FC2ブログ
 Tchaikovsky くるみ割り人形 「花のワルツ」
      
エッセイ「死ぬまで変わらぬもの」
春を思わせる陽気に誘われ、昼過ぎに街のほうに出てみた。私は基本的に雑踏が苦手であるが、一月下旬になり仙台の街もようやく年末年始の雑踏から解放され落ち着いてきた感がある。そんなことも手伝い私は気楽な気分でまったく雪のない仙台市の中心街を気ままに歩いてみた。



伊達政宗公が基盤を作った城下町仙台は賑やか過ぎず辺鄙過ぎず、全てに於いてバランスが取れており、今でも出張で他の地域から帰った時などはほっとするのである。郷里石巻もそうだが自分が育った街は何年経っても飽きないのだ。これは私が死ぬまで変わらないことである。これと同じように、私にとって死ぬまで変わらない趣味が最近出来つつある。

史跡探訪、寺社仏閣巡り、旧道巡り、古美術鑑賞…これらは五十を過ぎてから新たな趣味となった分野だが、これらともに最近新たに私の趣味の一つになりつつあるものはクラシック音楽である。若い頃は洋楽(ロック)がメインだった。これは私の聴覚が長い時を経て、人生観の変化とともに無意識のうちに変わりつつあるということなのかも知れない。否、洋楽に対しての思い入れは今でも持っているので増えつつあるという表現が正しい。
 
きょう紹介するチャイコフスキーの「くるみ割り人形」は一週間前の日曜日に様々なYOU TUBEの曲をあさっているうちに耳に入ったものである。もちろん出会ったすべてのクラシックと私の波長が合うとは限らない。しかし人様からその理由を聞かれた際、その理由を明確に説明できる自信はない。



私は自分の感性に合うからその音楽が好きになるのだ。このような良質な音楽との出会いは現世に於ける様々な人との出会いと酷似しているのかも知れない。人の好き嫌いにも理屈などはない。人と人との相性などはそれぞれの直感に負うところが大きいのだ。だがここであえて両者の違いを考えてみよう。

先ず人と人との相性を述べるときは、現在は相性の合わない人同士でも双方が歳を重ねて数年後に出会っていればうまく行く可能性がある。それは人は年とともに変わりゆくものであるからである。どんな人でも年月を経ればやがて変わってゆくが、概ね年を取れば角が取れて温厚になる。人同士の相性などは特別な理由がない限り大してややこしいものではなく、案外単純なものなのかも知れない。

これに対して音楽のほうは作られてからずっと変わらない。どんな分野の音楽もそうであるが、クラシック音楽などは誕生してから二三百年もの間、変わってないことになる。従って若年の時に関心もなかった曲が熟年になってから好きになったということは自分のみが変わったということになる。この感覚は使い込んで味が出るもの、例えば皮靴、革手袋、万年筆のたぐいに近いものなのかも知れない。これらの品物は使えば使うほど愛着が湧き手放せないものになってくる。これと同じように相性の合うクラシックは聞けば聞くほど自分の耳に馴染んでいく。そしてやがては自分のSOUL(魂)に響くものとなっていくのである。

私にとってこのくるみ割り人形もそのようなクラシックの一つである。一分の前奏を経て、軽快なリズムと気品溢れるメロディーが流れ出す。それとともに煩悩にまみれた日頃の雑念が徐々に洗い流され、薄らいでゆく。私の場合、アルコールと組み合わせると相乗効果をもたらしやがて陶酔に至る。これを他のものに例えるならば良質な純文学に出会ったような感覚である。これはもちろん歌劇の舞踏にもぴったしのシチュエーションである。いつかは時の流れを一切忘れてこのような歌劇を心ゆくまで鑑賞したいものである。

このように年を取るに連れて趣向が変わったのはクラシック音楽に限ってではない。ジャズやロックに於いても同じことが言える。私の最近新たに加わった趣味を考える時、史跡巡りにしても、古美術鑑賞にしても流行に左右されない普遍的なものであり、ずっと飽きが来ないものと言える。私はおそらくこれから歳を取るに連れ、益々この傾向が強くなっていくものと感じている。
関連記事

コメント

No title

何百年も聴かれる音楽、どんな時代においてもそれに惹かれる人が居るという事は、「人間の心」に響くものがあるからでしょうね。

ショパンと言っても、もう200年も前の人なのに、その作品はいまでも聴かれている、時代を越え国を越え、民族も性別の越えて聴かれています。それは人間が共通して持っている普遍的なものに訴える力が、その音楽にあると言うことだとおもいます。

