fc2ブログ
歴史講演会「支倉常長の旅、肖像画の謎」
昨日の10月26日(土)仙台市博物館で歴史講演会「支倉常長の旅、肖像画の謎」が午後から開催された。折しも今は慶長遣欧使節団派遣四百周年にあたり特別展が開催されており、この講演会もその一環をになうものである。

参加希望者は往復はがきで申し込み定員は二百名である。私は現在執筆中の歴史小説「金色の九曜紋とともに」のテンションを得て追い風としたい一心でこの講演会を受講した。

定刻の13時半、始めに仙台市博物館の遠藤館長から挨拶、美術史の視点から捉えた講演会は珍しく、慶長使節団を多角的な角度で見るのに非常に貴重なものとの紹介があった。

そして講師は成城大学の石鍋真澄教授である。教授は美術史学を専攻しフィレンツェ大学で教鞭をとり、ローマにも研修に行き、イタリアの美術を研究されているかたである。ローマは欧州に行った支倉が最後に立ち寄りパウロ5世と謁見した場所なので支倉の肖像と大きな接点がある。

この絵は先例を受けた支倉常長が持ち帰ったものでつい最近ユネスコ遺産に登録されたのもであるが、作者はフランスの宮廷画家のクロード・デュリエという画家によってローマで描かれたもので、十字架を前にしてロザリオを手に提げていることから非常に特殊な肖像画(貴人など一部の人のキリストに対する敬虔さを表した意味の深いもの)で支倉が全身全霊をもって帰依した姿であるとのことであった。

一方、この有名なローマの肖像画の作者はアルキータ・リッチでローマ入市式の晴れの衣装(伊達政宗から支倉が渡されたと思われる)を着た支倉を描いたもので、支倉の接待役を務めたボルケーゼ家の所有であり、支倉が犬をそばに置き刀の鞘に触るポーズもとっており、典型的な貴人の絵とのことであった。また黒船に伊達家の家紋や支倉家の家紋、萬意像が見られ説明的な意味も含まれる絵とのことである。

この壁画はアゴスティーノタッシによって描かれたもので肘をついた支倉とルイス・ソテロ、支倉の部下と見られる仙台藩士のものと思われる。この絵を含め、これらの三枚の絵は支倉がローマで受けた格別の待遇を物語っている。

これが上の絵の説明書きである。ここまでで講演会についての記事は終わりである。

これは支倉が謁見を果たしたスペイン国王のフェリペ3世の肖像で今回の特別展に展示されているものである。国王らしい上品で端正な目鼻立ちである。

これはフェリペ3世の鎧である。なにかフェンシングの防具の形状と似ているが実物はものすごい迫力(中指の継ぎ合わせだけで11の金属の節で作られており極めて精巧な造り)でため息が出るほど。
 
暗めの展示室にまるで王の魂を有するが如く飾られていた。針を点くほどの隙間もなく、まさに往時のスペイン国王の絶大な権力を示す鎧と言える。特別展は時間がなくてとても見きれなかったので後日再び足を運ぶつもりである。

博物館を夕方出て私が向かったのは以前バイクで行ったことのある青葉通り(仙台駅と仙台城を結んだ仙台の目抜き通り)にあるカフェ「わでぃはるふぁ」である。

きょうはアルコールを飲みたかったが敢えてあまりにもフェリペ3世の鎧の余韻が大きく、このような洋風の店に入った次第である。マスターは中南米に何度も足を運んでおられるインターナショナルなかたで初対面ながら会話も弾んだ。

ただし酒は伊達藩のことを考え地酒の「一の蔵」の燗である。

燗酒を二杯頂いた後で仕上げにこのアルゼンチンマテ茶を頂いた。
味は苦味があってまるで煙管の液体版といった感じである(笑)

支倉の肖像画やフェリペ3世の鎧を見た興奮冷めやらず、歴史小説執筆への大きな追い風を肌で感じた週末であった。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)