FC2ブログ
シュトラウスⅡ世 歌劇「こうもり」序曲 小澤征爾 ウィーン・フィル


 エッセイ「時勢とともに変わりゆく街並み」
そろそろ一月も半ばになる。きょうの仙台は最高気温は一度で凍えるような一日だった。かろうじて真冬日はまぬがれたものの、東北でも太平洋側に位置する仙台ではこのような寒い日は滅多にはない。こんな日はいい音楽でも聞きながら熱いコーヒーでも飲みたい。夕方からYOU TUBEをいろいろと聴きあさっているうちにこの曲に出会えた。ヨハンシュトラウスの歌劇「こうもり」序曲である。このような音楽を聴きながら瞑想にふけるのはこの上もない至福の時である。


昨日のことだったが私は図書館の帰り道に連休の気楽な気持ちも手伝い、仙台市中心部を南北に走る晩翠通りを歩いてみた。その命名は仙台市ゆかりの詩人土井晩翠が由来という由緒あるものである。今でさえ4車線の立派な通りであるが、かつては細横丁と言われる細い路地だった。現在の晩翠通りには往時の細横丁の面影などは微塵も感じない。今では整然と整備され中心部はオフィスやホテルやマンションが建ち並び、北部に行くに従い法務局や小学校が建ち並ぶ通りとなった。



このような変わりゆく町並みを横目に見て歩きながら私は自分自身の変わり具合を重ねていた。自分で言うのもなんであるが数年前の自分と今の自分は相当異なるように思っているからだ。数年前、精神的なスランプを経験した私が性格的に変わったことは家族を含め一部の親しい人間にしかわからない。

多分見た目にはほとんど変わらないことだろう。否、厳密には年相応に白髪やシワが増え、口髭をたくわえたから明らかに異なるのであるが、以前の私を知る他人から見れば中身まで変わったようにはとても見えないはずである。一人の人間の他人に対する先入観などはそう簡単には変わるものではないのかも知れない。

実は以前、このギャップに悩んだことがあった。スランプ脱出後に知り合った人は問題ないにしろ、以前から私を知っている人間から見れば「あいつはそんな奴ではなかった。もっと大人しくて静かな人間だったはずだが…」と思うことだろう。しかし私は時が経つにつれてこう悟ったような気がする。「それを意識して人に知らしめる必要はない。」と。

それを力めば無用な摩擦となり、煙たがられることだろう。弱い犬ほど吠えるものであり、人から敬遠されるものである。自分の性格が変わったことなどは私と接した人間にさりげなく気付いてもらえばそれでいいのだ。



時代が経つにつれ、この通りがかつて細い路地であったことを知る人は少なくなってきている。これとまったく同じ道理で、これからは私が以前そのような人間だったことを知る人も徐々に少なくなっていくのであろう。

なにも焦ることはない。私はこのことを自分に言い聞かせつつ、そのような取り留めもないことを脳裏に抱きながら、この通りを最後まで歩き切った。信号が変わったのだろうか?ビル街に一瞬だけ車の通りが途絶え、静粛が訪れた。「そうだ。この静粛(間合い)こそが今の俺に必要なんだ。」今夜は冷え込みそうだが明日も晴天が望めそうである。私は足取り軽く帰途についた。
関連記事

コメント

No title

ミックさん
時代とともに街も変わっていくんですね。
ご自分の事と比較して前向きに考える。
客観的な姿勢に感服です。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

.......いつも.いつも.いつも思うのは..
ミックさんってどうしてそんなに何から何まで
優れているのでしょうか..クリオネとは正反対ですネ
クラシック&文学&歴史..全く0点のクリオネです..

上の記事も読ませていただきました..けど..
精神的なバランスを崩すって云う事は..
とっても..繊細でな方なんだな~?って思いましたよ
人からみたら分からないだろうけど..
...って云いますけれど..
クリオネは人を見た目だけでは判断はしないんですよ
....しっかり観察させていただきますのhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s87.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s87.gif">
あくまでもクリオネ目線ですよ..(笑)

「人には添うてみよ.馬には乗ってみよ」...
人を見た目で判断してはいけない.付き合ってみなければ分からない..って云う事ですよネ..
馬もそれぞれ癖があって乗ってみなければ分からない
.....っていう事なんですよネ..
でも
立ち直って良かったですね...。
niceぽち~(*^_^*)

そういうクリオネも人からは誤解を受けやすい人です
だから人は見かけで判断しない事にしてるんですよ..

