fc2ブログ
 SCOTT Hamilton SKYLARK 

Scott Hamilton SKYLARK スコットハミルトン
以前、「私にとっての酒飲み道楽」をブログに掲載した。その時は仕事帰りに立ち寄る一杯飲み屋に関する内容であった。多くの人がそうあるように私も酒を飲むにはシチュエーションを特に重んじている。日本酒には日本酒の、洋酒には洋酒のシチュエーションがあるのだ。私は日本酒も洋酒も両方嗜むがこれを全く別なカテゴリーと心得ている。従ってその使い分けが肝心であり、当然ながら一端の酒飲みとして拘りを持つ部分でもある。
 
今日は皆さんに洋酒を嗜む時の拘りを紹介したい。まずBGMであるが、良質な洋楽は不可欠と言って良い。その時の気分に応じてロックもいいだろう。落ち着いたジャズもいいだろう。或いはかしこまったクラシックも悪くないだろう。このBGMが気分を更に高揚させ、酔を更にHIGH QUALITYなものに導く。従ってその選曲は吟味を要するのである。
 
今宵私が選んだのはScott HamiltonのSKYLARK、一部のかたにこの曲は2012年5月21日に本ブログにUPしたものであるのをお許し頂きたい。ここでなぜこの曲を選んだのか?と聞かれることだろう。その問いに対し私はこう答えるだろう。「オーソドックスで飽きのこない曲こそ肩を張らずに末永く付き合えるものであり、心に平穏をもたらすからです。」と。

勿論私は年がら年中この曲を聴いているわけでない。だが今宵はスタンダードに帰りたかったのである。スタンダード無くして自己の客観視はないと思う。自己の客観視は多くの煩悩を和らげ、人生をより豊かなものに変えていくことだろう。私はそれを信じてけして現実から逃げることなく、与えられたこれからの人生を邁進していきたい。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)