fc2ブログ
 It's a Blue World Mel Tome 
連休も後一日となった。午後から天気は下り坂となり、雨も散らついてきた。そんな折に某が向かったのはいつものカフェである。自分が携わった工事である雨宮町の仙台合同庁舎の前を行く某だが、心はけして後ろを振り向かずという心境である。

連休中のオフィス街ということもあり人通りはまばらであるが、雑踏を嫌う某はこれを吉と心得、好んで足を運ぶのである。
出入りのCafe Mon St.Lowの前に来ると看板にライトが灯っていた。

店の中から明かりが見える。隠れ家のようなCafeで某は瞑想にふけりたいのだ。

きょうで3度目の利用、すっかりマスターとは顔なじみとなった。

きょうは一番奥のテーブルに腰を掛けた。ここは創作活動にはもってこいの場所である。

連休ゆえ、たまには昼酒もいいのではないだろうか。某がオーダーしたのはココアオレンジ、極めて香りの高いリキュールドリンクである。

エッセイ「BlueWorldの人生を歩む」
今は言えないが、あることがきっかけで飼い犬から一匹狼になった。一匹狼は孤独である。そこには孤高なBlueWorldが広がる。自由はあるのだが何があっても頼れるのは自分自身のみであり、ことが起これば自分が矢面に立たされるのだ。周囲を敵に囲まれた狼は一歩も後ずさりできない。また人から後ろ指を差されるようなことも出来ない。しかし私も人間である。時として息が詰まりそうな時もあれば煩悩に悩まされる時もある。

そんな時はこれに真っ向から向かおうとせず、趣味に逃れ気を紛らわそうと努力している。趣味こそが七難を隠してくれるからだ。今の私の趣味は創作執筆とバイク、寺社仏閣巡り、古美術鑑賞、ゴルフといったところである。趣味に親しんでいると自然と仲間が集まってくるものである。但し仲間はけして趣味ありきの関係ではない。私にとっての仲間は趣味でなく人柄で繋がっているのである。私はこのことに気づくのに長年の年月を費やした。言い換えれば人柄で繋がった付き合いは長く続くが趣味のみで繋がった付き合いはいつ途切れても不思議ではないということである。

もし人様から「あなたにとっての財産は何か?」と尋ねられたとしたら、私は信念を持ってこう答えることだろう。「確かに人脈は宝ですが、このかたがたの中でも人柄で繋がっているかたこそが真の宝です。」と。人間の感性など十人十色、否百人百色であり、自分とまったく同じ感性をもった人などそう見つかるものではない。見つかるとすれば多くの場合、多少の妥協を伴うものである。それでも自分の感性に近い人を見つけた時は感動を伴うものである。このような人を見つけた時は今日まで生きてきて良かったとさえ思うときもあるのである。

出会いと妥協と別れ、これが現世に於ける普遍的な人間関係を表すものと言えるのかも知れない。自分の意思とは裏腹に一匹狼となった今の私だが妥協や飼い犬のような生き方を一切否定しているわけではない。平和な生き方も十分視野に入れながら生きている。多くのかたの中には「あなたは何故好き好んでそのような険しい生き方をするのですか?」と聞かれるかたもいらっしゃることだろう。私を含めてこの世に好き好んで一匹狼になった者など居ないのではないだろうか?そのほとんどはやむを得ない選択といったところではないだろうか。

はっきり言おう。私は好き好んで一匹狼を選択したのではない。一日も早く一匹狼を卒業し、平穏な人生を望みたいと思っているのだ。これは昨今夢にまで出てくる永遠の願いであり、私は悟りこそがこの境地への近道に繋がると考えている。

自作エッセイシリーズ
白楽天に学ぶ卯時の酒と処世術http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31934148.html
私の窮地を救ったエクアドルhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31806994.html
六十分の一のもたらす余裕http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30749355.html
群青色の無双な人生を歩むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30889388.html
夜間飛行のジェット機に見る人の世の儚さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30047887.html
失敗を恐れずに突き進むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30486750.html
鬱を脱出してから見る東京の夜景http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30113901.html
とんびのように大空を堂々と舞うhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30633350.html
日食の裏に見える人生の蒼い陰http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30609947.html
自分の人生は朧げに客観的に見たいhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30558632.html
礼節と諂いの違いをわきまえ堂々と生きるhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30702596.html
怨讐を恩讐に変えたい、苦悩する私http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32008415.html
川面のさざ波のもたらす心地良さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30678112.html
時勢とともに変わり行く街並みhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32383148.html
無頼なガンマンの精神を貫くhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30660537.html
アナログとデジタルを臨機応変に使い分けるhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31180966.html
虫が教えた知人の墓所http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31161726.html
英国式の散歩で得られるゆとりhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30998659.html
寒に屈せず自己防衛の城を築くhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32444728.html
知ってて知らないふりをする美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31594249.html
ゾーンを持つことの大切さhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32075164.html
人生の分水嶺と或る上司の死http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31470309.html
うつ病で自殺しないために読むべき本http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31754128.html
名もない一本の畦道を歩むhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30642672.html
知ってて知らないふりをする美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31594249.html
人の話を聞くことの美徳http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31778536.html
ブログという名の社交場http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31903913.html
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)