fc2ブログ
  仙台市北部高台から望む絶景
連休初日の昨日私は仙台市北部の小松島に散策に向かった。行き当たりばったりのあてもない気楽な探索である。やや古い団地のため擁壁は石垣積みである。車もすれ違えないような細い道が私の好奇心&アドベンチャー精神を大いに刺激してくれた。

すぐ下に見えるのは陸軍墓地である。入口の鉄扉には鍵がかかっており、普段は入れないようなので中へは入らなかった。私はそれを見ながら、お国のために散った軍人さんはどんな気持ちでここに眠っているのだろう。きょうは好天に恵まれ、さぞかし晴がましい思いなのでないだろうか?などど考えた。

空き地の野に咲くチューリップ、自分もこのように強かに生きたいものである。

この辺りでは一番標高が高いところに来た。南側の視界が一気に開けた。まさかこのような絶景にお目にかかれるとは思っていなかった。やや春霞がかかっているが最高のロケーションである。手前に畑があるところを見ると宅地開発を免れた場所らしい。(ほぼ正面が若林区方面)

こちらは仙台市中心部の方角である。

航空者で位置を確認して頂きたい。周囲が住宅地に囲まれているのがわかる。
赤:陸軍墓地、黄色:絶景の高台

これは東部の宮城野区の方角である。

この後、住宅地を散策してみた。玉石の擁壁で造成された古い団地は迷路っぽくてなかなか面白かった。

この日は気候も良く、連休初日の気楽な散策をすることができた。
上々のスタートを切れて非常に満足である。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)