fc2ブログ
 初秋の好日、古美術に親しみ心の平穏を得る
以前もブログで紹介したが最近新たな新しい趣味として定着したものがある。それは休日の古美術鑑賞である。仙台の古美術鑑賞と言えば若林区土樋の福島美術館である。福島美術館の周囲は高級住宅地、昔で言えば屋敷町といったところで、近所には哲学者の阿部次郎(仙台名誉市民)の住まいがあった場所でもある。この界隈は都心に近接しながらもこのような緑が残っていて散策には絶好の場所である。

福島美術館の創設者を紹介する。
福島禎蔵(18901979
身体に重度の障害を持つ人々の自立生活や就労支援を行うための法人「共生福祉会」を昭和37年に設立。法人の構想には障害を持つ人々や市民が親しめる文化共生館(後のライフセンター)を造ることが盛り込まれており、福島家の土地を当会に寄付して昭和48年に土樋(仙台市若林区)の地にライフセンターが誕生し。多くの実業家の例に漏れず、その資財を広く社会に還元する。
 
禎蔵は福島家が所有する美術品を当会に寄付し、昭和55年に先に誕生していたライフセンターの中に福島美術館を併設開館するも禎蔵自身は福島美術館の姿をみることなく開館前年に逝去する。福島美術館は近世から近現代にかけての書や絵画 工芸品を3,000点余所蔵していが、その多くは福島家三代(運蔵 與惣五郎 禎蔵)が仙台の素封家として政財界人や地元の画家書家との交流をとおして、いわば福島家サロンに収まった美術工芸品である

この日の特別展は「ふむふむ、なっとく!仙台藩の手文庫」である。
さっそくこの日の展示品を紹介しよう。これは江戸時代に作られた伊達の家紋(竹に雀、三ツ引両)入りの座屏である。おそらく伊達家、もしくは伊達家にちなんだ屋敷に飾られた座屏と見られる。
座屏の説明書きである。金箔と水墨画の組み合わせが格式の高さを感じさせる。

これは伊達政宗が家臣に鷹の世話を指示した直筆の手紙である。政宗は叔父であり家臣でもあった留守政影に自慢の鷹を貸して欲しい旨の手紙を宛てている。(参考文献、佐藤健一著「伊達政宗の手紙」より)この時代の戦国大名の多くは鷹狩りを好んだと言われるが、政宗も例外でなかったようだ。

伊達政宗はそれにしても達筆であったようだ。

これは歌舞伎にもなった伊達騒動の芝居絵である。

乾升「色絵月萩図」19世紀作。

萩といえば宮城野萩、これは宮城県の県木にもなっている。

三浦乾也「黒楽月萩図茶碗」19世紀作。

この青系の花のワンポイントが素晴らしい。

二彩角皿(宮城県加美郡宮崎町、19世紀)。ツートンの色彩が素晴らしい。
この緑はエメラルドグリーンといっていいのかも知れない。

五百鵆蒔絵重硯。書道の道具を収納する箱だが茶系の箱にこの模様が美しい。

仙台藩若衆花魁図。うりざね顔の花魁と童女は母娘だろうか?江戸時代の仙台の花魁の絵とは極めて貴重なものではないだろうか。この日は私の他には入館者が一人もいなかっった。都心にありながらも喧騒から開放され、至福のひと時を味わった。

福島美術館の作品鑑賞は今度で四度目の入場になり、すっかり板についてきた感がある。ここでもし人から古美術鑑賞における醍醐味を聞かれたら私はこう答えるだろう。
 
「石の上にも三年という言葉があるとおり、古美術鑑賞も同じだと思います。最初は勝手のわからなかった鑑賞のポイントも場数を踏み、知識を得ることで理解できるようになってきます。やがてこの作品の中の非日常の世界に身を置くことで古美術が作られた時代にタイムスリップし、往時の人と同じ視点が得られます。こうすることによって日ごろの煩悩から徐々に開放されていき、時の流れのテンポさえゆったりとしていきます。」と。
※次回はカメイ美術館を紹介する。
 
本ブログ芸術鑑賞シリーズ
※福島美術館特別展「花と女性と広瀬川」&南材木町見学http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31748464.html
※福島美術館「伊達政宗が愛娘に宛てた手紙」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32043841.html
※宮城県美術館「ゴッホ展」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31942829.html
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)