fc2ブログ
 石巻の復興を記念するミーティング
 気温11度~13度の肌寒い中、カワ車3台で石巻へ、この日のメンバーは前からミック、お馴染のバイク仲間、Dトラッカーさん、みのたん。(撮影場所仙台市宮城野区~利府街道)今朝の気象庁発表の最高気温は23度で薄着(ジャケットの下はシャツ一枚)をして出発したが、この気温
それにしても寒い一日であった。

AM10時半過ぎに漫画館到着、ここは本ブログで何度も紹介している河口の中州の島「中瀬」である。漫画館は既に3月末にオープンしているが周囲は相変わらずの殺風景である。以前に紹介した大正~昭和のころの写真を見るとこの辺りは住宅や商店、岡田劇場、造船場が密集していたのだが、津波は多くのものを根こそぎ奪い、かつての面影はまったくない。

このバイクは今回のミーティングとは無関係のNinja250であるがなんと20万かけてNinja900カラーにオールペイントしたとのことであった。それにしても素晴らしいカラーリングである。

航空写真でこの日の走行ルートと主な立ち寄り箇所を確認して頂きたい。黄色□:現在地石ノ森漫画館、ピンク□:女川、黄緑□:昼食をとった中華料理店「王水」

万石浦沿いの県道398を通って女川に到着した。片付けが進んできれいにはなったものの、この辺りは依然殺風景である。

これが女川の未来像である。このような整然とした景観になるのはいつのことになるのだろう?説明書きがないため詳細はわからなかった。

この後、高台にある女川の仮設店舗に行ってみた。

仮設店舗には左手前のようなカフェも見られた。昼近いためにカフェには入らなかったが次に行った時は是非立ち寄りたいものである。

仮設店舗の一角にはこのような床屋もあり、一つの商店街を形成していた。

プレハブでできた仮設の銀行も商店街に隣接している。このように仮設住宅の住民への便宜が図られているようである。

帰路にあったラーメン店「王水」で食事をとることにした。(航空写真の黄緑□のところ)

王水の店構え、この辺は渡波地区だが向かい側にはイオンを始めとしたショッピングモールがある。

王水の店内、シャンデリア風の照明器具がなかなか洒落ている。この日は日曜日とあって間もなく満席に近い状態となった。

海老ラーメンに強いこだわりがあり、塩竃では「海老ラーメンを食する会まで開催した私だが、この日オ―ダ―したのはやはり海老ラーメンだった(笑)
味のほうは今までの海老ラーメンとは異なりあんかけなしの薄味でさっぱりとしたものであった。
値段は¥830である。

この後、帰りがてらにJR仙石線野蒜(のびる)駅に寄ってみた。

線路には依然として海砂が堆積したままである。仙石線でもこのあたりの復旧は最後になるとのことであった。

 時刻はまだ13時半、非常に寒いため、この後早々と解散した。震災復興記念と言いたいところだが、残念ながら記念とは言い難く、祈念の域を出ない石巻の海岸近辺のこの日の状況であった。
石巻の復興が一日も早く進むように祈念しましょう!
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)