FC2ブログ
新年の寺社仏閣巡りによって得られる心の平穏
私には昨年から始めた新年の恒例行事がある。それは寺社仏閣巡り、少なくとも四十代までは全くと言っていいほど興味のなかった寺社仏閣巡りが昨今は私の新たな趣味として定着した感がある。1月5日に私が最初に訪れたのは仙台市青葉区の北山霊園である。まずは哲学者、美学者の仙台名誉市民阿部次郎の墓である。既に没後55年が経過したわけだが彼が仙台に残した形跡(功績)は極めて大きい。この墓は位置といい、大きさといい圧倒されるものがある。まさに偉大な彼に相応しい墓でないだろうか?
北山霊園を後にした私は隣接する羽黒神社を訪れた。仙台では正月様を燃やす祭事をどんと祭と呼んでいる。以前は成人の日の前の日であったが今は違う。それでも1月14日がどんと祭というのはずっと変わってない。

羽黒神社本殿、江戸時代からの由緒ある神社であるが八代はこの通り新築されたものである。私が今立っている場にはきっと多くの先人が願をかけに訪れたに違いない。私はそう考えると壮大な時の流れに身を任せるような至福さえ感じるような思いがした。

この日のルートを航空写真でご覧頂きたい。黄色○:北山霊園阿部次郎墓、黄色□:伊達政宗御生母保春院灰塚(永昌寺)、赤□:仙台藩奉行、原田甲斐旧屋敷山門移転場所(荘厳寺山門)、オレンジ□:仙台藩士支倉常長六右衛門墓所(光明禅寺)

ここが伊達政宗公の御生母、保春院の灰塚である。(永昌寺内)

灰塚とは一体何なのか?空の棺を四十九日前に焼いた場所らしい。仙台藩主とその夫人にのみ適用されるきわめて珍しいしきたりのようである。

この後私が訪れたのは隣の寺の荘厳寺である。

どうやらこれは寛文事件で有名な原田甲斐の屋敷(片平町)から移転された山門らしい。彼が本当に逆臣だったのか否かは今でもミステリーのままである。

このあと政宗公の正室、愛姫が葬られている輪王寺を訪ねた。この長い参道をご覧頂きたい。圧倒的な存在感、格式から言ってもここは仙台でも筆頭に位置する寺である。

最後に仙台藩士、支倉常長の墓所がある光明禅寺に行った。彼には自作歴史小説「金色の九曜紋とともに」を無事に書き終えたことを報告した。

私は新年のけじめを付けるに相応しい一日に心底感謝し、帰路に着いた。
関連記事

コメント

No title

ことじさん、川歩きとともにここ数千前から趣味になった寺社仏閣巡りですが、きっかけは志賀直哉への傾倒でした。
まだまだ煩悩が多く、無我の境地には程遠いわたくしですが少しでも煩悩を減じてくれれば幸いに思います。
藩主伊達輝宗公は政宗公の父ですが、ここはその正室(政宗の生母)にあたる義姫(保春院)の灰塚になります。
また支倉の墓参りが果たせてほっとしています。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、昨年末に歴史小説を書き上げてから気になっていた支倉への墓参りが出来て嬉しく思います。
彼にはただただ、お役目お疲れ様でした。とだけ声を掛けてきました。
昨今の支倉ブームでようやく歴史の表舞台に出てきた彼に改めて敬意を表して参りました。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、以前も紹介しましたが、仙台藩士、原田甲斐は山本周五郎原作の「樅ノ気は残った」では逆臣でないように否それどころか仙台藩取り潰しを防いだ功臣として描かれており、この門の造りの所以を考えると興味の尽きない部分です。
このあたりに思いを馳せるのも歴史探訪の大きな醍醐味です。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、灰塚や逆さ門は今年の新しい発見でしたがわたしに更なる興味をいざなうものとなりました。
志賀直哉の多大な影響を受けた寺社仏閣巡りですが、心の平穏を得るにはいい趣味であると思っております。
最後の後姿はセルフタイマーで撮影しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
冒頭の墓は立派ですね。没後半世紀以上経つ。それでも綺麗になっている。この方が如何に尊敬されているかですね。
逆さ門、逆臣であったとはいえ。これは辛いです。死んだ者はどんな悪人であれ仏様になるのです。その気持ちがあればなあと感じます。
そして支倉の墓へのお参りですが。これは素晴らしい。ミック様らしい。良い正月の初めとなりましたね。これはナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

