fc2ブログ
 その時歴史が動いた 「忠臣蔵 父と子の決断 赤穂浪士討ち入りの時」 (2002年) 
リンク動画について
今のセカンドライフに入る前、自分には或る葛藤があった。仔細は敢えて伏せるが、その葛藤を振り払う為に強い者に成り切る必要があった。強い者という言葉で真っ先に思い浮かぶのは武者である。数年前の自分は武者に成り切るつもりでこのような動画を好んで見た。自分にも赤穂浪士のような大義が欲しい。そう考えながら仇討ちの時に備えて準備を整えたのである。

それでも不安は自分に付きまとった。この時尻込みしようとする自分を奮い立たせたのは主君の名誉の為に戦う赤穂浪士・四十七士の姿であった。自分はこの頃から日本酒を好むようになった。侍と日本酒は切っても切れない縁がある。侍は出陣に際し、固めの杯で同志の結束を誓う。もちろん赤穂浪士・四十七士も討ち入りの前に固めの杯を交わしたことだろう。数年間にも及ぶ戦いが済み、無事に定年退職を果たした後にも日本酒を好む指向は少しも変わっていない。修羅場のような数年間を無事にやり過ごしたことが自分にとって大きな自信になったのである。

あの苦境に耐えたのだから、セカンドライフにおいての逆境に耐えられぬ訳がない。今の自分はそんな気持ちで毎日勤務している。成り切ったのは大石内蔵助のみではない。仙台藩士・支倉常長や大内定綱にも成り切ったのである。ここでそれをぶり返せば長くなる。興味のあるかたは中編小説「我が後半生と武士道」をご覧願いたい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
週の中休みとなった本日の水曜日はこのような過去を振り返って日本酒に酔っている。今宵合せる酒は①蔵そだち②酔虎である。どちらも高い酒でないが、数年前の自分を振り返るには不足のない酒である。大義の欲しかった自分にそれを与えたのはこうした動画(主にYOU TUBE)に登場する主人公らであった。

横町挨拶
私は人様からよく「堅い人間」と言われますが、それでいいと思っています。堅いということは融通が利かないわけですが、それは必ずしも短所ではなく、自分を迷わす要素がないということでもございます。故に赤穂浪士のような一途な生き方を貫けばそれで十分と心得ます。それでも大石内蔵助と息子の主税の親子が最後に交わしたとされる言葉(内蔵助:「そなたを見るのもこれ限り、かねがね申し聞けおいた事忘れてはなりませぬぞ」主税:「父上、ご心配下されますな、けして忘れは致しませぬ」)に触れますといまだに涙ぐみます。

二人の関係には自分と息子との関係を重ねますが、息子がどう思っているのかまではわかりません。自分は息子に対して己の価値観を押し付けるのでなく、背中を見せるだけで十分と捉えています。これは我が祖父から学んだ姿でもございます。息子もすっかり成長し、昔なら家督を譲ってもおかしくない年齢となりました。そんな息子に一言アドバイスに及ぶのならば、「惰性で生きるのではなく、こだわりをもって生きてもらいたい」と言うことです。いつかこのことが息子に伝わればそれだけで十分、後は何も言うことはございません。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)