FC2ブログ
 歴史小説「金色の九曜紋とともに」
 
この装飾品をご覧頂きたい。このブローチは今から四百年前、奥州王伊達政宗が派遣した慶長遣欧使節団がヨーロッパから持ち帰ったとされる黄金のブローチである。

この黄金のブローチは政宗の墓所である仙台市の瑞宝殿から政宗の副葬品として発掘されたものである。政宗は終生に渡ってこのブローチを大切にしていたという。

このブローチに極めて似たものを紹介する。瑞宝殿の扉に施された伊達家の家紋に注目してもらいたい。上段の二つが有名な「竹に雀」、下段が「九曜紋」(くようもん)である。

この絵は使節団を率いた支倉常長という政宗の家臣である。この絵はバチカン宮殿でローマ法王と謁見に臨んだ時のもので、まさにこの遣欧派遣を代表する場面であり、支倉にとっては最高の名誉と言っていい晴れ姿である。
 
ここで支倉の右の犬の上に飾られたガレオン船とパウロの絵に注目してもらいたい。よく見ると船尾には伊達家の家紋「九曜紋」があり、金色に施されているのが確認できる。そして船の後方には船を見送る殿様(伊達政宗か?)が伺うことができるのだ。
 
仙台藩とゆかりの深い先祖を持つ私にとって伊達者から見た遣欧使節団の歴史小説を描くのは長年の夢であった。これを描くために支倉常長の三箇所の墓を現地に赴き調べたり、文献や小説を読んだ。DVD、動画も見た。また歴史フォーラムにも出席した。私はこの「金色(こんじき)の九曜紋とともに」の前身とも言える「支倉常長と私」を書いたが、今回の作品はこれを含め私が4年越しに準備を進めてきた歴史小説である。
 
出航四百年を迎え、ついに機は熟したのである。作品は明日から数回に分けて支倉常長の視点から見たこの使節団の果たしたものは何だったのか、支倉常長とはどんな人物だったのかを中心にお伝えする予定である。歴史小説「金色の九曜紋とともに」、どうか期待のほど。
 
※前作「支倉常長と私」へのリンク

関連記事

コメント

No title

楽しみにしています。

小生も小説を書いた事はありますが、後が続きませんでした。その分野では才能はありませんでした。

URL | 行雲流水 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、登山で言えば今は三分目と心得ます。これからが正念場です。
心を引き締めてこの作品を纏めて参りたい所存です。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

「支倉常長と私」もとても太作でしたね!
続きを読むのが楽しみでした。
また新たな連載、「金色の九曜紋とともに」も
とても楽しみにしています!

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
非常に楽しみです。熟考を重ねての作品かと思います。じっくり読ませて頂きたいと思います。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、出航四百周年まであと八日に迫りましたが、いよいよ来るべきときが来たと認識しています。
支倉を客観視せずに主観視する。ここに他の作品とは異なる存在意義を持たせるように務めて参ります。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、この作品への構想は数年前から持っていました。
但し、歴史小説執筆は事前の情報収集を吟味せねばなりません。
また創作意欲を更に上げるのに出来るだけこれにまつわる講演会に参加したり、動画や音楽を観たり聞いたりして五感に訴えるように心がけました。
いよいよ本日スタートを切ります。「金色の九曜紋とともに」を宜しくお願い致します。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさんこんにちは~。
歴史&文学には..弱いクリオネです<m(__)m>
でも
400年前のブローチですか..素晴らしいものですネ..

仙台には2度訪れてます..その時...
公園だったかしら? 高台だったようま気もします?
伊達正宗が馬に乗ってました?
その気憶さえも浮かばない程遠い昔になってしまいましたけど..
写真撮って来ましたのを今でも覚えていますよ。

素晴らしいブローチに...ナイスです☆彡

URL | クリオネ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

クリオネさん、伊達藩は北海道ともゆかりの深いところで親近感を覚えます。
政宗公はこの金のブローチと家紋である九曜紋を重ねたのではないのか?と思います。
ここに大いなるロマンを感じてこの小説の題名を決めました。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは^^

今晩、再度良くこの記事を読んでみました。
要約理解することが出来ました。
正宗の送った使節団の持ち帰ったこのブローチ、そして伊達家の家紋がこの様に記されてること、理解出来ました。
支倉常長の人物像にも期待したいと思います。
頑張って下さいね~^^
ナイス!

URL | Rain ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Rainさん、励みになるお言葉を頂戴し、恐悦至極に存じます。
四百年前にこのような志を持った侍が存在したのは郷里の誇りでもあります。
このお言葉に是非報いたいと思います。おかげ様で精進に値する大きなきっかけを頂戴しました。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。ミック様の文才ならば、きっと素晴らしい歴史小説になるものと思います。楽しみにしております。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、励みになるお言葉を頂戴し恐悦至極に存じます。
そのお言葉を真摯に受け止め、全身全霊を賭けて作品執筆に励みます。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)