FC2ブログ
 歴史小説「金色の九曜紋とともに」
 
       プロローグ
伊達政宗はひときわ金と関わりの深い武将であった。言うまでもなくこの時代の金は戦国大名を支える大きな経済基盤となるもので、佐渡島の佐渡金山、山梨の湯之奥金山、宮城の大谷金山有力な大名はこぞって金山を探し当てようと必死になった。政宗もこの一人であった。彼はこの金を秀吉や家康への貢物として、或いは自藩の軍事力増強に用いて、何度もお家存亡の危機を乗り越えてきた。

政宗の金への関わりを語る上で避けて通れない家紋がある。それは九曜紋である。九曜紋は竹に雀、竪三つ引両とともに伊達家の三つの家紋である。(九曜紋は平安時代に盛んであった九曜曼荼羅信仰からきたものと言われている。九曜は古代インドにおいて、卜占に用いられた星で、日・月・火・水・木・金・土・羅●[ラゴ]星・計都[ケイト]星の九つをいい、天地四方を守護し、真言の本尊とされる。星[曜]は天体を変わらぬ規則で巡る星への信仰を形とし、信仰心、とくに武家では武神として崇敬され家紋として用いるようになった。)

この金色の九曜紋は政宗の眠る仙台市青葉区の瑞鳳殿の扉に施されている。九曜紋は政宗の時代から伊達家の家紋に新たに取り入れられたのである。伝統的な竹に雀とは異なり、星をイメージしたこの模様は確かに見る者に何かエキゾチックな印象を与える。そして今から四百年前に180人の遣欧使節団を乗せて太平洋を横断した伊達の黒船、サンファンバウティスタ号の船尾にもこの金色の九曜紋が施されていた。

この使節団が西洋から持ち帰ったとされる金色のブローチは奇しくもこの九曜紋の模様に酷似しており、1974年の遺骨発掘の際、政宗の副葬品として墓から出土している。まさに西洋の港に停泊するのを見越したとも思えるこの九曜紋のデザインはガレオン船に良くマッチする模様であり、金に対する政宗のこだわりの表れとも取れる。また伊達家の三つの家紋の中で、この船に合った模様を論ずるのであればこの模様をおいてないと言っていいほど似合っている。私はここに世界に目を向けた政宗のグローバルな視点を感ぜずには居られないのである。

四百年前の大事業に派遣した使節だが、この使節は各々が様々な思いを抱いた烏合の衆とも言える集団であった。そしてその集団を率いた一人の寡黙で律儀な侍が居た。彼の名こそ仙台藩士、支倉六衛門永経(後に常長)である。幕府によるキリスト教禁教の中で歴史の闇に葬り去られようとしていたこの侍の名は、やがて明治時代の岩倉具視らの欧州行きで再び浮かび上がるものとなり、この慶長遣欧使節団はようやくその存在を広く世に知られることとなった。

また今までこの話をもとにした歴史小説は数作を数えているが、今回発表する「金色の九曜紋とともに」はこれらの作品とは一線を画し、私が主人公の支倉に成りきって、主に彼の視点で見た遣欧使節団を描いたものであることを最初にお断りしておきたい。

ここで私事で大変恐縮ながら、この「成りきり」について触れておきたい。ここで唐突に、もし私が「今のあなたは何が一番欲しいのか?」と人様に聞かれたら即座に「侍のような心です。」と答えるだろう。この世には「成りきり」という言葉がある。人の性格などはそう簡単に変わるものではないとほとんどの人は思っていることだろう。しかしこの「成りきり」だけは全く別である。わかりやすく言えば、その人物に成きることによってそれまでの自分とは全く異なった性格の人物に生まれ変わることができるのが可能になるのだ。

そんな不思議なことが自分の身に起きたのは今から5年半ほど前のことであった。この辺りの心境は前作の「支倉常長と私」にも詳しく書いている。「成りきり」は私がかつて患った躁鬱病の副産物であるのだが、侍に成りきった私に対し、周囲から何か見世物でも見るような好奇な目が向けられたことを感じないわけでもないし、また四百年前に生きた一人の侍との不思議な因果を感じるのである。読者諸兄に於かれては、伊達政宗への忠誠を貫いた或る一人の侍への成りきりこそが、この歴史小説を私に書かせた大きな理由であるのをご何卒ご理解頂きたい。
 

続く
 
索引
金色の九曜紋とともに第一話「波乱含みの幕明け」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32184970.html
金色の九曜紋とともに第二話「太平洋に挑む」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32192582.html
金色の九曜紋とともに第三話「メキシコでの使節」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32210698.html
金色の九曜紋とともに第四話「大西洋を越えて」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32235644.html
金色の九曜紋とともに第五話「セビリアでの使節」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32248564.html
金色の九曜紋とともに第六話「名誉の洗礼」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32257455.html
金色の九曜紋とともに第七話「ローマでの栄光」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32281010.html
金色の九曜紋とともに第八話「最後の望み」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32296637.html
金色の九曜紋とともに第九話「帰国と信仰」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32315017.html
関連記事

コメント

No title

サブリナさん、佐渡は金山で有名なところでしたね。
金イコール藩の財政力、軍事力で当時の大名は金への思い入れがひと際強かったと思います。
政宗もその一人でした。その政宗の夢を乗せて太平洋を渡ったのが伊達の黒船サンファン号でした。
伊達者でなければ描けない熱い思い入れをこの作品に託したいと思っています。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

