fc2ブログ
 三連休の初日に今年初の古美術を楽しむ
昨今の私はブログを通じて様々な趣味を持ったかたとお付き合いさせて頂いている。これは自身のブログの中でも「趣味は二の次でお人柄第一」をキャッチフレーズに掲げる論拠でもある。ブログでのお付き合いが講じて今までまったく興味のなかった分野に興味が及ぶ。そして新しい知識が自分の感性を豊かにしてくれる。自分の知らないことを教えて頂く。これは中世から近世にかけての世界の東西交流にも酷似している。これだけでブログ運営者冥利に尽きるというものである。
 
古美術、骨董のたぐいは以前は若干の興味はあったものの、数年前までは自分から進んで鑑賞するということはほとんどなかった。しかし一年半ほど前にブログでひがにゃんさんと出会い、お付き合いさせて頂いてからはまったくスタンスが変わった。この趣味は非常に落ち着いた趣味であり、己の煩悩を和らげてくれるのに気がついたのである。そしてこのことが不あがりさんとことじさんの出会い、お付き合いへと繋がることになったのである。
 
それと同時にもう一つの理由についても述べなければならない。それは尊敬する作家志賀直哉からの影響である。この二つの理由が古美術、骨董という私の新たな嗜好の導火線に火を点けてくれたのだ。
 
きょうの午前中、私は川歩きと神社仏閣巡りとともに昨今の三大趣味の一つとなった古美術を鑑賞するために、仙台市地下鉄を利用して若林区にある福島美術館を訪ねた。この美術館には既に十回近く足を運んでいる。

この車屋の路地を左に入ったところが福島美術館である。

いつものことだが、美術館に行く前に数十メートルしか離れていない阿部次郎邸跡地を訪ねた。美術館や博物館は立地も大切な要素になるが、ここに彼の住居があったということだけでこの周辺地域には大きな箔がつくというものである。

今年初の福島美術館であるが、この日は他の行事があったため駐車場はいっぱいであった。

この日のテーマは「一富士、二タカ、三○○」である。縁起のいい初夢をもじったのだろうが三をナスビとしないのはそれなりの理由があったようである。
 
※遠藤速雄画「富士」こういう絵を見ながら私はゆったりとした気分で銭湯の湯に浸かりたい(笑)

遠藤速雄は宮城県出身ということで興味を引かれた。この「富士」は百数十年前の画とは思えない迫力がある。

次は鷹の画である。華崖筆「御所車に鷹」、鷹の絵ではこれが一番印象に残った。今にも鷹が絵から飛び出してきそうな勢いを感じた。また御所車には品格と誇りを感じた。

三の○○(ナスビの代わり?)である。熊耳耕年筆「寿対鳥松竹梅」昭和9年作なので80年前の作品ということになる。松竹梅も雉も正月に相応しい縁起物という印象を受けた。

歌川広重「東海道川尽大井川の図」この絵には本日一番のインパクトを受けた。
橋のなかった江戸時代の風物がよく反映された画である。手前右の三度傘を被った女性は花魁?のようにも見える。

「東海道川尽大井川の図」の説明である。

これは二階の常設展コーナーにあった粉彩双竜文輪花皿である。

↓の説明書きを見ると19世紀?の中国(清時代)作品ということであった。

アンケート(どの作品が一番良かったか?)に答えて空クジなしの景品を頂いた。プラスチック製の「昆虫の大名行列」の本のしおりである。頂いて嬉しかった。

日中は日照があって風も弱くそこそこの天候だったがきょうの夜は冷え込みそうだ。きょうは三連休の初めに際し、幸先の良いスタートを切れた気がする。私は少しだけ心が軽くなるのを感じて帰路についた。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)