fc2ブログ
 これは使える!コンデジ用自作架台

※日時指定投稿

つい最近、デジタルカメラをセルフタイマー機能で使用中、誤って約1メートルの高さから落とすという失態を演じ、購入一年を待たずに買い換えるハメとなってしまった;
きょうはこれに懲りた某が今回取り組んだ自作架台についてお伝えする。下の写真は百均ショップで売られているコンデジ用の三脚である。

商品の悪口はあまり言いたくないが、この三脚は風に弱くちょっとした風を受けて転倒してしまう。またシャッターを押すときも不安定で心もとないし脚部の作りもそれなりで強度不足、したがって春先の強風時には閉口した。

某はこのような苦い経験を踏まえ、風に強いデジカメ用架台を作ろうと考え、左のような分厚いゴム板を用意した。(廃物利用につきコストは無料)

まずは素材の2センチほどの分厚いゴム板をドリルで貫通し穴を空ける。

この後、やや直径が大きいトリルでボルト頭部の欠き込み(大工用語では座掘り)を行う。

以上の二段構えのドリル胚芽によりボルトは、はみ出ることなくきれいに収まった。

そして反対側にボルトを貫通させワッシャー、ナットをかませ、完成である。なによりも安定感抜群でがさばらない。持ち運びも便利で機能的には市販三脚を凌ぐ。

このアイイテムを用いて早速セルフタイマー撮影に及んだ。

やや風があってもこの通り、安定した撮影が可能になった。結果は上々である。これからはこのアイテムが活躍してくれるのを期待している。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)