FC2ブログ
 西洋人として初めてアフリカ最南端に達する
ポルトガルのアフリカ西海岸開拓事業は1460年のエンリケ航海王子の死去以来停滞する。その理由は財政難であった。それでも開拓事業は継続したい…。当時国王だったアフォンソ5世はこの二つの条件を満たす極めて合理的な方法を考え出した。それはリスボン在住の富豪家、フェルナン・ゴメスと5年契約を結び、一年に640キロずつ南下する代わりに貿易圏を独占できるというものであった。
 
ゴメスは優秀な航海者を雇い、これを順調に成し遂げ、奴隷貿易で莫大な財力を得た。この結果5年間で3,200キロの南下が成し遂げられることとなった。しかしゴメスとの契約は5年で打ち切られた。そんなに儲かるならポルトガル王室自らが直接この事業を行ったほうがいいと思ったからであった。
 
1482年次の国王であるジョアン2世はディオゴ・カンをギニア湾(アフリカ西海岸のL型になった大きな湾)に派遣することを決定した。カンはその期待に応え、1360キロにも及ぶ未踏の航路を開拓するのに成功した。彼がこの時到達したのは現ナミビアのクロス岬(赤○)である。
 
※前編「大航海時代のポルトガルが抱いた野望その1」へのリンク

そしてディオゴ・カンの後に登場するのがこのバルトロメウ・ディアス(1450頃~1500)である。読者諸兄におかれては喜望峰に初めて到達した西洋人はヴァスコ・ダ・ガマとお考えのかたもいらっしゃるのではないだろうか?しかしそれは違う。バルトロメウ・ディアスこそ初めてアフリカ最南端を廻った人物なのである。

これはちょうどディアスが活躍した15世紀後半に作られた世界地図である。アフリカ大陸とその南の大陸の間の航路が微妙な表現になっている。

それではディアスは一体どのような船に乗ったのだろう?彼の乗った船はカラベルと言われ、左側の船に近いクラス120トン級であった。126年後に日本の支倉常長率いる慶長使節団が乗った船(サンファンバウティスタ号)が500トン級なのでそれの四分の一程度の船だったのである。

そして船の全長は27メートル程度であった。

記録によるとディアスは3隻の船団を組んで1487年8月にリスボア(現リスボン)を出航したとある。

当時の出航はこのようなものであったと想像される。

ディアスが乗った船はこのようなカラベルであったと推測される。

航路図をご覧頂きたい。ディアスはクロス岬までは順調に航海したものの、その後13日間にも及ぶ嵐に遭遇した。嵐が過ぎ去り北に向かうとついに待望の陸地を視界に捉えたのであった。しかし船内は緊迫していた。疲れ果て食料が底をついて乗組員が氾濫寸前に陥ったためであった。乗組員はこれ以上進むのを拒否したためにディアスはやむを得ず引き返すことにした。そして大きな岬を発見し「嵐の岬」と名づけた。この岬こそかの有名な喜望峰(ジョアン2世命名)である。

アフリカ最南端(厳密には最西南端)、嵐の岬改め喜望峰

実はこのとき、ジョアン2世は全くルートの異なる別の使節も派遣していた。ペロ・デ・コビリャンとアフォンソ・パイバである。パイバはすぐ亡くなったがコビリャンはインドやエチオピアに入国し国王に報告書を送った。これが後のヴァスコ・ダ・ガマのインド派遣に繋がったのであった。

ジョアン2世の命により、ディアスは必死になってこのようなパドラン(到達碑)を立てたと思われる。

乗組員の反対でポルトガルに戻ったディアスであったが、彼は紛れもなくアフリカ最南端を最も始めに訪れた西洋人であった。

次回は本シリーズのハイライトであるヴァスコ・ダ・ガマのインド航路開拓をお伝えする。
関連記事

コメント

No title

ヴァスコ・ダ・ガマは朧気な記憶ながら歴史の授業でも
喜望峰に初めて到達した西洋人と、習った記憶が
ありました。簡単な解説だったので、こうやって
その前に到達されていた方がいたのは驚きです。
ディアスが先にこの地に渡った事で、後にガマの功績にも繋がって行くのですね。
歴史書に大きな名前は残さずとも素晴らしい行動だったと思います。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
私はこのあたりの事は全く知りませんし判りません。ヴァスコ・ダ・ガマの名前ぐらいしか知りません。おそらく触りぐらいは高校で習っている筈ですが。私は劣等生でしたから全く覚えていません。恥ずかしいです。今回非常に勉強になりました。しかし一回読んだだけではまだ理解出来ていません。何回かお邪魔して改めて勉強したいと思います。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アフリカ最南端を最初に廻ったのは、ヴァスコ・ダ・ガマだとばかり思っていました。

