FC2ブログ
東北学院大主催「牡鹿半島の暮らし展」IN鮎川
※日時指定投稿
最初にお断りしておくが、これは去る1月12日(日)に取材した記事である。宮城県牡鹿半島の石巻市鮎川地区は3年前の震災の津波で壊滅的な被害を受けた。多くの住居が失われて生活用品の多くが流失し、これらは人々の記憶とともに無くなろうとしていた。これに着目し、後世に語り継ごうとしたのがこの展示会である。本ブログでは今回から二回に分けてこの鮎川の往時の豊かな暮らしぶりが偲ばれる物品(流出物を含む)を紹介する所存である。尚、展示会の開催場所は仙台市青葉区図書館のメディアテークの一階ホールである。

展示会の全景、左隅では教授と思われるかたのフォーラムも開催されていた。

まずはこの鯨の髭をご覧頂きたい。鮎川(元鮎川町)はもともと鯨の水揚げで賑わった港町であった。

この髭は書物をして装飾にしたり、刷毛代わりに使ったようだが鯨は頭の先から尻尾までほとんど捨てるところがないと以前に聞いたことがあった。

鮎川の地理的な場所をgoogle航空写真で確認して頂きたい。鮎川は石巻川の内海に面し、網地島の陰になっており天然の良港であったことがよくわかる。
牡鹿半島を説明するならばブドウの房という概念を思い浮かべて頂きたい。一つ一つの漁村はブドウの実でありこれを道路が繋いでいるのだ。それは藩政時代から変わらぬ概念と言ってもよい。
 
それだけに実の一つ一つが神秘に包まれている。思うに昔は閉鎖性や独自性が強かったと察するのである。

鮎川のアップ写真。このスケールだと津波の被害はわからない。

これは2009年に私が撮影した鮎川の連絡船桟橋周辺の写真である。捕鯨条約で鯨漁は打ち切られやや活気を失ったものの、かつての港町の繁栄の片鱗を感じさせるには十分なアングルである。

2011年3月11日、津波に襲われる直前の鮎川。(YOU TUBEより)
動画はあまりにも生々しいので静止画での掲載とした。

多くの建物が流されエネオスのスタンドもこれが最後の瞬間となった。
明治時代から築き上げてきた豊かな町が津波に飲まれるのは誠にもって見るに忍びない、否耐え難い光景である;無念;

この航空写真のアップをご覧頂きたい。多くの建物が流され残材の片付けが済んだ今は空き地が広がるばかりである。赤は現在仮設住宅となっている場所である。

さて悲嘆に暮れてばかりは居られないので展示物を紹介する。これは漁具と見られるが大学側では用途や名称を把握していないようであった。
私には車やバイクなどに装着するタービン(ターボチャージャー)そっくりに見えた。

これは笊と似ているが「みかご」である。昔はこれに魚などを置いたのだろう。

鮎川は漁業の町だがそれだけではない。これは農家が使った木製の脱穀機である。恐らく昭和中期あたりまでは使われていたのではないだろうか?

長持は女性が嫁入りするときの必需品であった。伝統や家柄への拘り。長持ちにはDEEPなものを感じざるを得ない。そしてその背景には多くの人間ドラマが存在することだろう。

昔は長持の数が家柄のステータスであったようである。

これは仙台箪笥だろうか?この箪笥ももちろん嫁入り道具の一つである。果たしてどんな女性が使ってどんな人生を歩んだのか非常に気になるところである。

座式机である。明治、大正、昭和中期あたりまで使われたのではないだろうか?
座しての勉強はけして楽にあらず。昔人のひたむきさ、勤勉さを感じる品である。

実を言うと、私が幼い時はこのような木製踏み台は父方の実家にも母方の実家にもあった。昔は全家庭で必需品だったのではないだろうか?大工に作らせた家もあれば自分で作った家もあったことだろう。

次回へ続く
関連記事

コメント

No title

こんばんは。

ミックさん~、寒いですね~(^▽^;)
雪が少し積もりましたよ。明日の朝はどうかしら~

鮎川も被害が甚大でしたね。
震災前は鯨の町で賑わっていたのに・・・
そのエネオスは覚えています。テレビで何度も放送していました。本当に辛くなりますね。

鮎川と言えば、もう10年以上前にもなるでしょうか~
海から離れた所に鮎川金山がありました。砂金採り体験もできて小さな砂金の粒が3個採れました。もともと牡鹿半島は金や銀が採れ江戸時代?に伊達政宗によって開発されたそうです。今はもう無いかもしれませんが、牡鹿半島は財宝が眠っている山々だと私は思うのですが・・・
金華山も名前の通り金がざくざくでそうです。

長持ちを幾つ持たされるかによってお嫁に行くときは心境が変わったことでしょう~。目に見えてハッキリ水準が判ってしまうのはおめでたい結婚に水を差すようでもありますね。懐かしい品々が勢揃いです~(*^-^)ニコ
ミックさん、ご紹介下さり、ありがとうございます(*^-^)ニコ 復興を心より願っています。

URL | ミント ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

長持ち、踏み台、懐かしいですね。小生らの子供の自分にはありましたよ。

それにそしても、鮎川の被害も大きかったのですね。胸が痛みます!

