fc2ブログ
 Nickelback - Figured You Out [OFFICIAL VIDEO] 
リンク曲について
私は歴史に取り組んでいることもあり、流行を意地でも追いたくないというのが本音である。人類は古来から似たようなことを幾度となく繰り返してきている。然らば、今巷で流行っていることはやがては廃れることが目に見えている。それでも年寄り臭くなるのは避けたい。背中を丸めないで早足で歩く。その速度は大概の若い人の速度を凌ぐ…これは自分の負けず嫌いの性分が相当影響したものと捉えている。

きっちりと計測したことはないが、感覚的に言えば時速5キロには達していることだろう。もちろん地下鉄の階段での飛ばし登りは今でも行っている。自作の腰痛防止ギプスとも相まって背筋をピンと張り、シルエットだけでも若く在りたいと切に考える昨今である。外見的に老け込まないことを考えるならば、その前に内面から若く在りたい。内面から老いるのをブレイクする為に、私はこのようなハードロックを聴き、若い人の感性に少しでも迫りたいと考えているのである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
以前も何度か取り上げたが、本日は今愛用している老眼鏡にスポットを当てたい。これは車の運転時や歩行時に使っているシニアグラス(度数1・5)である。このシニアグラスを愛用してから、外出時のモチベーションが一層UPした気がしている。縁なしというところが自分こだわりである。

このプラスチック製の老眼鏡は百均(ダイソー)で求めたものである。員数としては3個所持しているが、各々の度数は
❶1・5(バイク運転時のフルフェースヘルメットに最適、車の運転でも使用可能)
❷2・5(PC操作時を含み多くの業務で活躍)
➌3・0(主に読書時に使用)
である。

2・5と3・0の度数は、先日紹介した腰袋に収納し常に持ち歩いている。青年期の織田信長は腰紐に様々なものを通してぶら下げていたというが、今の自分にもそれを重ねている(笑)

横町挨拶
12年前に精神的不調に陥った際、老眼になったことで気後れしたことがございました。それでも今は全く別な気持ちで自分の老眼に向き合っています。四十代後半から老眼で眼鏡をかける羽目になったわけですが、パソコンと向かうのが仕事ゆえ、これは致し方ないことと受け止めております。セカンドライフに入ってからも老眼が進みましたが、百均の眼鏡でだいぶ救われた気が致します。

そしてフレームのないシニアグラスとの出合いが自分に画期的な変革をもたらしました。この眼鏡をかけて背筋を伸ばし、早歩き
で歩けば自分もそう捨てたものでないことに気付いたのです。(照笑い)自分は仙台の繁華街の一番町を毎日通っていますが、商店街のウインドウに映る自分の姿を見て最近そう感じるのです。誇大妄想、自己過大評価と取られるかたに開き直るつもりは毛頭ございませんが、自分に若いと言い聞かせるのとそうでないのは大違いと受け止めております。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)