fc2ブログ
 古い団地の玉石擁壁の見物
年度末の10連休もきょうで5日目、前半最後の日となった。きょうの仙台の天気予報は午後から雨の予報、従って折りたたみ傘を持参してのウォーキングである。
私は地下鉄南北線に乗って河原町駅で下車した。この道路は旧国道4号線、天気はうす曇といった感じである。

河原町のマンションの通路を通り抜ける某、予想気温は18度と四月中旬~下旬並みのため、ジャンパーの軽装である。

きょうの歩行ルートを航空写真でご覧頂きたい。オレンジ○:地下鉄河原町駅、紫○:目的地の太白区緑ヶ丘団地、ピンク○:帰路に着いた地下鉄長町駅、黄色線:旧道「笹谷街道」推定歩行距離10キロ

先ずは川歩き、本日河畔を歩いたのは仙台市内を流れる広瀬川である。ここからか河畔道路に入った。

このような舗装された河畔道路を1キロ近く下流に歩いた。

きょうはウイークデーの水曜日ながら、広い河原ではジョギングする人、犬を連れて散歩する人などがが見られた。

JRの立体交差をくぐって太白区図書館に1時間滞在後、ここから旧道「笹谷街道」を歩いた。この道路は仙台と山形を結ぶ道路である。従って方角的には西に向かっている。

笹谷街道は長町小学校の南側を通っている。右の木立がある学校が仙台市立長町小学校である。

ここが笹谷街道と表示された最後の場所である。流れから言って正面が笹谷街道と判断した。

6車線の国道286号線と交差する笹谷街道、黄色の破線がルートと見られる。

旧道から目的地の緑ヶ丘団地に入った。造成後50年は経過していると見られるがこのような玉石の擁壁の団地は珍しい。

古い団地だけあって迷路のような道路が走っている。赤線が某の歩いたルートである。
緑ヶ丘団地には市営バスも走っていた。

このあたりの玉石の擁壁は10メートルを超すのではないだろうか?この団地は震災による地すべりが一部見られるが、この擁壁はクラック(ひび)もほとんど入ってないようだ。それにしてもこれだけ高い玉石の擁壁は見事である。

標高の一番高そうなあたりから仙台市街地を望んでみた。春霞がかかってはいるものの絶景である。

この団地は徒歩で初めて訪れたのでとても新鮮な印象を受けた。この後地下鉄長町駅まで歩いて帰途に着いた。幸いにも雨にならず天気もなんとかもってくれたようである。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)