URL | 行雲流水 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、私の父母は石巻出身ですがこの牡鹿半島は近隣です。それだけに親近感があるのです。
この日は自然に足が止まりました。そして鮎川のDEEPな文化、豊かな文化に心打たれました。
その感動を皆様にお伝えしたい一心でペンを執りました。
みかごがお気に入りなのですね。やはり目の付け所が違います。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

震災前の景色と比べると改めて被害の大きさを感じます。以前同様に、とは行かないでしょうが、少しでも
復興される事を祈ると共に忘れられてはいけない事だとも感じました。
鮎川は漁業も農業も盛んだったのですね。
鯨は捨てる場所がなく、口紅なども作られている事を知り昔、驚きました。
長持ちはやはりお嫁に行くときに持参する大切な家具なのですね。
結婚式で良く、タンス長持唄がかかっていたので
思い出しました。
展示会からは色々な歴史を感じますね。
続きも楽しみにしています。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

津波地帯でも、漁港を高台につくる訳にはいかないので、漁港の被害は止むをえないとして、漁民の集宅地は高台への移転が進んでいるのでしょうか…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
クジラの町だったんですね。こちらもクジラが
取れると町がにぎわった古い絵が残っています。
着実に復興していただきものですね。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん

長持から最後の踏み台まで全て嫁ぎ先にありました。
残念ながら、もうその姿はありませんが・・・
座式机・・・自分は小学生時これで勉強しました^^
とても懐かしいです!


心から復興を願っています。

URL | 和奴 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、このような道具を今でも見れるのは嬉しいことですが、この展示会の品の多くは津波で流失した泥の中から見つけ出されたようなのです。
牡鹿半島の古き良き次代の豊かな文化と復興へのアピール。ここに本展示会の開催価値を感じて参りました。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、歴史小説にも著しておりますが、伊達政宗の手持ちの金山としては陸前高田の玉山金山、本吉(現気仙沼)の大谷金山が有名ですが、サンファン号が出航したすぐそばの牡鹿半島にも金山があったのは驚きです。この情報で新たな方面への興味が広がりそうです。
長持とは良く言ったものでこの名前が家の末長い繁栄を祈念しているように名づけられた名称と感じております。この展示品にも人々のそのような願いを感じて参りました。
こう冷え込みますと春が待ち遠しく感じられますが、実際の春が来た時の感動も大きいと察し自分に言い聞かせております。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、この日は懐かしい展示品に目を奪われて参りました。
このような郷里を愛する気持ちが多くの人々の共感を呼び、復興に繋がっていくのだと思います。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、鯨から口紅も採れるのですね?それと箪笥長持歌は一度聴いてみたいですね。
鮎川は古くから漁業中心の町ですが、この脱穀機を見ますと、わずかな面積の水田では稲作が行われていたものと解釈して参りました。
津波に町が襲われるYOU TUBE動画はあまりにも衝撃的であり、身を切られるのに近いものを感じた故、掲載を見合わせました。
この展示会が復興を願う多くの人々に夢と希望をもたらすことを念じております。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、この地区の移転の情報は確認しておりませんが方針としてはおっしゃる通り(高台への移転)だと思います。
現に航空写真で写っている仮設住宅の地域は高台だと思います。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、投稿者様から古くは金山でも栄えたとの情報も頂きましたが、この鮎川は鯨の町として栄えてきました。
流出品(転じて展示品)の中にはこの鯨の髭の他に鯨を仕留める銛もあったと記憶しています。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

和奴さん、長持や踏み台、座式机は郷愁を誘いますね。この日は牡鹿半島の先端のこの町にもこのような豊かな文化があったと感じて参りました。
木は暖かみを感じさせる素材で、今の新素材にない魅力を持っています。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、おはようございます。

みなさん、昔の長持や箪笥、踏み台等、大事に使用していたのが判りますね。
あの震災ですべてが流されてしまいました。

これから、買えばイイと云うものでもありませんが、
貴重な財産を失ってしまいました、残念ですね。

ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

貴重な品々を沢山見せて頂き、ありがとうございます。
1つ1つ、じっくり拝見しました。

木はいいですね。作り手・使い手の体温が伝わってくるようです。
こんなふうにあったかな日常が冷たい波にのまれ放り出されたんだ
と思うと、やっぱりあの日の出来事はとても辛いし恐ろしいです。

大きな意義のある展示会のご紹介、これぞMNですね。

URL | ロザリウム_ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、こうしてこの展示物を拝見すると日本人とは真面目な国民だなと改めて思います。
それは家(家族)を大切にし子孫に財産を残そうとうする気持ちです。
この日はこういう気持ちに接することが出来て本当に良かったと思います。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ロザリウムさん、この地域は私の故郷のすぐ近く(私は石巻市出身)なので親近感を覚えました。
町が津波に飲み込まれる動画はさすがに息を呑みましたね。
昨年は郷里の復興に何が出来るかを考え、武者行列に参加したりしましたが今後も検討していきたいと思います。
コメント&MNを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

このエネオスの見える画像は何度も
テレビで見ましたよ。 建物の向うに迫る津波が
あっという間に町を飲み込んで。。。
思い出すと背筋が寒くなる場面です。
昔のような。。活気のある町に戻って欲しいですね。
祖母嫁入り道具にも長持ちがあったように思います。
今は全部処分しましたけど、昔の道具はどれも
温かみがあっていいですね。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

まゆさん、このスタンドの流出映像は心が痛みます。この町はブドウの房の終点でもあり、鯨漁の恩恵を一身に集めた町でした。
藩政時代は金山で、近世は鯨でもたらされた豊かな暮らし。私はこの町の復興を願って止みません。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)