FC2ブログ
  ネリヤカナヤの国からの土産
※ネリヤカナヤとは奄美大島で信仰される人間に様々な豊穣や幸福をもたらす神々の国のことである。
 
先週の土曜日のことだった、物置の片付けをしていてふとしたものが私の目についた。それは11年前の奄美大島出張で持ち帰った丸い石三個(書庫のNF小説「ネリヤカナヤからの授かりもの」にも登場する)とサンゴの欠片と巻貝である。左の大きな石は手元に置いていたが、他のものは私の記憶ではここ七、八年お目にかかってなかった気がする。それにしてもよく出てきたのもだ。
 
※自作ノンフィクション小説「ネリヤカナヤからの授かりもの」へのリンク

丸いとは言ってもご覧のように楕円形である。これらの石は奄美大島のホノホシ海岸というところで、一時間半の捜索の後にようやく探し出したものである。それだけに私にとってはサンゴや巻貝とともに宝物である。

       ※三個の石を拾ったホノホシ海岸

      ※巻貝とサンゴを拾った大和村(やまとそん)の海岸

真冬にも関わらずに注ぐ強い日差し、そして島の周囲を覆うサンゴ礁、鬱蒼と生い茂る熱帯植物を育んだ濃密な森、そしてとても日本とは思えない広大なマングローブ…、11年前の感動はけして忘れない。私は定年退職したらもう一度奄美大島に行くのが今の大きな夢である。
関連記事

コメント

No title

ミントさん、新しいパソコンはいいですね。それがしはセブンとビスタなのでエイトには興味があります。
早く操作に慣れるいいですね。
奄美の魅力は風光明媚な景色のみではありません。島時間と言われるゆっくりと流れる時の流れと島の人々の暖かい人情も大きな魅力です。
コメント&ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
石というのは不思議な力と魅力があります。そしてこの海。確かにこんな所には私も一度は行ってみたいです。ミック様の夢が叶うと良いですね。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん おつかれさまです

この南の島の石達は 南の島からの
ミックさんへの 石文(いしぶみ)のようです。
この記事を読んで 今日の私の記事ができあがりました。
ミックさんが拾われた石 楕円でおおらかで スベスベしていてなにかいい感じです♪
きっと この島にふたたび行かれますよ♪https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s277.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s181.gif">

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

銀輪さん、ご自身はサモアヘ思い入れがあるようで興味深く感じています。
奄美は北緯28度に位置する亜熱帯でありますが、おっしゃるようなところは十分感じております。
きょうも素晴らしいコメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やまめさん、奄美大島も確かにいいですがいわきも素晴らしいです。
書庫の「常磐スタイル」は隔月誌「沖縄スタイル」や「湘南スタイル」をもじったものであります。
それだけ常磐には惚れぬいております。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、この島には広大なマングローブが存在します。
濃密なジャングルも大きな魅力と思います。とにかく汚れを知らない島と言えるのではないでしょうか?
コメント&ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、御意にございます。それがしの石とこの島は非常によく関わりを持ちます。
日本とは全く違った風情を感じました。
コメント&ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
ミック様の奄美大島での体験、非常に精神的に不思議な感覚を覚えたのではないか?と想像いたします。人智を超えた、神のようなの存在を感じたのではないでしょうか?この石も、自然が生み出した芸術といえるのではないでしょうか?いい思い出を見つけられましたね。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、きょうは石文について学ばせて頂きました。
それがしは四角ばった人生を歩んできただけにこのような丸い石の生き方を学ばねばなりません。(笑)
コメント&ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、御意にございます。哲学的な考察を頂き感謝しております。
「ネリヤカナヤからの授かりもの」、小説の題名は貴兄の察する通り、この島の神々しい印象によるものです。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん

浪漫を感じました・・・

私も石に魅かれよく持ち帰ります・・・
が、何処へ行ってしまったのでしょう(笑)
ふっとその石たちとご対面したら感激の波が押し寄せると思います(笑)
私事で恐縮ですが、長年の夢である長崎と五島を来月尋ねます。
国内旅行は海外旅行より贅沢と感じています。
週末にゆっくりミックさんの書庫を楽しませていただきます♪

URL | 和奴 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさんおはようございま~す。
ありますよネ..そういう事って..
ある日突然..想い出の宝物に会える事って..。
キット
物置を片付けたくなったのも.サンゴ&3個の石達が...
ミックさんを呼んでいたのかも?考え過ぎ?(笑)
やっぱり
ミックさんって..ロマンティストで優しい方ですネ..
是非
奄美大島行きを実現される事を祈ってます...。
niceポチ~(^・^)

URL | クリオネ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

とても神秘的なお土産ですね。
奄美大島へは行ったことがありませんが、島に住む人達は
皆さん穏やかで優しく人だというイメージがあります。
本当に島には神様が宿ってるのかも知れませんね。
いつか行けるといいですね。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

和奴さん、お褒めの言葉を頂き感謝しております。この海岸に下りた時はさすがにビックリしました。
でも本当に丸い石を探すとなかなかないのです。この三個は楕円ですが満足しています。
なによりも自分自身が気に入った島の石というところがいいですね。
長崎と五島に行かれるのですね?下話はつや姫さんが詳しそうですね(笑)
是非写真を楽しみにしています。コメント&ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

クリオネさん、意外なものが見つかって悦に浸ったのは先週の土曜日のことでした。(笑)
同時に11年前の感動が呼び起こされました。真冬なのにあの強い日差し、そして青い海と空、あの日のことはこれからもけして忘れないでしょう。
運があればもう一度行けるかなという気がしております。
コメント&ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

まゆさん、この島は人の感性に優しい島という気がしております。
このような島で一日何も考えないでボーっと過ごす(笑)
なんと贅沢なことなのでしょう!なんと幸せなことなのでしょう!
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは^^

私は未だ沖縄に行った事がありません。
綺麗な海だと言う事は勿論良く知って居ますよ^^

海岸で拾った丸い石、見事に真ん丸ですね~!
波に叩かれてこの様な丸い石になったのでしょうね。
探してもなかなか見つからないものだと思われます。
奄美大島の海岸で拾ったお土産、宝物ですね~^^
これからもこの石ととサンゴ&巻貝、想い出と共に大事にして下さいよ。
ナイス!

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Rainさん、奄美大島は鹿児島県なのですがまるで沖縄の離島のような風情を感じます。
今でもこの石を見ると11年前の強い日差しを思い浮かべます。
ニシと言われる季節風さえ東北育ちのそれがしの感性には優しく感じられました。
コメント&ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

あれれれっhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s372.gif">
奄美大島は鹿児島県でしたか?
勉強不足でした。。。。。ここで正しく記憶出来、嬉しく思います^^

ありがとうございます。

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Rainさん、ご丁寧なコメントを頂き恐縮しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)