。
昨今、それがしのような身上には定綱のような生き方が最も似合うのではないかと思います。
但し定綱に成り切ったからにはしぶとく生き残らねばならないと心得ます。
定綱は主君政宗の小田原参上に同行しその器量を遺憾なく発揮した武将であります。
彼の寝返りは実に三度に及びます。よくぞ首を取られなかったと思います。
それがしも彼を見習い二枚腰、否三枚腰でありたいと心得ます。
今宵はコメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
戦国の世は、誰もが命をかけた 凄まじい生き方をしていたのでしょうね。
主君のために命をかけたり、生き残るために寝返ったりと いろいろな生き方があったんですね。
今回は、そのような戦国時代の武士の生き様を紹介してくださり、ありがとうございます。

伊達武者行列に参加したときの ミックさんの凛々しい姿が、カッコいいですね。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは。

大内定綱役、思い出しました、もう9ヵ月経つのですか
早いですね、この次はなんの役で登場でしょう。

ナイス!

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やまめさん、昨年11月3日郷里石巻で開かれた伊達武者行列で武者ののぼりを選んだ際にこの大内定綱というのがございました。
彼の身の振り方は険しいとしか言いようのないものですが戦国の世で生き残るにはこれぐらいの裁量が求められたのではと感じております。
昨日はある事情があって再び伊達武者に成りきりたかったのです。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、恥ずかしい写真を見せてしまいました;この日はすっかり大内定綱に成り切ってしまったそれがしです。
のぼりはあいていれば選べるのですが支倉常長などはゲストさんなどにあてがわれるようです。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

独眼竜正宗で、寺田農が正宗に帰参するシーン今でも覚えてます。その役柄が大内定綱だったわけですね。又裏切るのではないかと思わせるような演技だったように記憶してます。帰参を認めた正宗も器の大きな男だったんでしょう。

URL | 単車男 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

単車男さん、昨日は伊達者としてある覚悟をしました。武将で言えば固めの盃であります。
寺田農演ずる大内定綱はくせ者中のくせ者でありますが、この後小田原攻めにも同行し主君政宗をよく補佐し奉公して参ります。
山岡宗八原作では彼は人徳としたたかさを政宗に認めたということになっております。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
甲冑に身を固めたお姿、カッコいいというか、もはや本物の武士の気迫とオーラを感じます。ミック様が大内定綱に惹かれるのは、長い物に巻かれるをよしとしない、義を貫く志をミック様がお持ちであればこそと推察いたします。ご先祖様に対しての敬意も素晴らしい。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ひがにゃんさん
一年近く返しコメントが遅れ大変失礼しました。
某が大内定綱に惹かれるのはその通りにごさいます。何卒宜しくお願い致します。
貴兄に於かれましては、ブログ復帰を祈念しています。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)