fc2ブログ
山本周五郎「松の花」1942『婦人倶楽部』発表


山本周五郎「松の花」あらすじ
紀州徳川家の佐野藤右衛門は千石取りの家老である。彼は六十四歳になるが髪に少し白髪が増えたのと視力がやや衰えたのを除けば壮年の者を凌ぐほどの健康を有していた。彼は年長者への配慮により長年勤めたお勝手役の職を解かれ、代わりに藩史編纂の担当を任ぜられていた。昨今彼は「松の花」と言われる紀州家中の烈女、節婦といった誉れ高い女性たちの伝記の校閲を行っていた。



そんな折に数十年来寄り添った妻のやす女が病のために家族や従者に見守られながら息を引き取った。藤右衛門が死に水をとると布団の外に手がはみ出ているのを見つけ、それを入れてやろうと手を握った。すると思いのほかざらざらしているのに気がついた。藤右衛門は通夜の晩、長子格之介と次男金三郎に半通夜にするように言いつけたが、金三郎の懇願を受け入れ従者の一晩の伽(終夜に渡る通夜)を認めることにした。
 
初七日の法要が済んだ後で妻の身につけていた衣類の形見分けをするように長子の格之介に言い渡した。形見分けの品選びをするために、妻の箪笥を開けた藤右衛門は、その品が質素であることに驚いた。それはどれをとっても着古した木綿ものであり、継ぎあてされ仕立て直されたものばかりであった。これを見た藤右衛門はなかばあきれ顔で格之介に「人の目に触れて恥ずかしい故、折を見て焼き捨てよ。」と申し付けた。
 
妻の生前の質素倹約は召し物に留まらなかったが奉公人への祝儀、不祝儀は新たに買い求めた高価な品ばかりであった。そんな折に藤右衛門は格之介から「武家の奥方はどのように質素であっても恥にはならないが主君や臣下に分相応の奉公、振る舞いをするには常に千石千両の貯蓄を欠いてはならない。」という生前の妻の言葉を聞かされる。
 
そう言われてみると藤右衛門には心当たりがあった。以前藩の財政を助けるために献上金を出したことがあったが、その時三百両という大金を数回に分けて何事もなかったように払ったことがあったのだ。実はその献上金こそ、妻の質素倹約が生んだ蓄財から捻出されたものであったのである。



藤右衛門は妻が生前何一つ不自由なく暮らしているものとばかり思っていたのはまったくの思い違いだった。彼は妻が死んでからそのその存在の大きさに初めて気づいたのであった。妻の亡き後も深夜まで筆を握り「松の花」の校閲をする藤右衛門、この時彼は現在校閲を手がけている「松の花」の序文を思いついた。それは烈女の陰に隠れがちの節婦が如何に偉大であるかということであり、彼女たちの勲功がどれほど偉大であるかを世に知らしめることであった。その晩もすっかり夜が更けていた。そして彼の脳裏にはあたかも春風のようなやすの笑顔が蘇ってくるのであった。
 
読後感想
 
直木賞受賞を辞退した山本周五郎の日本婦道記シリーズ中の一作、妻による内助の功は昔から日本の美徳として語り継がれてきたが、侍の場合主君や臣下への奉公や振る舞いが肝心なので、特に顕著なものがあるのではないだろうか?藤右衛門は生前のやすに対して水や空気のようなものであり、その存在を当然とばかり思っていた。しかし死によってその存在が初めて客観視できるようになり、偉大なものであったことに気付いた。往々にして連れ合いの長所は生前にはなかなかピンと来ないものなのかも知れない。
 
藤右衛門から半通夜と言われた時に従者の者はやすを偲んでなかなか立ち去ろうとしなかったが、これはやすが家族や親族だけでなく、従者の者たちからも慕われていたからであった。自分は質素に慎ましやかに暮らしながらも家のことを第一に考え、夫を立て常に蓄財を欠かさない。ここに我が国の良妻賢母の鏡とも言える女性の理想像を感じた。哲学的な視野に立ち、倫理観に優れつつ、世の見落とされがちな部分にスポットを当てた周五郎の非凡を感じる名作と思った。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)