新年の寺社仏閣巡り、やはり支倉の所へも行かれたのですね。去年の大作が終わり、良い報告が出来ましたね。
とても良い供養になったと思います。
灰塚と言うのは初めて知りましたが何か色々な
ストーリーが隠されているような気もします。
興味が湧きました。
どんど焼きは暫く行っていませんが故郷では1月7日に
行われていました。その土地によって違うのも初めて
知りました。有意義な時間、新年の幕開けに相応しいですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

安部次郎

酒田市松山町の生まれ。仙台にりっぱな墓があるのですね。仙台市の名誉市民なのですね。
昨年の12月 安部次郎の生家を見学に行こうと思い
調べましたら 冬季は閉めてあるようです。
庄内で 気になっている場所のひとつです。

支倉のお参りもできて 安堵されたことでしょう。
今 支倉常長が見直されていることも 喜ばしい限りですよね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

寺社仏閣散策、良い趣味じゃないでしょうか。私も最近散策の素晴らしさに気付き始めたところです。ピーンと張った冷たい空気の中を、少し早足で歩き、じんわり汗をかいてくるのがいいです。

URL | 単車男 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは。

私も神社仏閣巡りが好きで若い時は良く行ったものです。
山形庄内の羽黒山の関係のある神社でしょうか。
違っていましたら、ごめんなさい。

ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちわ。
神社仏閣巡りは私も好きです。
昔の人達の足跡に触れることができるので。
それにしても凄い距離を歩かれてるなあ
と関心するばかりです。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

神社巡りは、
空気の澄んだこの時期がいいですよね。
建てられた時期の、
スモッグの無い空気感が少しでも
味わえれば・・と思います。

URL | ぶらーべん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、この逆臣とされている人物こそ、昨年末にNHK大河ドラマビデオ「樅ノ木は残った」(山本周五郎原作)に登場する原田甲斐です。この小説では逆に功臣とされているのは極めて注目すべき部分です。
このあたりは研究の対象として取り上げるのに十分なものを感じています。
この支倉の墓のそばには支倉家の墓もあり、数箇所説のある墓所中で最も有力とされる墓です。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、灰塚にしろ逆さ門にしろ支倉常長墓所にしろほとんどが伊達家に絡むものばかりです。
従って仙台市内でもこのあたりは格式の高い寺町と言えます。
支倉の墓所はけじめという意味で是非行きたいと思っていました。それが今回果たせて嬉しく思います。
どんと祭はこのへんだけの呼び名でどんと焼きというところが多いようですね。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、阿部次郎は若林区の土樋というところ(広瀬川のそば)にずっと住んでいました。
酒田市松山町の生家の雪解け後の取材&記事掲載楽しみにしています。
支倉の持ち帰った資料がユネスコ遺産登録されてから更に注目度が高くなった気が致します。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

単車男さん、健康増進を図りながら郷土史を覗ける。このあたりに神社仏閣巡りの大きなアドバンテージがありそうです。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、仙台市羽黒神社をインターネットで調べて参りました。
それによりますと北山羽黒神社は慶長7年(1602)に伊達政宗が福島県信夫郡の羽黒山山頂にあった羽黒神社を分祀したものとなっております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

まゆさん、私は人一倍もの好きな性格なので気がつくといつの間にか歩いているという感じがします。
この日は前日の四日と連ちゃんで8キロX2日=16キロくらい歩きました。足が丈夫なことだけがとりえのわたくしです(笑)
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ぶらーべんさん、確かにこの日は放射冷却でやや冷え込みました。このあたりは空気も綺麗で歩いていても癒されます。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは^^

お正月の神社仏閣めぐり、素晴らしいですね~!
この地図からしますと、凄い距離ですね。
お疲れ様でした^^

伊達正宗公のお母様のお墓を見ることが出来、とても嬉しいです。
先ず、こんな遠くに住んでる私は行くことは出来ないと思います。。。。。感謝します。

そちらでは、「どんと祭」というのですね。
私の所では、「どんど焼き」と言います。
地方によって、色んな言い方があるのですね。

最後のミックさんの後ろ姿。。。。。ナイスhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s325.gif">です^^
お疲れ様でした。。。。。。。

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Rainさん、これは墓でなくて灰塚(記事参照)です。空の棺を焼いてその灰を塚にしたから灰塚です。
今年もどんと祭が迫ってきましたね。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)