fc2ブログ
きょうは春の十連休の時、私が訪れた仙台市内の中華飯店、三店を紹介する。
まずは仙台駅のすぐそば(徒歩三分)にある東海一品香(とうかいいっぴんこう)である。ビルの一階に入っている中華飯店である。昼時はかなり混むようだ。

私が注文したのはあんかけ揚げ焼きそば(¥750)である。
塩味のあんかけ、野菜たっぷり、ボリューム満点であった。

揚げた焼きそばは歯ごたえ十分、硬いので歯が強くないと食べられない。また体調がよくて食欲旺盛でないと食べられないメニューである。好みによっては醤油をかけてもいいだろう。

東海一品香 

住所:
電話:
仙台市青葉区中央4-1-26 レインボービル 1F
022-211-7266


次に紹介するのは宮城野区原ノ町の新星飯店である。JR仙石線、陸前原ノ町駅から徒歩4分、坂下交差点のすぐ脇である。

同じくあんかけ揚げ焼きそば(¥750)である。やや薄い醤油味がついていて旨味は最高であった。

この揚げそばも十分に硬い。最後はぱさぱさの麺が残るので皿を持ち上げ、あんのとろみと一緒に口にかき込むようにして運んで片付ける。あんかけ揚げ焼きそばにはこのような豪快な食べ方が定番である。味はやや塩辛い気もするが及第点である。

新星飯店 

住所:
電話:
仙台市宮城野区原町3-8-4 内海ビル 1F
022-297-9309


最後は若林区のぎん八である。

この店ではミソラーメン(¥650)をオーダーした。肉がたっぷりと入っていてシナチクの質は上々、だしも効いているが唯一の難点は七味唐辛子が最初から入れていた点であった。それ以外は合格。

麺は細く、ストレート麺とちじれ麺の中間的な性格でスープのつきは抜群であった。TOTAL的には他の二店とともにAランクとしたい。

ぎん八の案内図、仙台市地下鉄河原町駅から徒歩5分という好位置である。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)