fc2ブログ
伊達者らしく真摯に、豪華に、そしてインターナショナルに!
※日時指定投稿
私のブログは最近肩の凝る記事が多いのできょうはやんわりと行きたい。
三連休の中日のきょう、私が向かったのは仙台駅構内にある弁当の小林の駅弁コーナーである。時間は昼時であったが結構人だかりが出来ていた。

この看板をご覧頂きたい。弁当を指差す支倉常長の凛々しい表情、そして弁当の向こうにはサンファン号が

進路は東という文句が素晴らしい。まさに往路の航路通りである。

中身は一見幕の内風?でもよくご覧頂きたい。一品一品に支倉常長ならでは?の拘りがある。

メニュー
石巻の厚揚げ蒲鉾(葛あんかけ)
三陸銀鮭の酒粕焼きと帆立貝の艶焼き
仙台牛のしぐれ煮と富谷パプリカ
若鶏の仙台味噌焼きとオムレツ
三陸わかめ(ピリ辛風)
ペンネのカルボナーラ風
仙台白玉ずんだ
仙台三色漬物(長茄子、紅大根、胡瓜)
スペイン風パエリア(海老、あさり、干し葡萄)
※赤線:伊達藩地もの、※黄色線:洋風もの

箱の裏には往路と復路のルートと日付が書いてある。これを読めば慶長遣欧使節の概要が掴める。

 

この弁当は仙台付近の品質のいい地ものを使い、真摯に作られている。そして西洋風の料理(海鮮パエリア、カルボーラ風料理)が付け加えられ、その名に恥じない弁当であった。皆さん仙台にお越しの際は是非どうぞ。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)