はぐれ雲さん、この作品は先すぼみにならないように描いてゆきたい所存です。
強い思い入れを最後まで維持するのが小説執筆のコツのような気がします。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、作品のテーマをいろいろと考えて絞っていくうちにこの金色の九曜紋が思い浮かびました。
実はこの九曜紋は船のマストの旗にも掲げられていたのです。
佐渡の金も有名でしたね。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

つや姫さん、究極の成り切りはその通りですね(笑)
彼の寡黙で一途なところに惹かれます。侍のなかの侍が支倉だと思っています。どうかご期待ください。
激励のお言葉を頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

「成り切り」、この言葉と考え方、これは大変参考になりました。
小生も思うところあり、よく考えてみます。

URL | 行雲流水 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、私の成り切りは傍から見れば奇異に映ったことでしょう。
しかしながら反面では大きなエネルギーも生みました。そのおかげで今日の自分があると思っております。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

九曜紋について詳しい内容は初めて知りました。
家紋のデザインには色々な意味や意思が込められて
いるのですね。
支倉に成りきっての視点での連載、楽しみににています♪
文に仕上げていくうちに魂が入り込みそうですね!

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、伊達政宗と言えば金と関わりの深い大名、小説のテーマを模索しているうちにこの家紋とブローチの因果を思い立ちました。
支倉への成り切りも佳境に入って参りました(笑)
最後までテンションをダウンさせないように心がけて参りたいと思います。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
これから始まる歴史小説のプロローグなんですね。
意気込みが伝わります。楽しみにしています。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ことじさん、慶長遣欧使節団については過去にこれを基にした小説が数作描かれておりますが、本作品にはオリジナル性を求めたいと考えています。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

歴史物は大好きですので、本当に楽しみです。伊達といえば「竹に雀」しか知りませんでしたが、九曜紋も家紋のひとつだったのですね。勉強になりました。数奇な運命を辿った支倉常長のお話、期待しております!!

URL | noki ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

私は幕末が好きな歴女ですが、戦国時代も興味
深いですね。

いつもながらミックさんの深い歴史のお話を
勉強させていただいております。

URL | yoko ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

nokiさん、歴史小説を書くのが長年の夢でした。そのための準備(下調べ)も自分なりに進めて参りました。
先人諸氏のような作品にはとても及びませんが少しでも精進して参りたいと思っております。
励みになるお言葉を頂戴し大変恐縮しております。
第一話掲載、本日実施予定しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

yokoさん、本作は伊達者の熱き思いが入った作品に仕上げたいと思っています。
そのためには支倉に成り切ったつもりで執筆したいと思います。
普段は寡黙ながら外交官としての資質は抜群、そんな彼から学ぶことが多いわたくしです。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは^^

主君への忠誠を貫いた一人の侍に成りきっての歴史小説、楽しみにしています。
この時代の伊達家のお話は良く存じておりません。
ミックさんを介して、伊達家にまつわる歴史の勉強をしてみたいと思います。
よろしくお願いしますね^^
この伊達家の家紋は恥ずかしいながら、初めて目にします。
と言うより、見ても記憶に残って居ないのだと思います。
これで、確かな記憶として脳裏に残ると思います。
この時代の金についても、勉強になりました。
ナイス!

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Rainさん、この時代の大名はこぞって金山を探し当てようとやっきになりました。
伊達政宗もその一人です。奥州の地に天下泰平を迎えても野心を捨てない武将が居ました。
そして野心に満ちた政宗が最後の望みを賭けて欧州に派遣したのが支倉常長でした。
励みになるお言葉を頂戴し恐縮しております。
気合を入れて執筆に励みますので宜しくお願い致します。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは~

一気に寒くなりましたね。冬もそこまで来ています~

ミックさんは伊達藩の子孫なんですか…
色んな趣味がありますが、構想を経ながら先人の流れを記録に残し小説にするなんて素晴らしいと思います。
だからミックさんは伊達に詳しいんですね~
いつかの新聞に支倉使節団と共に向かった方が(名前は忘れました)長崎に移り住んで、その子孫の方が仙台にいらしていましたね~
その方も、思いがあって回想されていました。
気合いが入ったミックさん!ステキですよ~(〃∇〃) ぽっ ナイス☆

URL | ミント ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。支倉常長の物語、楽しみです。当時、ヨーロッに渡るなど、容易な旅ではなかったはずです。まさに命がけの旅だったはずですが、常長は侍の心で立派に主命を成し遂げたのですね。期待しております。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、この歳に及んで家系図の作成でもと思い、動いたところ父方、母方ともそのような図式が見えて参りました。
これによって私が今存在するのは伊達藩のおかげであると察したのです。
そして祖父母から受けた深い愛情がこの思いに更に追い討ちをかけました。
私は先祖の関わった伊達藩を描くのが多くの先人諸氏に報いる御恩であると感じています。
ご指摘の人物が長崎に移り住んだのはやはりキリシタンだったと思います。
また支倉の子孫のかたは今でも仙台市内に住んでおられるようなので機会があればいつかはこの作品を伝えお会いしたいと思います。
昨今、伊達の研究、支倉の研究の一つ一つが点から線へ、線から面に転じつつあるのを実感し喜びにたえません。
激励のコメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、口数の少なかった支倉ですが、先方に伝えるべきことはちゃんと伝え、外交官として立派な振る舞いであったことは各地のいくつかの文献で明らかになっています。
実は彼は政宗の使い(他国への内応を呼びかける密使)も務めたほどの人物でした。
おそらく、どこの誰とあっても物怖じしない態度、それでいて冷静な判断力が主君政宗の心を射たのではないでしょうか?
本作を経てそのような人物像を描き出せればこれに勝る幸いはないと心得ます。
激励のコメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)