それにしても当時のポルトガル人の挑戦欲は凄まじいものですね。今のポルトガルからは想像もできません。

URL | 行雲流水 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

大きなアフリカ大陸を南へ南へと進んでいくのは大変な勇気を必要としたと思います…。。。

人類の英知と好奇心に感心しますね~。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、偉大な航海者として歴史に名を残したヴァスコ・ダ・ガマですが、けして単独のものではなく、背景にはカンやディアス、コビリャンらの地道な積み重ねがあったのがおわかり頂けると思います。
次の掲載記事ではヴァスコ・ダ・ガマの有名なインド航路を紹介しますが、彼の航路はディアスとコビリャンの歩んだ航路を複合させたような航路でした。
ここにポルトガルという国の強かさを感じます。一昨日の同国の国歌にはそのへんの志(困難に屈しないフロンティア精神)が込められていると思います。
改めてディアスらの勇気を讃えたいと思います。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、アメリゴベスブッチとコロンブスとの関係のように第一発見者より第二、第三の者が功績を築き、歴史に名を残すのは珍しいことではないと感じています。
ヴァスコ・ダ・ガマとディアスの関係もこれと似ています。
余談ながらディアスは喜望峰を最初に発見した後、1500年の南米大陸への派遣(ブラジルの発見に繋がる大航海)で嵐に遭い、命を落としています。悲運としかいいようのない最後でした。
歴史に「たられば」はありませんが、ここで彼が死ななければ彼はヴァスコ・ダ・ガマと肩を並べるほどの偉大な航海者になっていたことでしょう。
このあたりには運に恵めれる者とそうでない者の明暗を如実に見る思いが致します。
それ故に今回はディアスの隠れた功績にスポットを当てたかったのです。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、外洋を渡り得る帆船の開発がポルトガルの世界制覇の夢に輪をかけたことでしょう。
しかしながらその一方では隣国スペイン(往時はカスティーリャ王国~イスパニア王国)との軋轢を大いに感じたことでしょう。
この時代はイギリスとオランダがまだ出てきていないだけにこの二大海洋国の時代でした。
一つの国の興隆と衰退はおっしゃる通りであり、普遍的な人間の営みそのものであります。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、歴史に名を残した航海者はごく一部で、その影には多くの人々が海の藻屑となって消えてゆきました。
人間の運命とはそんなものなのでしょう。歴史と哲学は直結しています。
私はここに大きな魅力を感じるのです。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん こんにちは

大きな功績の前には必ず地道な”元”があるのですね。
なかなかその”元”にはスポットが当たらず・・・
やむを得ず引き返す!そして「嵐の岬」発見
パドランを立てた時の気持ちはさぞ高揚したでしょう。
カラベルと荒海の戦い・・・今年もガンバレそうな気がしてきました(笑)

URL | 和奴 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
ヨーロッパとアフリカそしてインドへ航海が拡大
していく様子が良く判ります。
国益としての貿易と国王の夢を実現するという
ロマンがありますね。
大航海時代の夜明け前といった歴史的な転換期
へのプロローグのようにも感じました。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

和奴さん、地道と言うお言葉はその通りだと思います。
ディアスはこの後の1500年南米にも向かいますが、惜しくも嵐にあって落命しています。
ディアスはガマのように有名ではないにしろ、このアフリカ最南端到達の偉業は後世にも色褪せない栄誉として長く語り継がれてゆくことでしょう。
船の型式であるこのカラックやカラベルですが、後から登場するガレオンとはかなり異なります。
これはイギリスやオランダが台頭する前で海賊も少なく、やや船の武装が甘かったと考えています。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、財政難に苦しむポルトガルがこの契約制を採用したのは大きなポイントだったと考えております。
一見すると一石二鳥とも言えるアイディアですが順調に航路が開拓されて始めて成り立つものです。
私は相手が荒海ならばリスクも高かったと思うのです。しかしこれが順調に推移する。ここにポルトガルの運を感じます。
王室、貴族、騎士…、そして莫大な利益を巡る男たちの野望が渦巻き始めます。ここに我が国の戦国時代並み、否それ以上の面白さを見出すのです。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

野望があったとはいえ、まったく未開の地へ乗り込んでいく
フロンティア精神はすごいですね。
命知らずと言うか・・;;

蓄積されていった帆船建造の技術や航海術もすごいと思います。

URL | ひろ-Nyan ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

でぶひろさん、この航海はい命を落としても不思議でない過酷な航海であったと思います。
ディアス胸中には帰国してからの栄光も散らついたことでしょう。
しかし船内が反乱寸前になっては引き返すしか術がなかったのではないでしょうか?
不運としか言いようのない後戻りでしたが彼の引き返す勇気が後のガマの快挙に繋がりました。
造船技術の進歩が彼の大航海を生んだと言ってもいいのかも知れません。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今は地図が分かるから良いですが、当時は地図もわからず進むわけですよね。
でもこのフロンティア精神とチャレンジ精神はすごいですが。。逆に、黒人奴隷を生んでしまったのも事実ですね。。

URL | プチポア ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

プチポアさん、その通りです。航路開拓より奴隷貿易のほうが金になったのは皮肉なことです。
このあたりは人種のシャッフルとも言えそうですが、当時は人権という言葉すら疎い状態だったと感じております。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)