fc2ブログ
 インターネットの桧舞台があなたを待っている
 昨今、ブログに関するエッセイを二つほど書いた。その一つは「ブログと言う名の社交場」、もう一つは「ブログは人生の救世主」である。きょうはこれらから一歩踏み込んで「ブログにおける自己表現」について考えてみたい。
 
 これは周知の通りであるがブログには決まった型などはない。また記事の内容においてはコンプライアンスさえ守れば何を書いてもOKである。但し、表示形式や容量は当然ながらブログ運営会社からの制約を受けることになる。この限られた制約の中で各ブログ運営者は自己の責任のもとで記事を掲載することができる。
 
 趣味のこと、生活のこと、仕事のこと、グルメのこと、温泉のこと…その分野は多様性に富んでいる。これらのブログ運営者同士ががブログを通じて知り合い、仲良くなり、情報交換などをしたりするのは楽しいことである。
 
 しかしこれと裏腹にリスクもある。ここで気をつけなければならないのがそのモラルである。モラルはコンプライアンスとは違い、必ずしも守らなくてもよい性質のものである。だが守ったほうがより楽しく快適なブログライフを送ることができる。モラルの根源はその人の常識や価値観に多くが委ねられている。
 
 だがこのモラルの違いが時として両者の摩擦となりトラブルに発展することさえある。ここでモラルを日本と外国の習慣の違いに例えよう。畳敷きの日本間は日本人から見れば靴を脱いで上がるのが当然と思うことだろう。ところが西洋人など、常に靴を履いて生活しているかたが初めてこの日本間を見た場合、果たして土足で上がっていいのか悪いのかは見当もつかないことだろう。
 
 一方で常識と思ったことが片方では常識でない。こんなことは世の中ではさほど珍しいことではない。まして生まれながら遺伝子も周囲の環境も違う他人同士が全て同じ価値観やモラルを持つとは到底考えられない。この辺りは双方が注意し、ブログにおけるリスクとして認識すべきところだろう。
 
 また世の中のあるものを風刺しているブログも見受けられるが、比喩を用いるなど匿名性を伴う場合、筆者が匿名しようとしていない第三者から自分のことを風刺されたと勘違いされることもあり得る。この辺もブログに於けるリスクとして頭に入れておくべきことであろう。
 
 リスクばかり書いたがブログには大きな魅力がある。それはブログ自体が巨大な劇場であり、アトリエであり、書斎であり、スタジアムでもあるということだ。

 ここをどう使おうがあなたの自由である。音楽に、踊りに、芸術に、写真に、スポーツに、旅行に、乗り物に、創作活動に…。あなたはここに世界に一つしかない記事を載せられる。あなたは一流の音楽家であり、舞踏家であり、芸術家であり、写真家であり、作家でもあるのだ。
 
 あなたの裁量、努力次第では詰め掛けた大観衆から大きな拍手喝采を浴びることだろう。花束もいっぱい届くことだろう。この無限の可能性を活かすかどうかはすべてあなた次第である。さあ、今日もあなたの世界をインターネットという桧舞台に展開しよう!
 
自作エッセイシリーズ
「六十分の一のもたらす余裕」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30749355.html
「群青色の無双な人生を歩む」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30889388.html
「夜間飛行のジェット機に見る人の世の儚さ」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30047887.html
「失敗を恐れずに突き進む」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30486750.html
「鬱を脱出してから見る東京の夜景」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30113901.html
「とんびのように大空を堂々と舞う」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30633350.html
「日食の裏に見える人生の蒼い陰」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30558632.html
「自分の人生は朧げに客観的に見たいhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30558632.html
「礼節と諂いの違いをわきまえ堂々と生きる」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30702596.html
「川面のさざ波のもたらす心地良さ」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30678112.html
「無頼なガンマンの精神を貫く!」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30660537.html
「アナログとデジタルを臨機応変に使い分ける」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31180966.html
「虫が教えた知人の墓所」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31161726.html
「英国式の散歩で得られるゆとり」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30998659.html
「散歩がもたらす効果」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30910391.html
「ミッドタウンの檸檬」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31452301.html
「私の中での勤労感謝」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31273833.html
「私にとっての飲み道楽」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31894627.html
「ガマの油に見る処世術」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31520557.html
「フンコロガシの見る夢」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31494299.html
「知ってて知らないふりをする美徳」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31594249.html
「人生の分水嶺と或る上司の死」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31470309.html
「うつ病で自殺しないために読むべき本」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31754128.html
「名もない一本の畦道を歩む」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30642672.html
「人の話を聞くことの美徳」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31778536.html
「ブログという名の社交場」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31903913.html
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)