URL | 行雲流水 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

音楽には色々とジャンルがありますが
自分の感性にしっくりくるものや、揺さぶるものに
出会う時がありますね。
クラシックも気持ちを高揚させたり穏やかにさせる
魅力があると思います。
今、聴いている曲もいつ聴いても変らぬ良さを
時代が変わっても感じる事の出来る名曲だと思います。
変らぬ良さをいつまでも共感出来る事は
他の事にもいえますが、自分の魂にしっくりくる事や
音に出逢えた時は嬉しいですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは^^

なるほどです。
音楽にしても、神社仏閣にしても、古美術にしても、昔と変わらないものですね。
これ等をみて、感じ方が変わるのは、私達ですね。
きっと、ミックさんは静かに癒されたい、そんな心境になられたのだと思います。
私は未だロックも好きですよ^^
まだまだ、心忙しいのだと思います(笑)
音楽は心を元気付けたり、癒してくれたりしますね~!
永遠に変わらないものに、ナイスhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s317.gif">

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、正確に申し上げるならば、クラシックには以前から少しだけ興味がありました。
それはウイリアムテルやカルメンなどのマーチっぽいものが多かったのですが、最近はワルツの持つ華麗で踊れるようなリズムにも耳が追従するようになって参りました。
同時に心の平穏を得られるわけでその恩恵を噛み締めております。
自己の感性に波長の合う新たな曲を開発するのは楽しみであります。
アルコールとの相乗効果は以前から認めていますが、今はモーニングコーヒーでも遜色はないことを実感しています。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、クラシック音楽からは古美術と酷似したもの(古きよき時代への回顧、ロマン主義との融合)を感じております。
私には夢があります。それはクラシック音楽をBGMとして、気に入った古美術を鑑賞することです。
このとき良質なスコッチ或いはバーボンのオンザロックがあれば言うことはないでしょう。
オンザロックのグラスを片手に持ち古美術の世界に興ずる。
たわいないことで恐縮ですが;夢の実現は意外と近いのかも知れません。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、おっしゃる通りで時代や民族を超えるところにクラシック音楽の凄みを感じております。
昨今、加齢とともに趣向が変わり普遍的なものに目を奪われがちなわたくしでありますが、これを見逃す手はないと認識しております。
どうしても文字だけを追っていると疲れ、凝り固まってくる傾向がありますが、聴く純文学とも言えるクラシックに接することによって凝りが徐々にほぐれてゆく。
これは快感といっても言い過ぎでないと感じています。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、joeyさんもきっとそうされるとお察ししますが、訪問者からコメントを頂き返しコメントを考えて書くときにご自身がアップした曲をBGMとして聴きながらそれをされるのではないでしょうか?
わたくしはこの方法を楽しんでおりますが、これは例えようもない至福のひと時でありブログに於ける大きなメリットと自覚しております。
BGMありとなしでは文章への思い入れも違って参ります。
わたくしはこれをエッセイなどの執筆意欲向上の追い風とさせて頂いているのです。
これはもちろんロックでもやっております。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Rainさん、加齢とともに趣味が変わるのはよくあることだと思いますが、普遍的なものは生涯を通して楽しめるだけに価値を感じております。
気に入ったクラシックを何度も聴いていると徐々に耳に馴染んで参ります。
こうして使い込んだ皮靴や皮手袋、万年筆のような味が出てくる。
その感動を心行くまで味わいたいと考えております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

史跡巡り、旧道めぐり、河川巡りは好きなのですが、クラッシックを聴くと中学校の音楽の授業を思い出し、眠くなってしまいます。。。https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a441.gif">

URL | M.ROSSO ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます

酒田は今日も雨になりました。
おかげで 雪が消えましたね。寒だらまつりが
雨だと 少し困ります。

死ぬまで変わらぬもの。。。何だろうと思います。
今 同時代を生きているものは大なり小なり変化していっていると思います。
そこでこれまでずっとあるもの 生き抜いてきたものに
おのずと目が行きますよね。
大木 神社仏閣 古典 クラシック ある程度の年齢になりますと これらに惹かれるのは これらが自分の
何千倍も生き続けているからでしょうか?

