fc2ブログ
   何気ない川べりに漂う昭和のエスプリ
川のそばの古い屋敷、石垣、河原の雑木…梅田川河畔を歩くと大正、昭和が脳裏に浮かび、古き良き時代タイムスリップしたような気分になる。どこにでもあるようなさもない風景だが、よく見るとそこには単なる安らぎだけでなく、先人の残した文化の片鱗が感じられるのである。どうせ歩くならそれを深く味わってみたいものである。
 
前置きはこれくらいにして、本日も前回に引き続き梅田川中流の様子を紹介する。ここは東北新幹線高架橋下を流れる梅田川である。川は擁壁護岸工事で直線的に流れるよう整備され、小ぎれいではあるが昔の面影が失せてしまった感があり、情緒という意味においてなにか物足りなさを感じる。

梅田川と後編のルート、主な橋を航空写真で確認して頂きたい。現在地:△、対岸が仙台中央自動車学校、黄色□:万世橋、橙色□:平田橋

仙台中央自動車学校が向こう岸に見えるが川がS字状に蛇行しているのがよくわかるビューである。

梅田川中流を探索する時は多くが私有地に接しているため卒中川から遠ざからねばならない。ようやく橋を見つけた。万世橋という名の橋は初めて知った。もちろん渡るのも初めてである。車は通行止めとなっているので、主に近所の住民の生活道路として使われているのだろう。
万世橋の上流側に目を移すと河原に大木が生えていた。梅田川は小さな川なので河原でこれだけの大きな木を見かけるのは極めて珍しいもので思わず立ち止まってしまった。隣の枯れ木のように見える木は梅の木?にも見えた。

ここからまた住宅地に入ったが、印象に残った古い建物を二軒紹介する。この家はまだ現役のようであるが、二階の手すりが明治、大正のころの料亭のたぐいの建物のデザインを連想させるためシャッターを切った。おそらく昭和初期ごろの建立でないだろうか?こういう建物を見るとなにか文学的なものを感じるのである。

典型的な昭和の住宅である。人が住んでいるかどうかは不明であった。

迷路のような狭い横丁を歩くのは本能的に好奇心を刺激され、愉快なものである。

ある駐車場からやっと川を望むことができた。あの橋(平田橋)まで行って終わりにしよう。

平田橋から川を見下ろしてみた。護岸のコンクリート構造物と河岸の建物の佇まいに趣を感じた。

平田橋から南に100メートル、原ノ町本通りにはご覧のような古い道標があった。

なんと160年前の江戸時代に建てられた道標石とのことである。この界隈の歴史を感じるとともに梅田川流域の懐の深い文化に触れることができたこの日の散策であった。

関連記事

コメント

No title

今回も興味深い探索に連れて行ってもらい、有難うございました。仙台市というところは、文化財の保護など熱心で、教養の高い人達の街という感じがしますね!

URL | 行雲流水 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

最後の道標石は圧巻ですね~。。。重要な道だったのでしようね…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こちらの川べりの景色は何とも懐かしい風景を感じますね。
昭和の幼い頃に戻ったようなタイムスリップしたような気持ちです。
多くの場所が開拓されている中で
心安らぐような思い出が蘇る感じがしました。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、この界隈は仙台では隠れスポット中の隠れスポットといっていいのかも知れません。
でもそんな隠れスポットこそ、本当の仙台の良さが見出せるのかも知れません。
郷土をおほめ頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、この道標石のある通りはかつての目抜き通りの仙塩街道(現原ノ町)です。
江戸時代は仙台の東に位置しており商いの町として栄えました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、こういう場所を流れる小川には昔の情緒が漂います。
以前紹介した私の住居もこの川べりにあり、梅田町といいました。
こういった散策になるとやはり徒歩になりますね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは。

昭和の面影が残る建物や風景が年々失われていく世の中で少し
寂しさを感じますね。
時代の流れと云えばそれまでですが、少し残念です。

ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
昭和の雰囲気を漂わせる建物ですね。何となく生活臭が有りますから、どなたか住んでいらっしゃるみたいですね。
古い道標、幕末の頃に作られているのですね。知られざる歴史が有りそうですね。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、昭和の面影を残す建物も少なくなってきました。
この日はそんな建物にスポットを当てて見ました。
そこにはタイムカプセルに保存されたようなノスタルジーをいざなうかつての町の主役が存在しました。
ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、町の中を流れる川は蛇行すればするほどに、また町が迷路になればなるほど感慨が増します。
たまにはこのような世界に浸るのも悪くないと思います。
道標は往時のこの町の存在を知るうえで貴重なものですね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさんの写真を見るたびに、なんて風情があるんだ~。
と思います。
島にいたときは、それはしょうがなかったですが、今東京にいても。。なんて、風情のない街・・・と思ってしまいます。
今もこうして残っている風景。私の今にはないので、大切にしたいと思います。

URL | プチポア ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

プチポアさん、東京の下町にもこれと似たような風景があるのでは?と思います。実は私も6年半前まで東京に居たのです。
でもその時は自分の心がその風情を味わうのに到ってなかったのです。
今度東京に行って散策したいのは浅草界隈、旧東海道の辺り、武蔵野の面影を感じる辺りです。
そんな機会がもう一度来ればいいのですが…

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)