fc2ブログ
 JAZZ HOT HOUSE 
サラリーマンはいろいろとストレスがたまる。よって週末にはこれを上手に解消する必要がある。最近の某はもっぱら出入りのCafeに出かけていい音楽を聴きながら読書や執筆に勤しむのが習慣となってきた感がある。このホットハウスという広告をごらん頂きたい。本日選曲したJAZZの曲名と偶然同じである。

地下鉄を降り北四番町を行く某、暑くも寒くもなく、最高の季節を迎えた。

駅を出ると周囲にはオフィス街が広がるが土曜日とあって人通りは少ない。

今の気分を言うならば「めでたさも中くらいなり云々」というところだろうか?中庸をもって吉とする我が信条から言えば上等の部類と解釈したい。

そしてすっかり馴染みとなったCafe モン・サン・ルーに到着。

この日は土曜日なので13時開店、某が訪れたのは13時を少し廻ったばかりだったので一番乗りである。

いつものように落ち着いた店内が某を迎えてくれた。安堵が漂う瞬間である。

どの席も落ち着きがありそうで当たり外れがないのが特徴である。まさに上質の時間を提供してくれるのが素晴らしい。

マスターに挨拶するとこのような呼び鈴を持ってきて「メニューが決まったらお呼びください」と言われた。心のこもった配慮である。

読書と執筆(読後感層作成)に勤しむ某、この日のドリンクのオーダーはカシスソーダ、もちろんアルコール入りである。今は伊達騒動(寛文事件)に関する本を読み、感想を書いていたところである。

気分が軽くなるのを実感した週末のひと時であった。Fine!
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)