URL | クリオネ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。

寒い一日でしたね。日常の事ですから何も変えようがないのでクラシックでも~と我を変えてみる!その方が一日心地よく過ごせます。同じ人でも前向きな発想によって人生が変わってくるものですよね。ミックさんは、とてもご自分をよく判って、そして努力されている。
そうなるまでには、きっと幾多の紆余曲折があったはず・・・この辺りは変わりましたか・・私はここをよく通ります。オフィス街で物静かな時も多く機械的で作られた街に感じるときもあります。
森と杜の違いのような・・
少しの静寂も我が人生の合間と考え、重ね合わせることにはミックさんの人柄や人徳さえ感じます。僅かな幸せも大きな喜びのような・・・ いつも纏まりがなくてすみません(^▽^;)
ミックさん、そのペンがステキ。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

URL | ミント ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
ほんとうに寒い日が続いてますね。

ご自身の心の変化と街並みの変化を合わせて考えられた発想に何かハッとするものがありました。
街並みの変化をただ自分の好みをもとにしか考えていないことに気づかされました。
改めて周囲の人を、街並みを眺め直してみたく思います。
記事の意義の深さにナイス!です。

URL | はぐれ雲 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、現在の仙台の中心部はほとんどは戦災に遭っていますのでこのあたりは藩政時代とはかなり異なるものとなっております。
かなりと申し上げたのは私の市街地散策に登場する大名屋敷や足軽屋敷に一部藩政時代の面影が残っている点があるからです。
ちなみにこの通りが都市計画によってこのような太い4車線になったのは昭和40年代だったと思います。
また伊達政宗が築いた二つの城(仙台城、若林城)によって発達した通りが鈍角(110度前後)に交わりあって、現代に残っているのも興味深い点です。
私の性格に関してはまだまだ修行の身であると心得ております。今後ともご指導のほど宜しくお願い致します。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、そのTVは以前の録画(皇室アルバムでも放映)だと思いますがお知らせ頂きありがとうございます。
私の性格は精神医学で寛解と言われるものがもたらしたもので一般のかたの変わる(少しだけ変わる)とはまったく異なるものと自覚しております。
所謂一度骨折した場所が再び骨折しにくくなる。そのような概念に近いものです。そういう意味で昨今はようやく新しい性格とつきあっていく自信がついてきたのです。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、貴兄のコメントを拝見しますと御自身の悟りが大きなものを占めているとお察し致します。
ボランティア精神、今のわたくしに足らないものを考えるとき、まず第一にそれが揚げられます。そのような尊い心を持てるようにわたくしも今後は精進して参りたいと思います。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、寛解がもたらした新しい性格とようやくうまくやっていけるような気がしてきた。そういう意味合いでこのエッセイを書きました。
その変わり具合は以前の私を知る人にしかわからないもの(経年による変化とは違い、人格そのものまでもが変わるという意味)があると思います。
しかしこれはデメリットだけではありません。その恩恵によって私は社交的になり、こうして皆さんと楽しく交流できるものと考えております。
昨日はもう少しテンションの高いロックやマーチのリンクも考えましたがエッセイの内容からいってこの落ち着いた曲にさせて頂きました。
ご自身に関することを語って頂き感謝しております。今後とも宜しくお願い致します。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、一昨日は変わり行く仙台の町並みと己の性格の変化を比し、客観視しようと試みました。
未熟が故にまだまだ仙人のような客観視には至っておりませんが、その境地に少しでも近づけるように精進を重ねて参りたい所存です。今後とも宜しくお願い致します。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

クリオネさん、過大なる評価並びに核心に迫るコメントを頂き恐縮&赤面しております。(笑)
このあたりの事情は「躁と鬱」、「支倉常長と私」に詳しく著していますので、それをお読みになったものと解しております。
このスランプのお陰で私は生涯二つの性格を有することになったわけですが、この性格の変動は経年から来るところの悟りや性格の変化とはまったく意味合いの異なるものであります。
それを見通してのご発言にはまことに恐れ入った次第です。
今後もこのような心理の深層に関わるお付き合いが出来ればと願っています。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、晩翠通りは西公園と並んで市内では最も好きなところであります。
一昨日はこの通りを歩きながらこのような取りとめもないことを考えてしまいました。
以前、ミントさんに人生における無用の用の道理をご教授頂きましたが、その教訓が役に立った気がしております。
また歩くことで思考の消化が促進されるのは偉大な先人、阿部次郎から学んだ知恵でもあります。
わたくしはこのような効用を考え、今後も散策に親しんでいきたいと考えております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

