fc2ブログ
昨日図書館で興味深い著物を借りてきた。
伊藤孝博著・無明舎出版『江戸「東北旅日記」案内』である

本書は江戸時代の東北地方を描いた紀行文の案内で、全20景から成る名著である。この第12景に富本繁太夫『筆満可勢』という旅日記が紹介されている。繁太夫は江戸の深川に住んでいた芸人で生年も本名も不詳である。江戸浄瑠璃の一派富本節の芸人ゆえ富本繁太夫を名乗ったようである。仕事に欠かせぬ三味線引きを連れての旅であった。文政11年(1828年)6月に江戸を出て鎌倉や浦賀でひと稼ぎしようともくろみ、仙台行きの廻船に乗り込み石巻に向かった。『筆満可勢』は石巻から東北各地を渡り歩いて、北陸から京都に入るまでの8年間の旅道中の日録である。

文政11年7月12日に北上川河口(石巻市門脇)に達した一行は港の入り口を示す標識が壊れていたため着岸できず、伝馬船に乗り換えて、近くの長浜(現石巻市魚市場の辺りと思われる)に上陸したという。口達者な彼は江戸相撲の伊勢ノ海親方の添え状があるなどと偽って地元の顔役の利蔵に掛け合い、浄瑠璃でひと稼ぎしたという。

大正初期の頃の長浜はこのような砂浜の続く海岸であった。富本繁太夫が上陸した頃は約85年前のことである。

繁太夫はその時の長浜の様子を「ここは長浜といって、一面に小松が生え、向こうに松並木があり、景色の良い浜辺である。素足で(中略)上陸し、(中略)まずは無事に到達したので、三人ともほっと息をついて悦んだ。(繁太夫は三味線引きと弟子を連れての三人旅だったようである)ここは仙台と金華山を結んだ金華山街道である。そこから少しずつ石巻に赴く。道端に田や家があり、細長い茄子がある。江戸などにもこのような長い茄子はあるが、こんなに細く長い茄子は珍しい。ほどなく石巻に来て、舟の親方の利蔵宅に着く。

安政5年(1858年)の石巻地図。従って繁太夫が訪れてから30年後の地図である。

この時期、ここでは「わかなご(ブリの幼魚?)」という魚がたくさん獲れる。一匹三文ぐらいである。まずは風呂に行く。湯銭は一人あたり八文である。(中略)一向に理解できない。察するところ、こちらにとっても分からないのだから、こちらの話も(先方には)分からないのだと思う。我々陸上を旅してきたのならこの国の言葉も聞き馴れただろうが、相州浦賀海上を来て、この国の言葉を初めて聞いたので、どこに行っても(相手の言葉が)皆目分からないのである。
…このように非常に興味深い描写が続く。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ところでインターネットで富本繁太夫『筆満可勢』を調べたところ、他の著物がヒットした。織田久著・無明舎出版『江戸の極楽とんぼ』である。

以下案内書きより引用

旅にしのぎをかける遍歴の芸人あれば、身はうき川竹の遊女芸者あり。
無頼の目明し、金貸しの座頭、芥のように世間の陰をゆく者の喜怒哀楽。
地方遊里の実態や興行の仕組みなど、
江戸の文人墨客の紀行が黙殺してきた東北地方の知られざる一面を描く。
【目次】は
1、芝居が本の世の中 「筆満化勢」とその時代
2、富士よ、これが見納め 浦賀から石巻へ
3、富本豊後大掾藤原衆秀 偽称して奥州路
4、評判雷鳴轟く如し 雪の盛岡
5、蝦夷地渡海を志す 三陸海辺めぐり
6、いやはや、面目ねぇ 正体ばれて秋田
7、遊女は惚れたといい 本荘酒田色模様
8、三度、町を追いだされ 鶴岡の女
9、御身ほどの名人は稀なり 長岡の贔屓連
10、声の出ぬのが口惜しい 越後高田立ち往生
11、太平の世の戦国にて 流れ着いて祇園

12、有頂天の空いずこ おそらく江戸深川
あとがき

である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
横町挨拶
富本繁太夫『筆満可勢』は流し芸人の旅日記で歴史書ではありませんが、往時の風俗(花街の様子)や風習を現代に伝えるものとして興味深いものを感じています。繁太夫が1828年に上陸したとされる石巻の長浜は自分が少年時代に海水浴で訪れた場所で自叙伝『長浜海岸での思い出』にも描いている場所なので、190年前の周囲の細かい描写には大変驚きました。

家系図で我が父方生家を振り返れば、高祖母が1828年生まれなので、富本繁太夫が訪れた頃の石巻はちょうど高祖母が生まれた時代でした。であれば生家は五代祖父、五代祖母の時代と察しております。想像すらできないこの時代の石巻の様子の一部が、この著物で明らかになるのかも知れません。

話は変わりますが、石巻の昔の風俗を窺わせるものとして徳田秋声の『縮図』1941年発表がございますが、これは繁太夫が訪れた頃から百年後の石巻で芸者をした彼の愛人からヒントを得たものとされます。そう考えると、港町と花街は昔から切っても切れない縁があるのを改めて感じます。

ところで『江戸の極楽とんぼ』は石巻だけでなく、他の東北地方(平泉、盛岡、宮古、久保田(秋田)、本荘、庄内)のことも書いているので、近いうちに図書館で是非借りたいと考えています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)