年齢とともに ますます普遍的なものに惹かれていくのでしょうね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ロッソさん、クラシックは主に精神を落ち着けたい時に聴いております。
今後更にレパートリーが増えればと考えています。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、ここ数年で趣味が普遍的なものに広がって参りました。
小説執筆もありますが、これは背景には自分が死んでも残るという潜在意識があります。
こういう意識が無意識のうちに昨今の趣味に影響しているのでしょう。
クラシックは特に心が落ち着くので煩悩を和らげるのに有効と考えております。
私は特に自我が強いので助けられております。御自身のことを語って頂き感謝しております。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん こんばんは

実は小さい頃バレーを習っていたので思い出深い曲なんです!
1曲目は障子を開け吹雪く外を眺めながら春に想いを馳せて聴きました。
次にバレーの絵を見ながら堪能しました^^

ミックさんが襟を立てて寒風の中を歩く後姿も想像しちゃいました♪

ここの所さまざまの事に興味を持つようになりました!
変わっていないようで変わってきた自分を知ることが出来ます。
また冷えそうですね・・・ご自愛くださいませ。

URL | 和奴 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

「くるみ割り人形」!
聞いてみました!聞いたことのある耳に良く馴染んだ曲でしたが、曲名を知らなかったんですよね~。
確かに普遍的で陳腐化することないもの。聞いてると自分もワンランク上がったような?(変な言い方ですが)気分になります。
これはそういうものの良さに気が付くか?そうでないか?興味を持つか?そうでないかで気持ちの豊かさが全然違いますね。

ちなみに私が年齢とともに食べ物の趣味が変わり、TVゲームをやらなくなりました。あと。ミックさんと同じく普遍的なものに興味を持つようになったことでしょうか?
これは変わってゆく自分に対して変わらないものへの憧れか?

URL | gt_yosshy ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

和奴さん、雪のない景色をお見せして申しわけございません;
それでもこの曲から春を連想して頂いて嬉しく思います。
バレーもされていたのですね。バレー組曲には秀逸な曲が多いですね。
是非レパートリーを増やしていきたいと思います。御自身のことを語って頂き感謝しております。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

gt_yosshyさん、私もゲームをやらなくなったのですが、これは単に私の性格(無類の凝り性)から来るものです(笑)
普遍的なものに目が行くのはスケートのフィギア競技の選手の回転に於ける目線の取り方(不動のものを見据えることで目が廻るのを防ぐ)のような原理ではないか?と思います。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは~

嫌いなモノ(人)でも少し前向きになり頑張って挑んでいかなければいけない事もあります。
関わる必要がないなら良いのですが・・
そうもいきません。

こうしてクラシックを聴きながらミックさんにコメントを書くのも普遍的なモノに近いことです。
私はゆっくり紅茶を飲みながら好きな花達を観ているのが変わらず好きな事です。今は家の中にクリスマスローズがいっぱいで~~(^▽^;)
花に話しかけながら観賞していると、さも可笑しい人のようですが、気持ちはリラックスできます。
それにしてもミックさんの週末は充実していますね~(*^-^)ニコ 無駄がありません。

今日は村田の道の駅に行ってきました。
クリスマスローズの即売会だったんですよ~♪

URL | ミント ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、こうしてミントさんへのご返事を書きながらクラシックを聞くのはこの上もない至福の時間です。
今、花と対話されるミントさんを想像して書いております。ブログの本質は表面上の内容云々を超えた心の繋がりが肝心と考えています。
そのような心の奥底に響くのがミントさんの記事でありコメントであります。いつも優しいコメントを頂き感謝しています。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

「流行に左右されない普遍的なもの」に惹かれるようになるその変化、
私もほんの少しずつですが感じています。大歓迎の変化ですよね。
肉体的にはピークを過ぎていても、感動・感性の幅が広がる事で
日々が年々味わい深いものになってゆくその道程にワクワクし、
心の奥底で小躍り。精神はいつまでも青春して居たいものですね♪

URL | ロザリウム_ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ロザリウムさん、熟年という言葉を文中に使わせて頂きましたが、まだまだ壮年でありたいとも思っています。
但しこれは自分で言う言葉ではないと思うのであえて熟年とした次第です。
ここで「壮年」という言葉を語らせて頂くならば、ロザリウムさんのお言葉にあるように体力的なピークは過ぎても思考力やものに感動する気持ちはまだまだピークにある。否、経験を重ねただけにTOTAL的には若い時分を凌ぐものもある。
わたくし自身まだまだこう在りたいと思います。「精神はいつまでも青春」おっしゃる通りであります。
記事の深層部に関わる思慮深いコメントを頂戴し、恐悦至極に存じます。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)