はぐれ雲さん、奥の深いコメントを頂き恐縮しています。変わり行く街並みも自分自身も客観視したいという願いはありますが、煩悩によってこれを妨げられるわたくしめの昨今です。
しかし、このような中でもこうした散策により混乱しつつある思考を整理し、新境地が開けるのに気づきました。
これからも散策を心の友とし勤しんでいきたいと思います。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

>時代が経つにつれ、この通りがかつて細い路地であったことを知る人は少なくなってきている。。。

この文章が好きですね。
おおかれすくなかれ 人は誰しも このような感覚に
陥ることがあるような気がします。
すべてのことを分かってくれなくてもいい。出会ってから ここから先のことを理解しあえれば幸せかな。。。
なんて考えながら ミックさんの作品を読ませていただきました。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、お察しの通り、エッセイや小説のたぐいは筆者は読者の想像の域を意識して残すのが常套手段となっています。
また、オチのないエッセイ(小説)は日誌となんら変わらないものになってしまいます。
だからと言って全部隅々まで書いてしまうとくどくなる。
そのへんのキーポイントを本作では「静粛」という言葉に込めてみました。
丁寧な感想を頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、おはようございます。

私は、YOU TUBEで良くピアノ演奏を良く聞きますが、
クラシックはどうも。苦手であまり、聞きません。

街並は時代とともに変わりますね、ミックさんも住み慣れた街ですから、移り変わりが解り、懐かしさもあり、
悲しさもあるのではないでしょうか。

ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、この日は変わり行く仙台市街地を見ながら我が人生を重ねてしまいました。
確かに古いものには懐かさを感じますが消え去り行くものには寂しさを感じますね。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは。
今回も 心に沁みるブログでした。

私は、やはり変わると思いますし、
どの様に変わりたいかも、年齢とともに
変わり、変われると思いますが、 健康面での
状況はどの様に 影響するのか・・・、
まだまだ・・・人生は 長いですね。

URL | と記ど記に記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アアイアウさん、執筆者冥利に尽きるような暖かいお言葉を頂戴し、大変感謝しております。
私の場合は精神の病を患いましたので寛解(精神医学用語で精神が安定して落ち着くこと)の副産物が社交性やポジティブ性をもたらしたのです。
これは一般に言う性格の変化とは異なり、自己防衛(再びこのような病を患わないための必然的な備え)の一つであると解釈しております。
このお陰でわたくしは生涯に於いて二つの性格を有することになったわけですが、「静粛」を意識してからようやく新天地を悟ったような気がしております。
やっと地に足が着いたような気分なのです。今後はこの教訓を人様を思いやる気持ちに変えて恩を返していきたいと心得ます。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんばんは~^^

オーケストラ曲を聴くと落ち着きますね~^^
私はこの演奏を聴きながら、ここへ留まって居ます。
仙台の街並みは、素晴らしく都会だと聞きます。
ちょっと不思議に思ったこともありますが、事実そうなのですね。
街並みがどんどんサカエル事は素晴らしいです。
その代り、昔の街並みを知らない人も増えて行く、これもありですね~!
ミックさんが歳を取った様に、みんな一緒に歳を取って居ます(笑)。。。。。私もです^^
私もミックさんと同じ様な事を感じる事多いですよ。
変わりゆく物、殆どですね~!
変わらないものは、ちょっとこのギャップに寂しくなります。

今日は、弱い犬ほど吠えるもの。。。。。この言葉が身に沁みましたよ。
気を付けないと、恥ずかしいですね~!
ナイスhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s317.gif">

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Rainさん、拝聴を頂きまことにありがとうございます。気分が高揚がちになる私に静粛をもたらしてくれるのがこのようなクラシックです。
この曲の前奏を3分13秒まで聞けるか否か、ここに私の拘りがあります。
性格は変わっても志は変わらない。そうです。街並みは絶えず変わって行きますが志はけして変わらないのです。
私はこのエッセイでこれを伝えたかったのです。
いつも素晴らしいコメントを頂きありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)